コンサートプロモーターになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-31

イベント業務管理者 なるには

コンサートプロモーターとは、芸能プロダクション等からコンサート開催依頼を受け、その実施を請け負う職業です。会場の予約や各地域での宣伝や各種許可の申請、チケットの販売管理、集計などを担当したりします。


コンサートプロモーターは幅広い年齢層の男女が目指せる、コンサートプロモーターとしてますます活躍する職業です。
コンサートプロモーターの職業は他にもコンサートプロモーターと呼ばれております。
コンサートプロモーターに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、コンサートプロモーターになるには?コンサートプロモーターになるためには?コンサートプロモーターになりたいを応援しております。

コンサートプロモーター

コンサートプロモーターってどんな仕事?(仕事内容など)

コンサートプロモーターは、コンサートを開催するにあたってのプロモーション活動(宣伝、販売促進)などの企画・運営をする仕事です。芸能プロダクションやレコード会社から依頼を受けて行う「委託興行」であれば、会場確保やスタッフの手配、チケット販売、当日の会場設営や観客誘導・警備、さらには進行管理や撤収などまで幅広く請け負い、裏方としてコンサートを成功に導きます。

コンサートプロモーターになる為の勉強法

コンサートプロモーターになるために必要な資格はとくにありません。イベント企画・制作会社に就職するのが一般的です。音楽関係やイベント関係の学科がある専門学校や大学で学ぶ人もいます。コンサートの専門知識や現場経験が豊富な人材が求められるため、学生時代からコンサート会場やイベント制作会社でアルバイトをしたほうがいいでしょう。アルバイトのコンサートスタッフとして多様な業務を経験し、能力を認められて、企画も行うプロモーターになるケースもあります。

コンサートプロモーターになるための専門学校や通信講座について

準備中です。


コンサートプロモーターの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

コンサートプロモーターの学歴

現在調査中

コンサートプロモーターの勤務時間

現在調査中

コンサートプロモーターに必要なスキルや機材

現在調査中

コンサートプロモーターのやりがい

現在調査中

コンサートプロモーター苦労、大変なこと

現在調査中

コンサートプロモーター

コンサートプロモーターの年収・将来性・独立について

コンサートプロモーターに向いている人

ひとくちにコンサートといってもさまざまなジャンルがあります。歴史的な過去から最新情報に至るまで音楽全般について詳しい知識のある人はコンサートプロモーターに向いているといえるでしょう。ひとつのコンサートを開催するにしても非常にたくさんのスタッフが関わります。小さなミスが公演の成功を妨げることにもなりかねません。コミュニケーション能力や交渉力、英語など語学力に優れた人、細やかな心配りや気づかいのできる人は適性があります。

コンサートプロモーターと同じ分野の他の職業

ラジオディレクター、音楽プロデューサー、PAエンジニア、サウンドクリエイター、ボイストレーナー、音響スタッフなど。

コンサートプロモーターの年収・給料相場

イベント企画・制作会社に勤務する正社員の場合、就職してしばらくのあいだは月収17~25万円程度、年収250~350万円程度でしょう。経験の浅いうちは収入の少ない状態が続くこともあります。ただし実績を重ねて能力を認められると年収はあがっていきます。

コンサートプロモーターの現状

会場不足を解消するためこれまで利用頻度の少なかった会場の平日利用が増加しています。芸能プロダクションやレコード会社、アーティストに平日開催や地方公演などを提案するのもコンサートプロモーターの仕事です。音楽業界としてはCDの売り上げが減少している一方で、コンサートやライブ、フェスティバルで音楽を楽しむ人口は増加している現状があります。

コンサートプロモーターの将来性

時代とともに変化するさまざまな問題を好転させるようなアイデアの持ち主が、関係者に信用されるコンサートプロモーターとしてますます活躍するでしょう。

コンサートプロモーターの独立について

現在調査中

コンサートプロモーターの主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*