クリーニング師資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-31

クリーニング師は、選別や洗浄、アイロンがけ、染み抜きなど、洗濯から仕上げまでを行うスペシャリストで、クリーニング店やクリーニング工場への1人以上配置することがクリーニング業法で定められています。都道府県知事の行うクリーニング師試験に合格し、免許申請を行うことでクリーニング師となることができます。


クリーニング師は幅広い世代の男女が目指せる、クリーニング店にはなくてはならない資格です。
クリーニング師資格取得者は他にもクリーニング師と呼ばれております。
クリーニング師の資格は「国家資格」です。

資格広場は、クリーニング師になるには?クリーニング師なるためには?クリーニング師になりたいを応援しております。

クリーニング師になるために必要な知識・受験資格

クリーニングに関連する法規の知識はもちろん、素材に応じた扱い方や使用する薬品に関する知識、それらを扱うための技術を習得する必要があります。新しい素材が出た場合、それに対応した洗濯方法やアイロンがけをの方法をマスターしておかなければならないため、資格取得後も継続して情報の入手をし続ける必要があります。

クリーニング師の資格は「各都道府県」が運営管理を行っております。

各都道府県とは:
厚生労働省が管轄し、各都道府県が試験の実施や免許証の交付を行います。クリーニング師試験は全国どこの都道府県でも受験することができますので、希望する受験地のHPなどから担当する部署などの情報を得る必要があります。

クリーニング師

クリーニング師ってどんな仕事?(仕事内容など)

クリーニング師は、クリーニング店やクリーニング工場に在籍し、選別や洗浄、アイロンがけ、染み抜きなど、洗濯から仕上げまでを行うスペシャリストです。預かった衣服の素材・状態を見極めて、適切な処理を行い、可能な限り新品に近い状態にして返すのが仕事です。クリーニング業法で、各クリーニング店に一人以上のクリーニング師を配置することが義務付けされています。都道府県知事の行うクリーニング師試験に合格し、免許申請を行うことでクリーニング師となることができます。

クリーニング師資格取得の為の勉強法

出題内容が試験を実施する都道府県ごとに異なりますので、まずは受験予定の都道府県の情報を収集する必要があります。都道府県ごとに過去問が配布されいるため、これを入手して傾向を見ながら学習を進めるとよいでしょう。試験は学科と実技が行われます。学科は『クリーニング教本』という教科書からの出題が多いため、この教科書をもとに勉強します。実技では、Yシャツのアイロンがけを行いますので、1日に数枚程度の練習を重ねておくとよいでしょう。また、クリーニング師の試験の前に勉強会や講習会が開かれますので、こちらに参加することも有益だと思われます。

クリーニング師の専門学校や通信講座について

準備中です。


クリーニング師の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

クリーニング師の資格試験料

試験を実施する都道府県ごとにまちまちですが、おおむね7,000円~10,000円です。7,000円前後のところが多いようです。

クリーニング師試験・検定の年間試験回数

各都道府県で年に1回試験日が設定されています。

クリーニング師試験科目等の内容

試験を実施する都道府県ごとに異なるため、受験する都道府県の情報を集める必要がありますが、衛星法規や公衆衛生に関する知識、洗濯物の処理に関する知識や技能が問われます。学科試験では、『クリーニング教本』という教科書からの出題が多いようです。実技試験では、Yシャツのアイロンがけの他、実施都道府県によっては繊維や薬品、染み抜きの鑑別が行われる場合もあります。

クリーニング師資格の難易度

深い知識を要求されるような問題はあまりなく、難易度自体はそれほど高くないといえるでしょう。

クリーニング師資格の合格率

地域によって異なりますが、おおむね7割前後です。

クリーニング師試験の合格発表

試験を実施する都道府県ごとに異なります。

国家資格バナー

PR



クリーニング師

クリーニング師資格取得後の就職先・年収・報酬相場

クリーニング師所持者の職業例

クリーニング師として、クリーニング店やクリーニング工場に勤務することになります。また、クリーニング店を開業する場合もあります。

クリーニング師に向いている人

クリーニング師を取得した人はクリーニング業に携わるケースが多く、染み抜きやアイロンがけ等、細かい仕事を淡々とこなすことを求められることから、手先が器用で、細かい仕事を正確かつ丁寧にコツコツとこなし続けることができる人に向いています。また、洋服の価値を理解できるファッション好きな人が向いているかもしれません。お客様に状態の説明を行ったりすることもあるので、接客能力も必要です。

クリーニング師と同じ分野の他の資格

クリーニングアドバイザー、洗濯ソムリエ

クリーニング師の年収・給料相場

クリーニング会社で正社員として雇用されている場合、一般的な事務系のサラリーマンと同水準の給与を受け取ることができます。クリーニング師の資格を持っていない場合に比べ、昇給・昇格が期待できるでしょう。個人でクリーニング店を経営する場合の収入は、個々の経営努力次第で大きく変わってきます。

クリーニング師の現状

男女とも仕事をもつ家庭が増え、衣類の洗濯を外注する人も一定数いる状況から、クリーニング店やクリーニング工場の需要はあるといえます。クリーニング店やクリーニング工場にクリーニング師は必須ですので、一定の需要が存在しています。

クリーニング師の将来性

今後クリーニングに対する需要が大幅に増加することは考えにくいですが、クリーニング店にクリーニング師を置かなければいけないという法律が変わらない限り、引き続き現状と同程度の需要があると考えられます。

クリーニング師の独立について

クリーニング師の資格を所有していれば、クリーニング業法で定められたクリーニング店には1人以上クリーニング師を置かなければならない、という法律をクリアすることができるため、自らのクリーニング店を開業することができます。開業後の収入については、企業努力によるところが大きいです。

クリーニング師資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*