家電アドバイザーの資格は独学で取得可能?おすすめの勉強法まとめ

masman

by MATSUZAWA

更新日:2019-04-27

公開日:2019-04-26

家電アドバイザー

今回は家電アドバイザーの資格に関して、独学で目指す際のオススメの勉強法や対策についてまとめました。詳しい試験の概要や合格率も紹介するのでぜひ参考にしてください。


皆さんは家電アドバイザーという職業を知っていますか?

家電アドバイザーは近年注目を集めている職業の一つで、資格取得にチャレンジする方も徐々に増えてきています。

そこで、家電アドバイザーの資格を独学で目指す際のオススメの勉強法や対策、また、試験の合格率について紹介します。

家電アドバイザーに興味のある方はぜひ参考にしてください。


家電アドバイザーとは?

家電アドバイザー

そもそも家電アドバイザーとは、エアコン、テレビ、冷蔵庫などの日用家電についてそれぞれの消費者に合った商品選択や使用方法、故障の際の処理などのアドバイスを行う家電のプロフェッショナルです。

現代社会において私達の生活には家電が密接に関わっており、家電なしには快適な生活を送ることはできません。

また、時代の変化とともに様々な機能や技術を搭載した新型家電が誕生するため、それらの用途や使い方というのを私達はしっかりと理解しなければなりません。

家電アドバイザーは各家電量販店においてお客様の要望に合った家電製品を提案し、また用途に関してなにか不明点がある場合には相談にも応じます。

家電アドバイザーの資格は独学で取得可能?

結論から言うと、家電アドバイザーの資格は独学で目指すことができます

一般財団法人家電製品協会認定センターが行っている認定試験に合格することで資格を取得でき、その後各家電量販店や関連に採用されることによって家電の販売業務、流通・営業業務に就くことができます。

家電アドバイザーの資格試験の概要や合格率

一般財団法人家電製品協会認定センター主催の家電製品アドバイザーの試験は2科目で構成されており、両方の科目に合格すると資格取得となります。

科目はAV情報家電と生活家電でそれぞれ「商品知識・取扱」そして「CS・法規」に分かれています。

AV情報家電試験では、パソコンやハードディスク、テレビなどのAV機器に関する基本的な知識や操作方法、取扱方法が問われ、生活家電試験ではどこの家庭にもある冷蔵庫、洗濯機、その他生活家電に関する知識、取扱方法が出題されます。

「CS・法規」は2科目共通の試験となっており、CS(顧客満足度)や家電の取扱、販売に関する法律などが出題されます。

合格基準は原則として、すべての科目200満点中140点以上とされており、合格率は30%前後となっており、やや難易度の高い試験となっています。

家電アドバイザーの資格を独学で目指すための勉強法や対策

家電アドバイザー

家電アドバイザーの資格を得るためには、AV情報家電試験と生活家電試験の両方で合格点を取る必要があります。
双方とも家電に関する専門的な知識が問われるため、決して簡単な試験ではありません。

しかし、初心者の方でもしっかりと対策をすれば独学で十分合格を目指すことも可能です。

そこで家電アドバイザーの資格を独学で目指すための勉強法や対策について一緒に見ていきましょう。

勉強法その1:日用家電の構造や仕組み、用途を理解する

家電アドバイザーの資格試験において、必要となるメインの知識は日用家電の構造や仕組み、用途に関する知識となります。

そのため、独学ではテキストを使って勉強するというよりかは家にあるテレビや冷蔵庫などの日用家電の実物をじっくり観察しましょう。

たとえば、洗濯機の構造はどのようになっているのか、ドラム式と縦型洗濯機の違いとはなんなのか、また冷蔵庫はどのように食品を冷やすのかなど基本的な家電の構造や仕組みについてしっかりと理解する必要があります。

普段から何気なく使用している家電でも意識して観察すると今までに気づかなかったことや意外な機能について知ることができます。

ある程度身の回りにある家電の観察ができたら、何も見ないで家電の図を描く練習をしましょう。

実際に図を描くことによってそれぞれの家電の仕組みや構造を頭の中で整理することができます。

勉強法その2:家電に関する最新情報も忘れずにチェック

家電アドバイザーの資格試験にはIoT(Internet of Things)やIT技術によってエネルギー供給を図るスマートハウス、またAI搭載家電などの最新家電の知識も問われます。

そのため、家電やIT技術に関する最新情報も新聞や各メディアを通してしっかりとチェックする必要があります。

たとえば、IoT家電にはどのようなものがあるのか、スマートハウスはどのようなシステムでエネルギーを作っているのかそれらに関する基本的な知識についてしっかり学んでおきましょう。

勉強法その3:家電法規はひたすら暗記

AV情報家電と生活家電の試験において出題される「CS・法規」の対策に関しては、家電製品に付いている注意事項や禁止事項を記したマーク、その他法律等をひたすら暗記しましょう。

法規に関する問題はとにかく細かい部分まで出題され引っ掛け問題もあります。

しかし、実際の試験内容は間違い探しのようなものなのでそこまでハイレベルなものではありません。

対策としては、数字や各家電の主要部分を完璧に暗記しつつテキストや過去問を使い問題の出題パターンに慣れましょう。

CS(顧客満足度)に関して、テキスト等で傾向と対策を練るのも一つの手段ですが、実際の消費者の立場に立って考える必要があります。

消費者として家電量販店を訪れたときにどのように接客されたいか、どのようなサポートが必要なのかを考えるだけで対策は十分です。

家電アドバイザーの関連資格

一般財団法人家電製品協会認定センターでは、家電アドバイザーの他にも家電関連資格の資格試験を行っています。

たとえば、スマートハウスに関する知識が問われる「スマートマスター資格試験」、家電の技術や動作原理に関する知識が問われる「家電製品エンジニア資格試験」など、関連業界への就職を考えている方はぜひこれらの資格もおすすめです。

家電アドバイザーの資格は独学で取得可能?まとめ

今回は家電アドバイザーの資格に関して、試験の概要や合格率、独学での勉強法について詳しく紹介しました。

家電アドバイザーの試験は決して簡単なレベルではなく、あらゆる日用家電に関する仕組みや構造など幅広い知識が問われます。

しかし、しっかりと対策をすれば独学でも十分合格をねらうことができます。

家電アドバイザーの資格に興味のある方は以上で紹介した勉強法などをぜひ参考にし資格試験にチャレンジしてみてください。

コメントを残す

*

*