イベントプロデューサーになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-30

イベント業務管理者 資格

イベントプロデューサーとは、イベントの企画立案にもかかわり、全体的な方向性を決め、スタッフ選びを行い、適材適所に人を配置して、イベントが計画通りに進行するように全体的な指揮をとる民間資格です。イベントプロデューサーになるのに特に必須となる資格はありません。イベント制作会社や広告代理店に就職し、イベント製作スタッフとして経験を積んだ後、キャリアアップしていくのが一般的です。何に対しても興味をもち、イベントなどを多くみて感性を磨いておく事が大切です。的確な判断や指示がだせる統率力も必要となります。


イベントプロデューサーは幅広い年齢層の男女が目指せる、イベントの全体的指揮をとる職業です。
イベントプロデューサーの職業は他にも該当なしと呼ばれております。
イベントプロデューサーに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、イベントプロデューサーになるには?イベントプロデューサーになるためには?イベントプロデューサーになりたいを応援しております。

イベントプロデューサー

イベントプロデューサーってどんな仕事?(仕事内容など)

イベントの企画立案にもかかわり、全体的な方向性を決め、スタッフ選びを行い、適材適所に人を配置して、イベントが計画通りに進行するように全体的な指揮をとります。

イベントプロデューサーになる為の勉強法

現在調査中

イベントプロデューサーになるための専門学校や通信講座について

映像学科やテーマパーク専攻の専門学校があります。

イベントプロデューサーの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

イベントプロデューサーの学歴

現在調査中

イベントプロデューサーの勤務時間

現在調査中

イベントプロデューサーに必要なスキルや機材

現在調査中

イベントプロデューサーのやりがい

現在調査中

イベントプロデューサー苦労、大変なこと

現在調査中

イベントプロデューサー

イベントプロデューサーの年収・将来性・独立について

イベントプロデューサーに向いている人

イベントが好きな方や、イベントの準備に携わりたい方、ライブやイベントに来たお客さんに楽しんでもらいたいと思う方に向いています。

イベントプロデューサーと同じ分野の他の職業

イベントプランナー、イベント制作スタッフ、イベント検定

イベントプロデューサーの年収・給料相場

イベントプロデューサーの月収はおよそ20~40万円、年収はおよそ300~500万円となります。新人の頃は一般的なサラリーマンと同じ程度の年収になりますが、実力をつけていくことで大きな仕事を任されるようになり、年収を増やすことも可能です。イベントプロデューサーは、働く環境やその人の能力で年収に大きく差が生まれます。

イベントプロデューサーの現状

展示会やセミナー、格闘技イベントなど様々なイベントをプロデュースする職業なので、イベントの規模は大小様々なものがあります。イベント会社だけでなく、一般企業や自治体でもイベントを行っていく傾向があり、現在イベントプロデューサーとして総合的に活躍できる人材が不足している状態です。

イベントプロデューサーの将来性

イベントプロデューサーは、今後も消えない職業だと言われています。イベントプロデューサーの将来性は高く、しっかりとした実力があれば継続的に多くのイベントを任されます。スポーツや格闘技などの大きなイベントから、自治体による地域活性化のイベントまで様々な仕事があり、これからもイベントプロデューサーの需要は増え続けます。広告代理店やイベント企画会社に就職することで、安定性のある収入を得ることが可能で、実力をつけて経験を積めば、さらに多くの収入を得ることができます。

イベントプロデューサーの独立について

独立は可能です。実力をつけていけば、フリーランスとしても働け、キャリアアップを目指すことができます。しかし、企業に就職している方に比べると、収入が少なくなるので、そこが難点だと言えるでしょう。

イベントプロデューサーの主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*