警備員になるには?難易度・仕事内容・合格率・給料相場

masman

by nishimura

更新日:2018.12.05

公開日:2017.04.18

警備員は施設や交通誘導の簡単な警備をはじめとし、貴重品運搬や空港保安の警備などの重要な警備まで様々な警備をします。警備員になるために特に必須な資格はありませんが国家資格として警備業務検定が実施されており、警備会社に務める際に有利になります。


警備員は幅広い年齢層の男女が目指せる、人の役に立つ職業です。
警備員の職業は他にもガードマン、ボディガードと呼ばれております。
警備員に「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、警備員になるには?警備員になるためには?警備員になりたいを応援しております。

警備員

警備員ってどんな仕事?(仕事内容など)

都道府県公安委員会は、警備業務検定を実施する団体です。
警察庁の管理のために都道府県警察の管理を自治事務として行います。

警備員になる為の勉強法

警備業務検定に関する参考書や問題集は各都道府県にある、警備業協会の事務局で購入できます。
ただ、検定の申し込みをする時に教本や参考資料がもらえますので、それを中心にしっかりと学習することが必要です。

また、事前集中講習などもありますのでそこでポイントを抑えるのもよいでしょう。

警備員になるための専門学校や通信講座について

準備中です。


警備員の学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

警備員の学歴

警備業務検定に関する参考書や問題集は各都道府県にある、警備業協会の事務局で購入できます。
ただ、検定の申し込みをする時に教本や参考資料がもらえますので、それを中心にしっかりと学習することが必要です。

また、事前集中講習などもありますのでそこでポイントを抑えるのもよいでしょう。

警備員の勤務時間

現在調査中

警備員に必要なスキルや機材

現在調査中

警備員のやりがい

現在調査中

警備員苦労、大変なこと

現在調査中

国家資格バナー

PR



警備員

警備員の年収・将来性・独立について

警備員に向いている人

利用する人や依頼人を守ることが最優先なので、任された現場に対して責任感や使命感をもって業務を行うことが重要です。

自分の持ち場をしっかり守っていける人は信頼を勝ち取り、次第に大きな現場を任されるようになり、仕事の幅が広がっていきます。

また現場では何が起こるかわからないので臨機応変に対応できる機転の利く人が向いているといえるでしょう。
警備員の仕事は業務の範囲が曖昧になりやすく、面倒を避け、楽な方に行こうとしてしまいがちですが、自分の持ち場で起きていることは全て自分の仕事だとわきまえて的確に動くことができる人が、警備員として求められます。

警備員と同じ分野の他の職業

警備員指導教育責任者、機械警備業務管理者、駐車監視員、在外公館警備対策官、セキュリティ・プランナー、セキュリティ・コンサルタント、防犯設備士、防犯装備士、防犯診断士

警備員の年収・給料相場

一口に警備員といっても、正社員や派遣社員、アルバイトなど雇用形態は様々です。

勤続7年ほどの正社員で平均年収300万円ほどとなっています。アルバイトで時給900円~1100円といったところです。

警備員の現状

一般的に警備員といえば、年配の人や転職した人がアルバイトとして働いている場合が多いですが、新卒やそれに近い年齢で警備会社に就職し、正社員として働く人もいます。

警備員の将来性

工事現場等が無くならない限り警備員の需要も減ることはありません。
最近では戸建ての住宅などでも警備会社のシステムを入れることが増えていますので、ニーズは高まっているとは思います。

しかし、防犯カメラやコンピューター制御による警備システムの普及してきているので、こうしたIT化にも対応できる人材が重宝されていくでしょう。

警備員の独立について

この資格を取ってすぐに独立ということは少ないでしょう。

警備会社に正社員として所属したり、人材派遣会社から現場に派遣社員として配置されたり、アルバイトとして雇われたりと様々な雇用形態があります。

警備員の主な著名人

要潤、島木譲二

コメントを残す

*

*