コーディネーターになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-31

コーディネーターの活躍の場はさまざまです。デザイン部門であれば、ブランドイメージにそってデザイナーに提案をします。マーケティング部門であれば市場リサーチを通して販促に貢献します。また、営業部門であれば小売店への提案力が求められます。


コーディネーターは幅広い年齢層の男女が目指せる、様々な分野で活躍できる職業です。
コーディネーターの職業は他にもコーディネーターと呼ばれております。
コーディネーターに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、コーディネーターになるには?コーディネーターになるためには?コーディネーターになりたいを応援しております。

コーディネーター

コーディネーターってどんな仕事?(仕事内容など)

コーディネーターは、アパレル企業や百貨店の服飾部門、ファッション専門店などで、ブランドイメージの向上と販売促進を担当する仕事です。市場リサーチなどを通して売れるものを見極め、バイヤーに仕入れ商品の提案をすることもあります。この職種そのものでの求人はさほど多くなく、企画職やマーケティング職としてアパレル系企業に入社し、ファッションコーディネーターとしての仕事を務めるケースが多いようです。

コーディネーターになる為の勉強法

コーディネーターになりたいなら、通信教育や専門学校などに通いファッションに関する知識を身に付け、資格を取得するのが一番でしょう。

コーディネーターになるための専門学校や通信講座について

準備中です。


コーディネーターの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

コーディネーターの学歴

現在調査中

コーディネーターの勤務時間

現在調査中

コーディネーターに必要なスキルや機材

現在調査中

コーディネーターのやりがい

現在調査中

コーディネーター苦労、大変なこと

現在調査中

国家資格バナー

PR


コーディネーター

コーディネーターの年収・将来性・独立について

コーディネーターに向いている人

コーディネーターに向いているのは、ファッションに強い関心があるだけではなく、トレンドやさまざまな分野のファッションを多角的に分析できる人です。ターゲット層が何を求めているのかリサーチするのも重要な仕事のひとつなので、好奇心旺盛で、情報収集が苦にならないタイプの人に向いています。小売店の販売員として実績を積む場合は、顧客のニーズに応えるサービス精神とコミュニケーション能力も求められるでしょう。接客業からスタートするため、人当たりの良さが必要とされます。

コーディネーターと同じ分野の他の職業

メイクアップアーティスト、スタイリスト、ファッションデザイナー、ウエディングドレスデザイナー、テキスタイルデザイナー、ファッションアドバイザー、ブライダルスタイリストなど。

コーディネーターの年収・給料相場

コーディネーターの給料は、経験や年齢、勤務先によって異なりますが、アパレル企業の企画職の場合、初任給は18万円から20万円ほどのようです。一般的な企業では勤続年数が上がるにつれ昇給があります。また、ファッション業界で経験を積むと、年収500万円前後のコーディネーター職の中途採用求人も視野に入ってきます。小規模小売店でのファッションコーディネーターは、生え抜き社員として販売員を長く勤めたあとにコーディネーター職を任される場合、初任給からの大幅給料アップは望めないかもしれません。

コーディネーターの現状

不況の影響でファッション産業が伸び悩んでいる現状から、コーディネーターの待遇が短期的に上向く可能性は低いといえます。また、経験と実績が重要な職業のため、そういった厳しい待遇の中で長年勤務をする根気が必要でしょう。コーディネーターという職業自体がなくなることは考えにくいですが、ファッション業界全体の潮流として、よりオールマイティな仕事のできる人材が求められていくでしょう。

コーディネーターの将来性

企業勤務であれば営業力とマーケティング力を兼ね備えた人材が、店舗勤務であればイベント企画や買い付け指示、経営面への目配り、取引先との交渉力のある人材が、将来的には求められるコーディネーター像になっていくかもしれません。

コーディネーターの独立について

現在調査中

コーディネーターの主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*