キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-05-31

国家公務員総合職 なるには

CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)は、日本国内でキャリアカウンセリングを行う実務家のために日本キャリア開発協会が認定しているキャリアカウンセラー資格を言います。


キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】は幅広い年齢層の男女が目指せる、キャリアに関する悩みや課題の解決を支援するエキスパート資格です。
キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】資格取得者は他にもキャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】と呼ばれております。
キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】の資格は「民間資格」です。

資格広場は、キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】になるには?キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】なるためには?キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】になりたいを応援しております。


目次

キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】になるために必要な知識・受験資格

この資格は、厚生労働省が養成する、数あるキャリアコンサルタント資格の中でも特に信頼性が高く評価されています。資格取得するためには、まず資料を取り寄せ、自分にあった講座を選ぶところから始めましょう。試験は1次と2次があります。1次試験は、配布されるテキストおよび、通学コースで使用するレジュメの範囲内から出題されます。従って、1次試験対策には、まずこの6冊のテキストをしっかりと読むことです。これ以外に効果的な対策はありません。試験対策は現テキストの習得が一番です。

【キャリアコンサルタントの資格詳細はこちら】

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】の資格は「NPO法人 日本キャリア開発協会」が運営管理を行っております。

NPO法人 日本キャリア開発協会とは:
キャリア開発に関する理解を深めるため、この分野において国内外で活躍中の実務家や研究者によるセミナー、講演会を開催しています。また交流会という形で、キャリア開発に興味のある方々の交流の場をご提供しています。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】

キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】ってどんな仕事?(仕事内容など)

CDAとは「キャリア・デベロップメント・アドバイザー」の略で、キャリアカウンセラーの実務家向けの民間資格です。多様化するビジネスの世界において、就職を目指す学生や転職を考えている社会人たちのキャリア形成をサポートします。資格は、日本キャリア開発協会(JCDA)が認定するカリキュラムを修了し、1次試験と2次試験に合格後、入会手続きを経て取得することができます。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】資格取得の為の勉強法

受講カリキュラムは、アメリカのキャリア開発協会が認めたカリキュラムを、日本向けに改良した6ヵ月程度の講座で学習します。試験に合格すれば、日本キャリア開発協会に入会することで、CDA資格認定証を受け取ることができます。経営人事コンサルタント修了相当の人は、カリキュラムを修了する必要はありませんが、カリキュラムを受けないで受験するのは難易度が高いため、できればスクールで受講し、カリキュラム修了証を入手する方が良いでしょう。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】の専門学校や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】の資格試験料

試験料は、(1次試験)16,200円。(2次試験)21,600円。となっています。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】試験・検定の年間試験回数

年間の試験の回数は(1次試験)6月上旬・10月上旬・2月上旬。(2次試験)8月中旬・12月中旬・4月中旬となっています。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】試験科目等の内容

<1次試験>(学科試験)(多肢選択・記述・論述)支援するスキル、固有なニーズを持つ人々への対応スキル、倫理的・法律的問題、指導と学習、キャリア・デベロップメントのモデル、アセスメント、テクノロジー、労働市場情報および資源、求職活動のスキル、トレーニング、プログラムの管理と実施、普及とPR活動<2次試験>(実技試験)面接、ロールプレイング。といった内容になっています。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】資格の難易度

CDAカリキュラム提供教育機関で、必要カリキュラムを終了し、その後、試験を受験することが可能となります。試験は、年3回開催されており、1次の学科試験と2次の実技試験とあります。1次試験を通過しないと、2次試験の実技試験を受けることができません。実技試験は、カウンセリングのロールプレイングです。必要なことを覚えるだけでなく、実践できるように訓練しないと合格は難しいとされています。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】資格の合格率

合格率は1次試験で約45%~50%ほどと言われています。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】試験の合格発表

合格発表は(1次試験)6月下旬・10月下旬・2月下旬。(2次試験)9月上旬・1月中旬・5月中旬となっています。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】

キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】資格取得後の就職先・年収・報酬相場

キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】所持者の職業例

業内の人事・教育関連部門、人材紹介・派遣会社、学校、行政機関など。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】に向いている人

キャリアカウンセラーの仕事の基本は「相談」です。悩める人の役に立ちたい、という奉仕精神がもっとも大切になります。また、相談におとずれる人の話をよく聞く力、微妙な感情を読み取る力もカウンセラーにとって重要な能力です。経験がモノを言う仕事ですので、たとえ待遇の悪い職場であっても忍耐強く続けられることが、カウンセリング能力をきたえることにつながります。コツコツと地道な努力ができる人に向いている職業です。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】と同じ分野の他の資格

ビジネス・キャリア検定試験、ビジネス実務マナー検定、ビジネス能力検定ジョブパス、ホテルビジネス実務検定、ビジネスコンプライアンス検定、実用マナー検定、社会人常識マナー検定、サービス接遇検定など。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】の年収・給料相場

200~1000万円と、雇用形態や業務内容により、かなり幅があります。雇用されている場合は、会社によって収入は異なります。フリーランスとして独立している人は、仕事をやった量だけ変わりますし、経験値が上がるほど、仕事の単価も上がっていきます。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】の現状

景気低迷の背景もあり、キャリアカウンセラー需要が高まり、質の高いカウンセラーが求められるようになっています。そのため、キャリア・ディベロップメント・アドバイザー試験の難易度も年々高まっている傾向があります。 それに合わせるように、政府は総合雇用対策の1つとしてキャリアカウンセラーの養成を掲げています。公共の職業安定機関等での需要はもちろんのこと、人材派遣会社や社会人教育機関、企業内カウンセラーなど、その必要性は高まっています。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】の将来性

就職氷河期と言われた時期を経たあと、日本の雇用状況は徐々に改善されつつありますが、キャリアに関する悩みは依然として深いままです。雇用形態の多様化や若者の就職不安など、相談の種は今後も尽きることがないでしょう。キャリアカウンセラーのニーズは拡大してゆくと予想されます。現状ではまだまだボランティア色の強い仕事ですが、将来的には正社員で採用されるケースも増えてゆくかもしれません。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】の独立について

この資格を取得する人は、企業の人事担当者や人材派遣業の人が多いですが、他業種の人がチャレンジすることも可能です。主に、企業、組織内の人事・教育担当者や、人材派遣、人材紹介エージェント、学校進路指導担当者、職業安定機関のカウンセラーや相談員などには取得しておいて損のない資格です。独立など、幅広い分野で活躍しています。

キャリア・デベロップメント・アドバイザー【CDA】資格を所有している主な著名人

現在調査中

【キャリアコンサルタントの資格詳細はこちら】

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

コメントを残す

*

*