コピーライターになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-31

コピーライターは商品や企業を宣伝するために、新聞・雑誌・ポスターなどのグラフィック広告、テレビCM、ラジオCM、ウェブサイトやバナー広告などに使用する文言を書くことを職業とする人のことを言います。広告会社、広告制作会社、メーカーのインハウスに就職をしたり、フリーランスで仕事している人もいます。


コピーライターは幅広い年齢層の男女が目指せる、キャッチコピーを書く仕事ができる職業です。
コピーライターの職業は他にもコピーライターと呼ばれております。
コピーライターに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、コピーライターになるには?コピーライターになるためには?コピーライターになりたいを応援しております。

コピーライター

コピーライターってどんな仕事?(仕事内容など)

コピーライターは、商品や企業の宣伝を目的として、テレビCMやラジオCM、雑誌、ポスター、商品パッケージ等の広告に使用するキャッチコピーを書く仕事です。短い言葉で印象に残るコピーを考える必要があり、またコピーそのものがブランドや企業イメージを左右することもあるため、責任は重大です。ひとつの素晴らしいコピーを生み出すまでには、何十、何百というアイディアを出すことが必要です。

コピーライターになる為の勉強法

コピーライターやデザイナーといったクリエイティブ系の専門職は、転職を繰り返してもマイナスにならず、むしろ「スキルアップの意欲が高い」と評価されることも多い特殊な職業といえます。この仕事は、もちろん本などを利用して業界の情報を得たり、基本的なコピーの買い方を学ぶことはできますが、現場で実際の案件に携わってこそ成長できる面が多々あります。そのため、まずは比較的就職しやすい中小の広告代理店や制作プロダクションでコピーライターのアシスタントとして働き、現場で先輩コピーライターからコピーライティングのスキルやノウハウを学ぶ方法をとってもよいでしょう。

コピーライターになるための専門学校や通信講座について

準備中です。


コピーライターの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

コピーライターの学歴

現在調査中

コピーライターの勤務時間

現在調査中

コピーライターに必要なスキルや機材

現在調査中

コピーライターのやりがい

現在調査中

コピーライター苦労、大変なこと

現在調査中

コピーライター

コピーライターの年収・将来性・独立について

コピーライターに向いている人

コピーライターは流行に敏感でなければなりません。ジャンル関係なくいま世の中では何が流行っているのか常に追う癖をつけておくべきです。意外なところで得た情報が、コピーを書く際に役立つこともあります。ひとつのことだけに打ち込むタイプよりも、自分の情報アンテナを張りめぐらせておける人のほうが、コピーライターには向いているといわれます。

コピーライターと同じ分野の他の職業

ライター、小説家、絵本作家、新聞記者、ジャーナリスト、コラムニスト、カメラマン、エッセイスト、ブックデザイナーなど。

コピーライターの年収・給料相場

企業に勤めるコピーライターの給料は、一般の会社員とさほど差がありません。年収500万円~600万円程度が平均的ですが、電通などの大手広告代理店では1000万円を超える人も少なくないようです。また、経験を積んだのちにフリーランスになる人もいます。仕事がもらえなければ収入はゼロですが、有名コピーライターになれば、何千万円もの収入を得ることも夢ではありません。実力主義の世界と言えるでしょう。

コピーライターの現状

コピーライターは、特別な資格が必要な仕事ではないため、意欲とセンスがあれば誰でもなれる可能性があります。極端なことを言えば、まったくの未経験者が書いたコピーでも、関係者の目に留まれば、今日から突然有名コピーライターになってしまうこともあります。コピーは時代を問わずニーズがあるものです。だからこそ、世の中の流れに敏感であり、豊かな感性とセンスを身につけた実力あるコピーライターになれれば、大きく活躍していくことができるでしょう。

コピーライターの将来性

近年の広告媒体の傾向としては、企業の広告宣伝費削減に伴い、テレビや雑誌といった従来のマス媒体からインターネットをメインとしたデジタル系媒体へのシフトが顕著になってきています。今後もインターネット広告の市場規模は拡大していくと考えられ、その規模は1兆円を超えるという試算もあります。

コピーライターの独立について

フリーランスのコピーライターになるために、絶対に決まった道のりはありません。コピーライターの学校で学び、そこからコピーライターとして独立することを目指す人もいますし、最近ではクラウドソーシングのサイトを活用し、未経験者でもコピーライティングの仕事を得やすくなっているといえるでしょう。自分なりに調べたり広告業界で働いている人に話を聞いたりしながら、活躍するための方法を探っていくことが大切です。

コピーライターの主な著名人

一倉宏、白部真一、川上徹也、小泉せつ子、内田伸哉、日暮真三、魚住勉、高松聡、戸田裕一、竹花いち子、冨士本由紀など。

コメントを残す

*

*