オプティシャン・オプトメトリストになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-06-04

オプトメトリストは欧米諸国、特にアメリカでは専門職としての歴史が長く、大学院にてオプトメトリーについて学べます。しかし日本では一般的ではなく、目の健康を守る仕事いえば眼科医のほうが有名です。オプトメトリストは手術等に頼らずに見る力や目の働きを向上させることを目的としています。


オプティシャン・オプトメトリストは幅広い年齢層の男女が目指せる、目の健康や見る力を守る専門家職業です。
オプティシャン・オプトメトリストの職業は他にもオプティシャン・オプトメトリスト・眼鏡士と呼ばれております。
オプティシャン・オプトメトリストに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、オプティシャン・オプトメトリストになるには?オプティシャン・オプトメトリストになるためには?オプティシャン・オプトメトリストになりたいを応援しております。

オプティシャン・オプトメトリスト

オプティシャン・オプトメトリストってどんな仕事?(仕事内容など)

オプトメトリストは、「視る力」に問題のある患者さんの視力をアップするために、さまざまなサポートを行う仕事です。「目が健康で疾患がないか」を重視して治療を行う眼科医とは異なり、薬や手術に頼らず、独自のトレーニング方法などで患者さんの訓練を行ったり、生活習慣のアドバイスをしたりします。勤務先は眼鏡・コンタクトレンズ専門店やメーカー、眼科病院が主となりますが、日本ではまだ公的な資格がないため、専門職としてのオプトメトリストの歴史が長いアメリカなどの大学院で学び、知識を深める人もいます

オプティシャン・オプトメトリストになる為の勉強法

アメリカでは100年以上の歴史を持つ職業であり、大学にも専攻学科があります。アメリカでは通常の医科大学並みに開けているため数多くのオプトメトリストを輩出しており、眼科医を探すとなると一般的にはオプトメトリストを探すことになります。単にメガネやコンタクトレンズを着用するのではなく、どのような矯正器具が良いのかを理論的かつ生活に関わった形で伝えることを目的としています。アメリカには研究機関も多く存在していますが、日本では医療機器メーカーに就職するか狭き門である研究所へ進むしかありません。

オプティシャン・オプトメトリストになるための専門学校や通信講座について

準備中です。


オプティシャン・オプトメトリストの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

オプティシャン・オプトメトリストの学歴

現在調査中

オプティシャン・オプトメトリストの勤務時間

現在調査中

オプティシャン・オプトメトリストに必要なスキルや機材

現在調査中

オプティシャン・オプトメトリストのやりがい

現在調査中

オプティシャン・オプトメトリスト苦労、大変なこと

現在調査中

国家資格バナー

PR


オプティシャン・オプトメトリスト

オプティシャン・オプトメトリストの年収・将来性・独立について

オプティシャン・オプトメトリストに向いている人

オプトメトリストには、眼の”病気”や”健康”に焦点をあてる眼科医と異なり、視覚機能の活用を助け、日常生活を快適に過ごしあるいは運動・スポーツに活かすサポーターという役割も期待されています。眼鏡のレンズの屈折補正は、その知識を得れば得るほど奥が深いものです。確たる屈折補正理論に基づいた技術を顧客へ提供することには、大きなやりがいがあります。

オプティシャン・オプトメトリストと同じ分野の他の職業

認定眼鏡士、視能訓練士、眼科医など。

オプティシャン・オプトメトリストの年収・給料相場

オプトメトリストのお給料は、眼鏡・コンタクトレンズ専門店に就職した場合、月給20万円~25万円程度のことが多いようです。眼鏡・コンタクトレンズのメーカーに就職する場合も初任給は同程度ですが、昇給や福利厚生などの待遇は、メーカー勤務の方が高くなります。研究職では、研究成果によって年収アップを図ることも可能です。

オプティシャン・オプトメトリストの現状

ITの発展などにより、現在、日本の眼鏡人口は約7,500万人に上り、人口の60%を占める割合であることから、何らかの視力矯正具を必要としています。視力の低下が、パソコンなどの長時間の使用や間違った目の使い方が原因であることも多く、オプトメトリストの仕事が注目されています。

オプティシャン・オプトメトリストの将来性

ゲームなどの普及によって視力が低下する子供も増えているため、学校教育の中での視力教育など、オプトメトリストの活躍の舞台は、今後ますます広くなると考えられます。さらには、スポーツ選手が必要とされる視力を高める訓練、さまざまな障害のある方の視力の問題など、オプトメトリストが係わる仕事の範囲は多岐にわたっています。

オプティシャン・オプトメトリストの独立について

独立開業する場合は「視力回復センター」などを開設し、目の使い方の訓練などに携わることが多いです。まだ幅広い社会的認知が得られていない職業だけに、独立開業を成功させるためには、オプトメトリストとしてのスキルだけではなく、自ら顧客を開拓して情報を発信するマーケティング力なども必要です。

オプティシャン・オプトメトリストの主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*