サービス接遇実務検定資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-06-04

「サービス」とは相手に満足を提供すること、「接遇」とは相手に満足を提供するための行動のことです。サービス接遇検定では、サービスに対する考え方や行動の型などを学び、おもてなしの心とかたちを育てることを目指しています。顧客に対応するあらゆる業種の人にとって必要な知識が身に着けるのにおすすめの検定です。


サービス接遇実務検定は幅広い世代の男女が目指せる、顧客対応に必要な知識を身に着けられる資格です。
サービス接遇実務検定資格取得者は他にもサービススタッフと呼ばれております。
サービス接遇実務検定の資格は「民間資格」です。

資格広場は、サービス接遇実務検定になるには?サービス接遇実務検定なるためには?サービス接遇実務検定になりたいを応援しております。

サービス接遇実務検定になるために必要な知識・受験資格

級によって必要な知識のレベルが異なります。3級は、サービス接遇実務の初歩的な理解があり、基本的なサービスに必要な知識・技能を持っているかが問われます。2級は、サービス接遇実務に理解を持ち、一般的なサービスに必要な知識・技能を持っているかが問われます。1級は、サービス接遇実務を十分理解し高度な知識を持っていて、専門的なサービス能力が発揮できるかどうかが問われます。

サービス接遇実務検定の資格は「公益財団法人 実務技能検定協会」が運営管理を行っております。

公益財団法人 実務技能検定協会とは:
公益財団法人 実務技能検定協会は、ビジネス実務に関する技能検定を実施することで、ビジネス実務に対する学習意欲の喚起や、職業技能の向上に寄与することを目的としています。サービス接遇検定のほか、秘書検定、ビジネス実務マナー検定、ビジネス文書検定、ビジネス電話検定を実施しています。

サービス接遇実務検定

サービス接遇実務検定ってどんな仕事?(仕事内容など)

「サービス」とは、相手が快適であると感じるような世話など、「相手に満足を提供する」ことを指します。相手に満足を提供するための行動が「接遇」です。サービス接遇は接客を行う多くの分野で必要となっています。サービスに対する考え方や行動の型などを学び、おもてなしの心とかたちを育てることを目指して行われているのがサービス接遇検定です。サービス接遇実務検定の受験者は、金融、鉄道、運輸、ホテル、派遣会社などの多くの企業や、理美容、ファッション、医療スタッフ、観光等の専門学校など多くの分野で増えており、本資格を取得している人材は、接客を行う幅広い分野で活躍しています。

サービス接遇実務検定資格取得の為の勉強法

実務技能検定協会が編集した公式テキストや問題集が発売されています。この公式テキストや民間で発売しているテキストを購入して内容を理解したうえで、過去問や公式の問題集など、問題を繰り返し解いてみるとよいでしょう。

サービス接遇実務検定の専門学校や通信講座について

準備中です。


サービス接遇実務検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

サービス接遇実務検定の資格試験料

1級が6,500円、準1級が4,700円、2級が3,900円、3級が2,700円です

サービス接遇実務検定試験・検定の年間試験回数

試験は、6月と11月の年2回実施されます。

サービス接遇実務検定試験科目等の内容

サービス接遇検定は、サービスマインドの育成を目的に実施されていて、サービス業務に対する心構え、対人心理の理解、応対の技術や態度・振舞いなどが審査されます。難易度が低い順に3級、2級、準1級、1級の4つがあります。筆記試験では全級とも、理論、実技に領域がわかれていて、合格には6割以上の得点が必要です。理論では、サービススタッフの資質、サービスや従業の専門知識、社会常識などの一般知識が、実技では話し方や服装、接遇などの対人技能と、環境整備や社交業務、問題処理などの実務技能が問われます。3級と2級ではマークシート方式の選択問題と記述問題が出題されます。1級はすべて記述問題です。また、1級では二次試験として、面接が行われます。準1級は、面接のみで合否を判定します。準1級の受験対象者は2級試験の合格者です。面接では、ロールプレイングで模擬販売などが行われ、サービス接遇者にふさわしい話し方・態度・物腰が感じられるかどうかが審査されます。

サービス接遇実務検定資格の難易度

級ごとに難易度は異なりますが、3級の難易度は高くはなく、挑戦しやすいといえるでしょう。

サービス接遇実務検定資格の合格率

平成29年度の合格率は、1級で3割強、準1級で8割強、2級で6割前後、3級で6割強でした。

サービス接遇実務検定試験の合格発表

普通郵便で合否の通知が行われます。合否通知は試験実施後約3週間ほどで発送され、合格者には合格証が同封されます。なお、1級の筆記試験の合否は、面接試験の希望日の1週間前までに送付されます。

国家資格バナー

PR



サービス接遇実務検定

サービス接遇実務検定資格取得後の就職先・年収・報酬相場

サービス接遇実務検定所持者の職業例

クライアントや企業などに対して対人接客を行う幅広い分野の多くの職業。金融、鉄道、運輸、観光業などに勤務します。

サービス接遇実務検定に向いている人

顧客に対応するあらゆる業種の人が受験する検定ですので、人と接するのが好きな人に向いています。また、接客能力を高めたいという向上心のある人に向いていると言えます。

サービス接遇実務検定と同じ分野の他の資格

ビジネス電話検定

サービス接遇実務検定の年収・給料相場

本資格は多くの対人接客を必要とする業種の人が取得しており、給与水準は業種によってまちまちです。本資格を取得することにより、給与水準が大きく変化することはないようですが、入社試験において有利になる場合があります。

サービス接遇実務検定の現状

クライアントや企業などに対人接客を行う業種は多岐にわたっています。接客業でなくとも、取引相手とコミュニケーションが必要な機会が必ずありますので、サービス接遇の能力のある人材は、非常に多くの業種において必要とされています。

サービス接遇実務検定の将来性

対人接客を行う仕事の一部がAIなどに置き換えられる場面が出てくることは考えられますが、活躍の場がなくなることはありませんので、サービス接遇の能力は引き続き多種多様な業種で必要とされます。

サービス接遇実務検定の独立について

サービス接遇検定に合格したからといって独立しやすくなるということはありませんが、独立、起業する場合においても、企業で働く場合と同様、営業、接客等行っていくうえで、サービス接遇の知識は必要不可欠であるといえます。

サービス接遇実務検定資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*