葬祭ディレクターの難易度は?仕事内容・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-03-23

葬祭ディレクターは、葬祭ディレクター技能審査協会が主催する技能審査に合格すれば取得できます。実務経験を経て初めて受けられる資格ですので、元の業務をさらに専門的なものとし、葬儀での技能を挙げるためにも重要かつニーズの高い仕事といえます。


葬祭ディレクターは幅広い年齢層の男女が目指せる、重要性や需要性も高まっていく仕事です。
葬祭ディレクターは他にも葬儀屋と呼ばれています。


葬祭ディレクター

葬祭ディレクターってどんな仕事?

家族や親族が亡くなり葬儀を執り行うことは、そう何回もあるわけではありません。どのような準備が必要なのか、葬儀はどう進めていけばいいのか、葬儀に関する様々な問題を、利用者の立場に立って専門知識や技能をもって手助けする仕事が葬祭ディレクターです。全ての葬儀を執り行うことができる1級と、個人葬のみを執り行う2級とがあります。

葬祭ディレクターになるためには?

1級2級ともに葬祭実務経験が受験資格になっていますので、 学科試験は参考書や過去問題集を繰り返し解くことでで合格レベルまでは行けると思います。ただ、実技試験は葬儀における技能や利用者の要望を正確にくみ取る能力など、様々な課題が出されますので、専門の対策講座を受けて、改めて学習するのも大切といえます。

葬祭ディレクターの専門学校(養成所)や通信講座について

準備中です。


葬祭ディレクター

葬祭ディレクターの仕事例・報酬相場

葬祭ディレクターの他の職業例

葬儀社、互助会、生協などの葬祭部門

葬祭ディレクターに向いている人

葬祭関係の実務経験が受験資格になっていますので、元々葬儀業務に興味があり人の役に立ちたいと思う人が多いです。葬儀はいつ起こるかわからず常に準備態勢に入っていなければなりませんので、適切かつ迅速に対処できる判断力や体力も必要になります。また、新しい葬儀の形が日々生まれてきており、さらに多岐に渡る条件が求められるものでもありますので、研究熱心であること、常にアンテナを張り新しいものを吸収する柔軟性があることも重要です。

葬祭ディレクターと同じ分野の他の職業

終活プランナー

葬祭ディレクターの年収・給料相場

正社員として働いた場合、平均として月収で18~30万円、年収では220~360万ほどとなっています。ただ企業によっては資格取得手当が支給される場合もあり、年収1000万円以上になるケースも見られます。

葬祭ディレクターの現状

高齢化社会が進み、葬儀を執り行う状況もますます増加しています。また、葬儀の形も様々なものが出てきており、故人の個性を尊重したものや、少人数型の家族葬など様々な葬儀の形が生まれてきています。葬儀に関する専門知識と技術をもって、あらゆる要求に応えていく葬祭ディレクターの重要性はさらに高まっています。

葬祭ディレクターの将来性

ますます高齢化社会が進み、それに加えて葬儀の形も多岐に渡ってきています。あらゆる要望に対してきめの細かい提案を出すことができる葬祭ディレクターは、今後もさらに必要となっていくでしょう。

葬祭ディレクターの独立について

受験資格に葬祭業務実務経験が必須になりますので、葬儀社等で働きながらこの資格を取得することが多いようです。資格取得後すぐ独立したいと思っても、様々な問題が生じます。まず、葬儀は一人では到底こなせるものではありません。独立するにしても、手助けをするスタッフを雇う必要があります。また、葬儀社などでは、自社で葬儀会場も完備していることが多く、その点でも個人になるとどこかでレンタルしなければなりません。故人を悼む大切な葬儀に不手際や足りない部分があっては、利用者に不安を与えてしまいます。周到に準備をしなければ独立はなかなか難しいといえるでしょう。

コメントを残す

*

*