ブライダルプランナー検定

ブライダルプランナー 検定 とるには

Tweet Tweetブライダルプランナー検定は20代30代の男女が対象の、幸せに立ち会える仕事の資格です。 ブライダルプランナー検定資格取得者は他にはウエディングプランナー、ブライダルコーディネーター、ブライダルプロデ […]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブライダルプランナー検定は20代30代の男女が対象の、幸せに立ち会える仕事の資格です。

ブライダルプランナー検定資格取得者は他にはウエディングプランナー、ブライダルコーディネーター、ブライダルプロデューサー、カリスマウェディングプランナーという名称で呼ばれております。

資格名:ブライダルプランナー検定

ブライダルプランナー検定の資格は「民間資格」です。

sponsored link

専門学校・短大・大学10箇所を一度に資料請求や願書取り寄せを行うだけで全員にもれなく
1000円分の図書カードを全員にプレゼント!!

資料請求キャンペーン
キャンペーン詳細を見る

資格広場ではブライダルプランナーになるには?ブライダルプランナーなるためには?ブライダルプランナーになりたいを応援しております。

ブライダルプランナー検定になるために必要な知識

ブライダルプランナー検定には受験資格は特になく、だれでも受験することが可能ですが試験では経験を踏まえた解答を求められる問題も出題されます。未経験者でも答えられない問題ではありませんが、実務経験があった方がより正答に近い解答ができるので実務経験を積んでから試験に挑むことが望ましいでしょう。

ブライダルプランナー検定の資格は「全米ブライダルコンサルタント協会(ABC協会)」が運営管理を行っております。

全米ブライダルコンサルタント協会(ABC協会)とは:

全米ブライダルコンサルタント協会(ABC協会)は、ブライダルプランナーに求められる知識と能力を認定する検定を行っています。

ブライダルプランナー なるには 検定

▼ 仕事内容▼ 試験詳細▼ 資格取得者の傾向

ブライダルプランナー検定ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

ブライダルプランナーとは、結婚を控えるカップルの要望や希望をもとに結婚式や披露宴をプロデュースするお仕事になります。主に結婚式場やホテルで勤務し、ブライダルフェアなどの営業や結婚式の事前準備、結婚式当日は各スタッフへの指示だしなどを行います。結婚式を行うのには大体350万円ほどかかることから、ブライダルプランナーの役割はとても大切で責任は重大です。ですが人の人生の節目をお祝いする仕事と言うのはそうたくさんあるものではなく、やりがいと喜びにあふれている仕事だと言えます。

ブライダルプランナー検定資格取得の為の勉強法

学科試験はマーク方式で出題され、記述式の問題は筆記で出題されます。試験内容はABC協会公式のテキストがあり、そのテキストの中から出題されます。ABC協会が認定しているブライダルプランナー検定講座や専門学校でコースを受講すれば、テキストを使ってABCの認定講師による授業を受けることができます。試験に特化した内容なので合格への近道と言えます。実務経験のない人でもこのテキストの内容さえ押さえておけば、合格できない試験ではないのですがABC協会認定の問題集などは市販で販売していないので注意しなければなりません。ほしい場合はABC協会認定の講座の受講が必要です。

ブライダルプランナー検定の試験料・試験の内容・合格発表について

ブライダルプランナー検定資格試験料

ブライダルプランナー検定1級の試験料は15,000円です。1級試験には夏期と春期がありますがどちらとも同じ金額の試験料です。

ブライダルプランナー検定試験・検定の年間試験回数

ブライダルプランナー検定1級の試験は年に2回春と夏に行われています。春期は3月に行われ合格発表は5月、夏期は7月に行われ9月に合格発表が行われます。

ブライダルプランナー検定の試験科目等の内容

ブライダルプランナー検定1級の試験内容はABC協会認定のテキストより出題されます。コーディネート知識や接客対応、見積もり作成などのプランニング能力を問う問題や欧米ウエディングについて、宗教との関係性など多岐にわたって出題されます。また基礎的な言葉遣いや文章能力を問う問題も出題されます。問題配点はマーク方式は10点の問題が23問、記述式問題は40点の問題が2問出題され、合格基準は全体の約7割の正答になります。

ブライダルプランナー検定資格の難易度

ブライダルプランナー検定1級の試験は2級試験とは違い記述式で解答する問題が2題出題されます。この記述問題は難易度が高く、基本を理解したうえで自分のアイデアや経験を含めた解答が求められるため未経験者での正答は難しいと考えられます。

ブライダルプランナー検定資格の合格率について

平成27年のブライダルプランナーの合格率は春期で77.4%、夏期で75.4%と比較的取りやすい資格となっています。また春期試験より夏期試験のほうが受験する人が多い傾向があります。

ブライダルプランナー検定試験の合格発表

ブライダルプランナー検定1級の合格発表の確認方法は、ABC協会より郵送される合否通知書になります。ABC協会ホームページにて必着日の記載もされています。

sponsored link

ブライダルプランナー検定資格取得後の傾向

ブライダルプランナー検定の職業例

ブライダルプランナー、ホテルマン、ブライダルスタイリスト、

ブライダルプランナー検定に向いている人

ブライダルプランナーは、お客様の都合に合わせて行動することが多く勤務時間外での打ち合わせや休日出勤などは頻繁に起こり得ます。そのことより「お客様の喜ぶ顔がみたい」の一心で行動できる人はブライダルプランナーに向いていると言えます。また、音楽が流れない、映像が流れないなんてハプニングが起こる可能性もあります。そのようなハプニングにも柔軟に対応できる人も向いているでしょう。

ブライダルプランナー検定と同じ分野の他の資格

アシスタント・ブライダルプランナー、ホテル実務技能認定試験、ブライダル法人営業

ブライダルプランナー検定の給料相場

ブライダルプランナーの月収は勤務する地域や場所で変動しますが、約20万~30万円です。仕事内容や勤務状況を見ると決して高いとは言えない金額だと言えます。また勤務する場所により、インセンティブ(出来高制)が発生したり、各種手当や賞与が出たりと給料システムが異なります。ブライダルプランナーは一般的には経験を積むことで給料もアップしていき実力次第では若くして役職に就くことも可能です。

ブライダルプランナー検定の現状

一昔前では大きなホテルで大勢の人を招待し、大規模に結婚式を行うのが主流でしたが今では、できるだけ小規模に金額をかけずに行いたいというカップルが増えています。また、授かり婚で最短日時で結婚式を行いたいカップルや若くてもお金がなくて結婚式なんてできないと考えているカップルのためのプランなども続々に出ています。このことから小規模でも盛大にかつ参加する全員が満足する結婚式が求められています。

ブライダルプランナー検定の将来性

少子化により、結婚式を挙げるカップル自体が減ることが考えられます。いかに他のブライダル会社との差別化をはかり、自分の式場を選んでもらうかが大切になってきます。そのためも結婚式を考えているお客様の要望を的確にくみ取り、提案する力が必要になってきます。

ブライダルプランナー検定の独立について

ブライダルプランナーとして独立・開業することは可能ですが、やはり紹介元がなければ難しい職業と言えます。独立するのであれば以前の勤め先と契約を結び関係を保ちながらの独立が望ましいです。フリーランス専用の登録サイトで受注をひろうことや、1度担当した顧客へはがきなどを送り、結婚式を行う予定の人を紹介してもらうなどとても努力が必要な業界だと言えます。

こんな著名人の方もブライダルプランナー検定資格を持ってます。

該当者なし。

コメントを残す

*

*