総合無線通信士になるには

Tweet Tweet総合無線通信士は幅広い年齢層の男女が目指せる、専門性の高い資格です。 総合無線通信士資格取得者は他には無線技術士という名称で呼ばれております。 資格名:総合無線通信士 目次1 総合無線通信士の資格は […]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

総合無線通信士は幅広い年齢層の男女が目指せる、専門性の高い資格です。

総合無線通信士資格取得者は他には無線技術士という名称で呼ばれております。

資格名:総合無線通信士

総合無線通信士の資格は「国家資格」です。

資格広場では総合無線通信士になりたい方を応援しております。

総合無線通信士になるために必要な知識

モールス信号も試験には必ず出てきますので、それに対しての知識は欠かすことができません。

総合無線通信士の資格は「公益財団法人 日本無線協会」が運営管理を行っております。

公益財団法人 日本無線協会とは:

国に代わりあらゆる無線に関わる業務の試験を実施する以外に、レクチャーなども実施している総務省が認めている協会のひとつです。

総合無線通信士

 仕事内容
 試験詳細
 資格取得者の傾向

総合無線通信士ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

国際的にスタンダードとされる、いくつかある無線従事者免許のひとつとなります。無線技術士を持っていれば、飛行機や船などの無線基地局で、様々な種類の無線による通信や電報の送信や受信、もっと言うと無線施設の技術的な操作を受け持つことができます。これは世界でスタンダードなものなのでどこの国に行っても通用します。特に、国内よりも国外で活躍する通信士が保有している資格です。総合無線通信士1級クラスであると、モールス信号の使用を含めた操作が可能となります。

総合無線通信士資格取得の為の勉強法

受験に備えての勉強方法としては,過去に出題された問題を繰り返し解くことが最適と言えるでしょう。科目別に見てみますと、法規についてはとにかく覚えることが大事な分野で、過去に出題された問題集を丸ごと覚えてしまうことと地図帳を見て記憶することがポイントです。地理も同じように、過去に出題された問題を遡って何年分も解くことで出題の傾向をつかむことができます。また、英語については英検2級レベルの能力を持っていれば支障となることは無いでしょう。英会話については、会話ではなくリスニング問題が出題されます。最初に英語での質問を聞き、それに対しての最適な答えをいくつかの選択肢の中から選びます。英語での筆記については、マークシート方式となっています。こちらも英検2級程度の能力があれば、全く支障とはならないでしょう。しかしながら実技の電気通信術は、無線技術士の試験の分野の中では最も難しいとされています。ここ打破するためにはかなりの努力が必要となってきます。

総合無線通信士資格の試験料・試験の内容・合格発表について

総合無線通信士資格試験料

受験する級によって試験料が異なってきます。1級18,852円、2級16,752円、3級13,152円となります。

総合無線通信士資格試験・検定の年間試験回数

年間の試験回数は9月・3月の年に2回です。

総合無線通信士資格の試験科目等の内容

こちらの資格試験は、筆記による試験と実技による試験とに分かれています。先に筆記による試験が実施されますが、出題される範囲は級によって異なってきます。第1級、第2級は無線工学基礎、無線工学A、無線工学B、法規、英語、地理が出題範囲です。そして第3級は無線工学基礎、英語、無線工学、法規が出題範囲です。これらの筆記による試験は、マークシートでの選択形式となっており、選択以外で英語を聞いたり話したりといったものありません。筆記による試験を終えると次に待っているのは実技による試験です。これは電気による通信の技術とを見られるもので、受験する級によって基準が違ってきます。

総合無線通信士資格の難易度

他の国家資格と比較してみても、相当合格するのが難しい資格と言えるでしょう。第一級無線通信士、第二級無線通信士、第三級無線通信士のどの種別でも難易度はとても高く、合格できるのは毎回100人に10人いるかいないかというところです。なので総合無線通信士の資格を取得したい場合には、月では無く年単位で対策を練って合格のための勉強を続けていく必要があります。

総合無線通信士資格の合格率について

平成27年度に実施された総合無線通信士試験での合格率は、第一級総合無線通信士が受験者数277人、合格者数13人の 4.7%となります。第二級総合無線通信士で受験者数156人、合格者数9人の 5.8%となります。そして第三級総合無線通信士が 3.0%の合格率となります。

総合無線通信士資格試験の合格発表

総合無線通信士の合格発表は、試験日の約1カ月後に郵送で登録した住所宛に通知されます。合格した方には合格証書も郵送されます。

総合無線通信士資格取得後の傾向

総合無線通信士資格取得後の職業例

この資格を持っていると、海運会社や航空会社、電気通信事業会社などの就職面で有利になりますし、漁業の無線協会や官公庁でも活躍している人もいます。

総合無線通信士に向いている人

資格を取得しているといろいろな業種で有効となりますが、特に就職や転職に役立てたい人にはうってつけの資格と言えるでしょう。

総合無線通信士資格と同じ分野の他の資格

航空無線通信士、海上無線通信士

総合無線通信士の給料相場

総合無線通信士の年収の平均としては、約500万~700万円というところです。一般的な会社では、総合無線通信士としてよりも、普通の社員として勤務し、この資格を活用して仕事をすることになるので、勤務している会社によっては資格に対して手当が支払われることもあります。

総合無線通信士の現状

この総合無線通信士の資格は国際的に通用するもので、どの業界においても非常に高い評価を受けています。そのため、将来性も有望であるといえるでしょう。最近では、女性の通信士も増えているといわれていることからも、取得者の幅はますます広がっていくことでしょう。

総合無線通信士の将来性

将来性も有望であるといえるでしょう。最近では、女性の通信士も増えているといわれていることからも、取得者の幅はますます広がっていくことでしょう。

総合無線通信士の独立について

総合無線通信士の資格を所有しているというだけでは、独立に直結させるのは困難でしょう。しかしながら単なる趣味として、無線による通信を行う人もいます。個人的な無線通信では顔も知らないような世界各国の人と交信ができるのが、非常に大きな醍醐味です。

こんな著名人の方も総合無線通信士資格を持ってます。

なし

コメントを残す

*

*