ライフ・サービス系資格一覧

ホームパーティースタイリストになるには

ホームパーティースタイリストは幅広い年齢層の男女が目指せる、人を楽しませることのできる資格です。

ホームパーティースタイリスト資格取得者は他にはホームパーティーコーディネーターという名称で呼ばれております。

資格名:ホームパーティースタイリスト

ホームパーティースタイリストの資格は「民間資格」です。

sponsored link

資格広場ではホームパーティースタイリストになりたい方を応援しております。

ホームパーティースタイリストになるために必要な知識

ホームパーティースタイリスを通してホームパーティーへの意識を向上させる事を目的としている資格ですので、テーブルマナーの基本、おもてなしの方法やインテリア・家具・食器の選び方、食材に関する栄養や食べ合わせ等の知識、テーブルや照明の演出の仕方、さらには楽しく会話する方法、音楽による演出など、様々なことを学び身につけます。

ホームパーティースタイリストの資格は「一般社団法人日本ホームパーティー協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人日本ホームパーティー協会とは:

一般社団法人日本ホームパーティー協会は、ホームパーティースタイリスト検定試験を実施する団体です。2012年に設立されました。

ホームパーティースタイリスト

 仕事内容
 試験詳細
 資格取得者の傾向

ホームパーティースタイリストってどんな仕事なの?(仕事内容など)

海外では、友人や知人を気軽に自宅に呼び、手料理などでもてなし寛いでもらうホームパーティーが盛んに行われており、関連商品の市場も非常に大きくなっています。日本では広くは普及しているとはいえませんが、小さな子供がいて外になかなか出られなかったり、お店を利用すると高くついてしまったりと、様々な要因で、参加する人皆で食事やお菓子を持ち寄り、自宅で寛いで楽しみたいという人は増えてきているようです。そんな小規模の集まりから、専門のマナーや知識を要するきちんとしたパーティーまで、あらゆるものの意識を向上させ楽しくおもてなしをする目的で設けられているのが、ホームパーティースタイリストです。

ホームパーティースタイリスト資格取得の為の勉強法

インテリアコーディネーターや食空間コーディネーター、野菜ソムリエ、フードコーディネーター、フラワー&テーブルコーディネーター、カラーコンサルタント等、多岐に渡る講師によってきめ細やかな講座が行われますので、配布テキストをもとに講座の内容をしっかりと学び、自宅でも繰り返し復習し実践することによって、修了試験に必要な知識と技術は確実に身に付きます。

ホームパーティースタイリスト資格の試験料・試験の内容・合格発表について

ホームパーティースタイリスト資格試験料

講座の入会金として10,500円、受講料+修了試験料86,900円、追加試験を受ける場合は追加試験料12,000円が必要です。(すべて税込)

ホームパーティースタイリスト試験・検定の年間試験回数

講座は都度行われています。

ホームパーティースタイリスト資格の試験科目等の内容

協会の主催する講座を受けます。日本や世界各国のホームパーティーの動向やおもてなしの心を学ぶ基礎概論、インテリアコーディネートやアイテム使いを学ぶインテリア空間演出法、テーブルコーディネートやフラワーアレンジメントを学ぶテーブル空間演出法、料理の魅せ方を学ぶ食のおもてなし術(演出編)、食材の知識・効用を学ぶ食のおもてなし術(体に優しいレシピ編)、実際のホームパーティープランニング、の6科目構成のうちの4科目以上を受け、修了試験で合格すれば取得することができます。講座に3回欠席すると修了試験を受けることができません。

ホームパーティースタイリスト資格の難易度

協会の主催する講座に参加し、学んだことをしっかりと身につければ、修了試験も難しいものではありません。もし修了試験に落ちてしまっても、指定された日程にて追試試験を受けることができますが、追試受験料が別途必要になります。

ホームパーティースタイリスト資格の合格率について

協会の主催する講座を受け、修了試験に合格すれば取得できますので、ほとんどの人が取得することができます。

ホームパーティースタイリスト試験の合格発表

合格発表は本人に連絡されます。永久資格なので更新はありません。

sponsored link

ホームパーティースタイリスト資格取得後の傾向

ホームパーティースタイリストの職業例

就職や転職にすぐつながるというよりも、一般の人がホームパーティーをしたい、既にしているがもっと素敵に演出して来た人に楽しんでもらいたい、との思いでこの資格を取得したり、もともと飲食業界で働いている人がセカンドキャリアとして取得したりすることが多いようです。

ホームパーティースタイリストに向いている人

自分も楽しみながら、とにかく人を楽しませたい、丁寧にもてなしたいという目的のもと、どんなことにも積極的に取り組めるモチベーションの高さが必要です。 また、様々なアイディアを工夫したり新しいものにチャレンジしていく探求心や向上心がある人、作法に基づいてテーブルや空間を演出したりするので、几帳面で整理整頓が得意な人も向いていると言えるでしょう。

ホームパーティースタイリストと同じ分野の他の資格

パーティースタイリスト、栄養士、管理栄養士、カフェプランナー、ソムリエ、フードアナリスト、レストランサービス技能士、

ホームパーティースタイリストの給料相場

一般の人が資格取得後、自宅などでパーティーを開く際に活かしたりしますので、この資格をメインとしての収入はなかなか難しいでしょう。また、もともと職業を持っている人が、自身の仕事に活かすために取得しますので、収入は元の職業によるところが多いでしょう。

ホームパーティースタイリストの現状

世界各国では、友人や知人を自宅に招いて心のこもったおもてなしのパーティーを開くというのは昔から普通に行われており、それについての知識や技術、道具の市場などもとても大きいものとなっています。一方日本国内では、庭先や縁側、玄関や居間などで井戸端会議をしたり軽くお茶を飲んで話したりという習慣は古くからありましたが、マンション住まいや共働きなどで近所付き合いや人を自宅に招くということがほとんど無いという人も多いのではないかと思われます。子供がいると、仲の良いママ友同士で集まり空間や料理に工夫を凝らしたパーティーが開かれることもかなりあるようですが、まだまだ一般的には普及しているとはいえません。

ホームパーティースタイリストの将来性

やはり人と人とのつながりは生きていく中で必須ですし、より良い関係を気付いていく為にも、工夫を凝らしたホームパーティーを演出し、心からのおもてなしをし、みんなで楽しんでもらうことができれば、そのきっかけになれるのではと思います。また、学んだ知識や技術を自分の生活にも積極的に取り入れることで、さらに楽しく美しく快適に暮らしていくことができるでしょう。

ホームパーティースタイリストの独立について

この資格だけで独立することはなかなか難しいと言えます。講習会の講師やアドバイザー等の仕事もあるにはありますが、他の資格と合わせて取得した方が、より活躍の場は拡がるでしょう。

こんな著名人の方もホームパーティースタイリスト資格を持ってます。

該当なし

関連記事

  1. ブライダルプランナー 検定 とるには

    ライフ・サービス系資格一覧

    ブライダルプランナー検定

    ブライダルプランナー検定は20代30代の男女が対象の、幸せに立ち会える…

  2. ライフ・サービス系資格一覧

    警備員になるには

    警備員は幅広い年齢層の男女が目指せる、人の役に立つ資格です。警備員…

  3. ライフ・サービス系資格一覧

    ライフスタイルプランナーになるには

    ライフスタイルプランナーは幅広い年齢層の男女が目指せる、生活をデザイン…

評価平均:評価なし/5
コメントはまだありません

No comments yet.

口コミ・体験談・勉強法等ご自由にコメントしてください。

メールアドレスは公開されません。いたずら防止のため承認制を取らせて頂いております。

内容をご確認の上、「レビューを送信する」ボタンから送信下さいませ。



*

最近の記事

Sponsored Link
PAGE TOP