コンサート・ステージスタッフになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

イベント業務管理者 なるには

コンサートステージスタッフとは、主に音響・照明・舞台」などを手がける技術者のことです。音響スタッフはマイクやスピーカーなどのセッティング、照明スタッフは照明プランに基づき、ステージ上に各種の照明機材をセッティングします。

       

コンサート・ステージスタッフは幅広い年齢層の男女が目指せる、ニーズが増えていく傾向にある職業です。
コンサート・ステージスタッフの職業は他にもコンサート・ステージスタッフと呼ばれております。
コンサート・ステージスタッフに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、コンサート・ステージスタッフになるには?コンサート・ステージスタッフになるためには?コンサート・ステージスタッフになりたいを応援しております。

コンサート・ステージスタッフ

目次

コンサート・ステージスタッフの仕事内容

コンサートやライブをはじめとするステージの準備と運営を行うのがコンサートスタッフの仕事です。音量や音質を調整するPAエンジニア、照明を操作する照明エンジニア、映像を操作する映像エンジニア、楽器や機材の運搬を行うローディー、設営、受付、警備スタッフなどがコンサートスタッフを構成しています。それぞれが制作会社やプロダクション、派遣会社から派遣され、自分の専門とする仕事をこなしながら、出演者と一体になって感動のステージを作り上げます。

コンサート・ステージスタッフになる為の勉強法

コンサートスタッフになるための勉強をするには、音楽や芸術、工学系の専門学校に設けられている音響学科やコンサートスタッフ科などで学びます。コンサートスタッフ科では、音楽業界の基礎的な知識を得るとともに、並行して音響、照明、映像などの専門的な技術と知識を習得。2年次には実習を中心に行う学校が多く、より実践に近い環境で学ぶことができます。コンサートスタッフになるための勉強をするには、音楽や芸術、工学系の専門学校に設けられている音響学科やコンサートスタッフ科などで学びます。コンサートスタッフ科では、音楽業界の基礎的な知識を得るとともに、並行して音響、照明、映像などの専門的な技術と知識を習得。2年次には実習を中心に行う学校が多く、より実践に近い環境で学ぶことができます。

コンサート・ステージスタッフになるための専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

コンサート・ステージスタッフの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

コンサート・ステージスタッフの学歴

現在調査中

コンサート・ステージスタッフの勤務時間

現在調査中

コンサート・ステージスタッフに必要なスキルや機材

現在調査中

コンサート・ステージスタッフのやりがい

現在調査中

コンサート・ステージスタッフ苦労、大変なこと

現在調査中

コンサート・ステージスタッフ

コンサート・ステージスタッフの年収・将来性・独立について

コンサート・ステージスタッフに向いている人

コンサート会場では、コンサートのほかに演劇やイベントなども行われるため、単に音楽が好き、演劇が好き、というだけではなく、エンターテインメント全般に興味があることが必須条件です。コンサートスタッフは、楽器を演奏したり芝居を演じたりといった舞台の上に立つ側ではなく、演出する側です。人の注目を集めたいタイプの人よりも、そのような人を支えて盛り上げるることに喜びを感じるようなタイプの人が適しているといえるでしょう。

コンサート・ステージスタッフと同じ分野の他の職業

ラジオディレクター、音楽プロデューサー、PAエンジニア、サウンドクリエイター、ボイストレーナー、音響スタッフなど。

コンサート・ステージスタッフの年収・給料相場

本人の能力に加え、所属する会社やクライアント、会場の規模、アーティストの知名度などにより給料には開きがありますが、年収300?1000万円が相場だといわれています。スキルや実績が上がるに連れて給料も上がっていく傾向にあるものの、完全歩合制や1つの公演ごとの契約が多いため、予算を抑えた公演ではベテランよりも経験の浅い若いスタッフが採用されることもしばしばです。

コンサート・ステージスタッフの現状

今後ますますデジタルコンテンツが進化していく中、ライブエンターテインメントも比例するように高まっていくといえるでしょう。コンサートスタッフはライブやコンサートの質を高め、円満に運営するために欠かせない存在です。そのニーズは今後も減ることはなく、増えていく傾向にあることが予想されます。

コンサート・ステージスタッフの将来性

年齢とともに大規模なコンサート会場での仕事はしにくくなったとしても、舞台技術を必要とするシーンは劇場、結婚式場、会議場など、多数存在しています。会場の規模が小さくなるほど、幅広い知識と経験を持つベテランエンジニアの活躍が期待されるため、職場を移して働き続けることは可能だといえるでしょう。また、コンサートスタッフの経験を足がかりに、音響プランナーやステージディレクターなど、上位の職種へキャリアアップしていく道もあります。

コンサート・ステージスタッフの独立について

コンサートが催される会場は多種多様であり、機材の種類も多岐にわたっているため、現場で身に付ける技術や知識は非常に幅広く、下積みも厳しいものになるでしょう。さらに、たくさんのスタッフと一緒にひとつのステージを作り上げることが目標であるため、コミュニケーション能力も習得していく必要があります。コンサートの成功はスタッフにかかっているといっても過言ではないため、会社から一人立ちを認められるのは難しく、数年かかる人もいるようです。

コンサート・ステージスタッフの主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*