アウトドアインストラクターになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-05-30

エクササイズ フィットネス インストラクター

アウトドアインストラクターは、屋外で行われるレジャーやスポーツなどを指導し、専門的な知識が求められる仕事です。アウトドアインストラクターになる為の資格は様々で、無資格でもできるものから講習認定を受ける必要があるもの、国家資格や認定試験を受けるものまで様々です。


アウトドアインストラクターは幅広い年齢層の男女が目指せる、自然と関われる仕事職業です。 アウトドアインストラクターの職業は他にもアウトドアインストラクターと呼ばれております。 アウトドアインストラクターに「なるには」についてご紹介してまいります。


資格広場は、アウトドアインストラクターになるには?アウトドアインストラクターになるためには?アウトドアインストラクターになりたいを応援しております。

アウトドアインストラクター

アウトドアインストラクターってどんな仕事?(仕事内容など)

アウトドアインストラクターとは、アウトドアスポーツやレジャーの技術、専門知識を用いて各種講習会やスクールなどで指導を行い、実際に現地でアウトドア活動を行う人たちが安全に楽しめるようにサポートするのがアウトドアインストラクターの役目です。

アウトドアインストラクターになる為の勉強法

アウトドアインストラクターになるための専門学校では、さまざまなアウトドアスポーツの基礎知識や技術を学んで資格を取得することを目的に勉強します。専門学校ではアウトドア実習やフィットネス実習を行うことができるので、実践で指導方法や技術を学ぶことができます。また、フィットネスクラブやアウトドアスポーツのインターンシップに参加することができる学校もあり、プロの指導を受けながら実際に仕事を体験できます。

アウトドアインストラクターになるための専門学校や通信講座について

準備中です。

アウトドアインストラクターの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

アウトドアインストラクターの学歴

現在調査中

アウトドアインストラクターの勤務時間

現在調査中

アウトドアインストラクターに必要なスキルや機材

現在調査中

アウトドアインストラクターのやりがい

現在調査中

アウトドアインストラクター苦労、大変なこと

現在調査中

アウトドアインストラクター

アウトドアインストラクターの年収・将来性・独立について

アウトドアインストラクターに向いている人

自然が好きで、その素晴らしさを伝えたいという人に向いています。アウトドアを心から楽しめる人、自然の素晴らしさ・厳しさを知っていてそれを人びとに伝えたいという人は、アウトドアインストラクターに最適です。ただ、自然の楽しさだけを伝えるだけではなく、アウトドアを楽しむためには備えも必要だということを伝えます。

アウトドアインストラクターと同じ分野の他の職業

キャンプインストラクター、ウトドアフィットネスBASICインストラクター、健康運動実践指導者、キャンプディレクター、森林インストラクター、オートキャンプ指導者、など。

アウトドアインストラクターの年収・給料相場

アウトドアインストラクターの給料は、勤務場所によって異なりますが、平均で月収18万円~20万円ほどです。年収にすると、200万円~250万円程度です。ボランティアに近い形で活動することが多く、あまり高い年収を得ることができない傾向にありますが、ショップ経営や人気の観光地で働く場合は月収30万円ほどでしょう。

アウトドアインストラクターの現状

健康志向が高まる中、アウトドアスポーツを楽しむ人は増えてきています。どのスポーツやレジャーでも楽しむためのルールがあります。安全にまわりに迷惑をかけないように必要な知識や技術を指導できるアウトドアインストラクターは、リゾート地や学校の自然教室などで今度も活躍の場は増えていくでしょう。そのためには、どの世代の人とも上手にコミュニケーションが取れ、丁寧な指導ができる人が喜ばれるでしょう。

アウトドアインストラクターの将来性

アウトドアインストラクターの仕事の将来性は、キャンプ場でテントを張るだけではなく、ハイキングやリバーウォッチング、ダイビングなど多種多様なものがあるため、専門的な知識を持つアウトドアインストラクターは需要があるでしょう。特に危険を伴うウォータースポーツ、スカイスポーツは個人で行うには資格や経験が必要なものも多くあります。専門の会社で仕事として働くことができれば安定性のある収入を得られるでしょう。

アウトドアインストラクターの独立について

職業に就いてから一人前に仕事ができるようになるためには、多くの現場経験をこなさなければなりません。単純な数だけでは足らず、その質まで問われています。そこで、アウトドアスポーツ専門のスクールやスポーツ用品メーカーなどに就職し、講習会や体験ツアーのリーダーとして指導にあたる事が多いようです。一方、地方自治体等の青少年教育施設の場合は、教員が人事異動によって就任するケースが多く、これらの資格取得のみで独立することは難しいでしょう。

アウトドアインストラクターの主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*