ウェディングプランナー資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-06-04

ブライダルプランナー なるには 検定

ウエディングプランナーは、結婚を控えるカップルの結婚式をプロデュースする仕事です。結婚式を開くとなれば、予算や日取り、衣装、招待状の手配など、決めるべきことがたくさんあります。ウエディングプランナーは、お客さまの意見や要望を聞きながらそれぞれに対して最善の案を提案し、素晴らしい結婚式になるようトータルでサポートしていく仕事です。


ウェディングプランナーは年齢制限はありませんの男女が目指せる、お客様のアドバイザーとなる資格です。
ウェディングプランナー資格取得者は他にもウェディングプランナー・ブライダルプランナー・ブライダルコーディネーター・ブライダルプロデューサーと呼ばれております。
ウェディングプランナーの資格は「民間資格」です。


資格広場は、ウェディングプランナーになるには?ウェディングプランナーなるためには?ウェディングプランナーになりたいを応援しております。

ウェディングプランナーになるために必要な知識・受験資格

ウェディングプランナーにとって必要な知識は、もちろんそれなりのスキルや経験も大事ですが、まずは、結婚式に必要な衣装・美容に関する知識も必要です。また海外での挙式についての知識や、色々な挙式のスタイルの流行についての知識も必要です。あとは、その知識を生かしてお客様に対するプレゼンテーション能力、コミニュケーション能力なども大切な事になります。

ウェディングプランナーの資格は「全米ブライダルコンサルタント協会(ABC協会)・日本ブライダル事業振興会(BIA)」が運営管理を行っております。

全米ブライダルコンサルタント協会(ABC協会)・日本ブライダル事業振興会(BIA)とは:
日本ブライダル事業振興会(BIA)とは、婚礼に係る調査及び研究、婚礼に係る施設の紹介・斡旋、施設・サービスの提供を行う事業(以下「ブライダル文化等事業」という。)に関する人材の育成、研修会、セミナー及び各種イベントの開催等を行うことにより、ブライダル文化及び産業の健全な発展を図り、もって、生活文化の向上に寄与することを目的としています。

ウェディングプランナー

ウェディングプランナーってどんな仕事?(仕事内容など)

ウエディングプランナーの仕事は、これから結婚を控えているカップルの結婚式を2人のためにプロデュースする仕事です。結婚式をする2人の意見と要望を聞きながら、それぞれのお客様に対して最善の結婚式の内容を提案し、お客様にとって最高の思い出になる結婚式になるようにトータルサポートをする仕事です。

ウェディングプランナー資格取得の為の勉強法

大学で学ぶ・専門学校で学ぶ・養成スクールで学ぶ方法があります。大学によっては、ブライダルの基礎を学ぶことができる学科も用意されていて、ブライダルの知識のみならず、一般教養まで広く学ぶことができます。ブライダル系の専門学校は、ブライダル業界で働くことを前提としたカリキュラムとなるため、より実践に即した勉強ができます。ウエディングプランナー養成スクールの場合は、すでに社会人として働く方を対象にしているケースが多いので、即戦力をつけるための短期集中型の内容になっています。

ウェディングプランナーの専門学校や通信講座について

準備中です。

ウェディングプランナーの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ウェディングプランナーの資格試験料

ABC協会認定ブライダルプランナー検定1級は15,000円(税込)です。

ウェディングプランナー試験・検定の年間試験回数

1級・2級ともに年に1回あります。2級で2018年は9月9日、1級で2018年は7月1日となっています。

ウェディングプランナー試験科目等の内容

基本的には、ブライダルの歴史や冠婚葬祭に関する常識、宗教による結婚式の違い、さまざまな演出方法や小道具などについてなどの基礎知識が問われます。

ウェディングプランナー資格の難易度

ブライダルプランナー検定には1級、2級とあり、2級はマークシート方式で日本と欧米のブライダルの基礎知識を問う問題が出題されます。1級はマークシート方式と記述式で、日本と欧米ブライダルの実務レベルの問題が多く出題されます。これに記述問題がつきます。記述問題は難しく、お客さまとの応対を口語体で文字数制限内で記述します。現役でウエディングプランナーが1級を受験する場合は、日ごろ仕事でお客さまに応対している分、記述はさほど難しくないようです。

ウェディングプランナー資格の合格率

2015年の1級受験者数は729人で、合格率は75%ほどで、2級受験者数は1467人で、合格率は81.5%になります。

ウェディングプランナー試験の合格発表

受験の2ヶ月後くらいで、受験票に記載された住所へ郵送されてくるようです。

ウェディングプランナー

ウェディングプランナー資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ウェディングプランナー所持者の職業例

ウエディングプランナーの主な勤務先は、ホテル、結婚式場、レストラン、ウエディングプロデュース会社になります。

ウェディングプランナーに向いている人

ブライダル業界はその他の業界と比べても特にマナーや礼儀に関して厳しいルールがあります。大手のホテルやブライダルコーディネート会社では、とても高いレベルの接客やサービスを求められます。誰かを喜ばせるのが好きで、学園祭などのイベント・サプライズなど周りを盛り上げたりすることが好きな人には向いている職業と言えます。見返りを求めず、相手の喜ぶ顔がみたくて、色々な演出を惜しみなくできる人がウエディングプランナーに向いていると言えます。

ウェディングプランナーと同じ分野の他の資格

客室乗務員・グランドスタッフ・ツアーコンダクター・バスガイド

ウェディングプランナーの年収・給料相場

ウエディングプランナーの平均年収は250万円から450万円といわれています。未経験での初任給は月18万円程度、長年経験を積み重ねた人であれば、月35万円程度が平均収入となっています。現場経験の差などでの給与には幅があるようですが、長年この仕事に従事すればするほど、収入もアップしていくということです。

ウェディングプランナーの現状

最近では少子化や核家族化が進んでおり、少し前のように大きなホテルでたくさんの招待客を呼んで、親戚一同の前で大規模な挙式・披露宴を行うというカップルがずいぶんと減ってきています。そのような大規模のお金をかけない結婚式が増えている反面、テレビや小説などの主人公などでウエディングプランナーが脚光を浴びている影響なのか、「低予算であっても記憶に残る素晴らしい演出で結婚式をしたい」というニーズは高まっています。

ウェディングプランナーの将来性

最近は「低予算でも思い出に残る素晴らしい結婚式をしたい」というニーズが高まってきています。その低予算の中で、お客様にとって最高の一日を作り上げなくてはならないので、今までよりもウエディングプランナーの実力が試されることになります。おしゃれなレストランやカフェなど、ホテルや挙式専門の会場ではない場所での挙式を選ぶカップルも増えているという特徴もあります。そのようなレストランやカフェの従業員はブライダルのプロではないので、そういう人たちをまとめていけるしっかりとしたリーダーシップのあるウェディングプランナーが、今後は重宝されていくようになります。今後も少子化の影響などもあり、結婚式が減少していくとも考えられますが、結婚式自体をする人がいなくなることはありませんので、低予算で結婚式を挙げられる様になったいま、ウエデイングプランナーのブランディング力はとても重要視されていくことになります。

ウェディングプランナーの独立について

最近の結婚式は結婚式場やホテルに限らす様々な形になっていて、新郎新婦の性格や価値観、予算に合わせてオーダーメイドの特別なプログラムを作りこむことも可能なため、こうした新郎新婦に感動を与えられるような仕事に魅力を感じるのであれば独立してフリーランスのウエディングプランナーになることもできます。

ウェディングプランナー資格を所有している主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*