機械・電気・電子系資格一覧

   

 

こちらでは、機械や電気・電子に関する資格の紹介をしています。
身近なところでいうと、「家電製品アドバイザー」や「電気主任技術者」などの資格があります。
近頃では家電においても様々な種類があり、何を選んでいいか分からない方も増えているかと思います。
家電量販店などで活躍できたり、専門職でも重宝されるのが電気系資格です。
直接職業に直結できるものも多いので、手に職をつけてみたい方や資格に興味のある方は、
是非ご覧になってみてくださいね。

 

海上無線通信士になるには

現代社会では、無線による通信技術はなくてはならないものであり、そのため海上無線通信士を含む無線通信士の仕事がなくなってしまうことは決して無いでしょう。国際的にも評価が高く、非常に魅力的な資格となっています。

総合無線通信士になるには

試験の難易度は非常に高く、合格するのに何年とかかることもあるようです。とはいえ、国際的に通用する免許なので、無線を扱うどの業界でも極めて高い評価を受けます。総合無線通信士を持っていれば、無線業界において活躍できる範囲は無限に広がるでしょう。

陸上無線技術士になるには

陸上無線技術士の資格を取得すると、放送局やNTTなどの無線設備など、大規模無線局で働くことができ業界では非常に重宝されます。どのような活動においてもで必要不可欠であることから、社会的価値は高く、将来性も問題ないといえるでしょう。

ラジオ・音響技能検定

ラジオ 音響 技能検定 資格

ラジオ音響技能検定は、エレクトロニクス・オーディオの知識と技能を評価する試験です。2015年の試験を最後に現在は休止となっていますが、上級を取得すれば、専門的な電気知識をもつため、家電メーカのエレクトロニクス部門への就職や転職に有利となる資格です。