ラジオ・音響技能検定

ラジオ 音響 技能検定 資格

Tweet Tweetラジオ・音響技能検定は幅広い年齢層の男女が目指せる、工業系の仕事が好きな方にオススメな資格です。 ラジオ・音響技能検定資格取得者は他にはA・R検定という名称で呼ばれております。 資格名:ラジオ・音響 […]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラジオ・音響技能検定は幅広い年齢層の男女が目指せる、工業系の仕事が好きな方にオススメな資格です。

ラジオ・音響技能検定資格取得者は他にはA・R検定という名称で呼ばれております。

資格名:ラジオ・音響技能検定

ラジオ・音響技能検定の資格は「民間資格」です。

sponsored link

資格広場ではラジオ・音響技能検定をとるには?ラジオ・音響技能検定とるためには?ラジオ・音響技能検定をとりたいを応援しております。

ラジオ・音響技能検定になるために必要な知識

各級のレベルに合わせた電気知識をもっていることが前提となります。エレクトロ二クス・オーディオの知識、技能、能力が評価されます。知識試験では電気磁気やダイオード、トランジスタなどの知識が必要となります。実技試験では配線図からの組み立てや、音響機器の取り扱いや、修理方法などが出題されています。上級になるほど無線通信理論や電波法規など専門的な知識が必要です。

ラジオ・音響技能検定の資格は「国際文化カレッジ」が運営管理を行っております。

国際文化カレッジとは:

国際文化カレッジは株式会社ユーキャン傘下のユーキャングループに所属する教育団体です。ビジネススキルや技能・特技の通信教育事業や、総合写真展や日美絵画展・総合水墨画展などの展覧会事業、フォトマスター・レタリングなどの検定試験事業、軽井沢千住博美術館などの展示館運営事業を行う公益財団法人です。

ラジオ音響検定

▼ 仕事内容▼ 試験詳細▼ 資格取得者の傾向

ラジオ・音響技能検定ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

ラジオ・音響技能検定では、エレクトロ二クス・オーディオの知識や技能、能力をアナログ技術の観点から評価する検定であり、文部科学省後援の検定となります。ラジオの原理や設計、調整、修理法から、無線通信理論や電波法規、アナログ技術も網羅する専門性の高い内容の検定となっています。試験は1級から4級にわかれています。2015年11月に行われた第68回検定を最後に、現在は休止となっています。

ラジオ・音響技能検定資格取得の為の勉強法

各級ともに、最新既出問題集で過去の問題を必ず勉強しましょう。過去問を解くことで、傾向と対策を知ることができます。参考書に関しては、最近出版されているものがあまりないようなので、図書館や古本屋などで探す必要があります。3,4級はラジオ音響技能検定の公式ホームページに試験問題の例が載っているので、そちらでどのような問題がでるのか確認しましょう。上級になるにつれて専門的な知識が求められます。それぞれの分野の専門書でじっくりと勉強していく必要があります。

ラジオ・音響技能検定の試験料・試験の内容・合格発表について

ラジオ・音響技能検定資格試験料

1級から4級までの級が制定されています。試験料は、1級が6,500円、2級が5,500円、3級が4,500円、4級が3,500円となっています。

ラジオ・音響技能検定試験・検定の年間試験回数

試験回数は各級とも年1回実施され、11月の第2日曜日に行われています。

PR

ラジオ・音響技能検定の試験科目等の内容

1級~4級の試験が行われます。試験科目は各級ともに、知識と技能の2科目です。1級試験は、記述式で行われます。2級、3級、4級は選択式で行われます。1級では電気理論、電子工学、無線、通信理論、電子計測、無線などについて、高度に専門的に理解していることが求められます。また、各級のレベルに応じ、各種受信機や音響機器の動作原理、設計、製作、調整、修理法の技能を習得していることが求められます。

ラジオ・音響技能検定資格の難易度

3級、4級試験は、初歩的、基礎的な電気の知識についての試験なので、アマチュアレベルの難易度です。やはり上級になるほど、専門的な知識が必要となってきます。1級の合格率は2015年度は33%ですが、過去の試験では、0%~6%の年もあり、かなり難しいことがわかります。

ラジオ・音響技能検定資格の合格率について

2015年に行われた第68回試験の合格率は、1級が33%、2級が25%、3級が39%、4級が65%でした。

ラジオ・音響技能検定試験の合格発表

試験から40日以内に通知されます。

sponsored link

ラジオ・音響技能検定資格取得後の傾向

ラジオ・音響技能検定の職業例

家電メーカー企業、オーディオ関連企業

ラジオ・音響技能検定に向いている人

上級になるほど、電気の専門的知識が必要となる検定ですので、エレクトロニクス系の仕事に就きたい方や工業系の勉強をしている方におすすめの資格です。また、趣味でラジオや音響が好きな方にも自分の専門的な知識を試す機会としておすすめの資格です。専門的知識が必要な知識ですので、苦手意識があるよりも興味があり進んで勉強したいという方に向いています。

ラジオ・音響技能検定と同じ分野の他の資格

デジタル技術検定

ラジオ・音響技能検定の給料相場

ラジオ音響技能検定の資格を持つ人が活躍する分野として多いのは、家電メーカー企業のエレクトロニクス部門になります。メーカーによって給料がかなり変わってきますが、一般的に家電メーカーの年収は、500万~700万ぐらいです。この資格は必須資格ではないですが、就職や転職、また社内の中での評価があがる可能性のある資格となるでしょう。この資格取得のために補助金もでる企業もあります。

ラジオ・音響技能検定の現状

ラジオ音響技能検定は昭和47年から始まり、累計で30万人以上の合格者を出していますが、平成27年の第68回試験を最後に休止しています。電気の専門的知識を持つため、主な就職先として家電メーカーがあげられます。特に、オーディオ関連の企業に興味がある場合、ラジオ音響技能検定の資格をもっていることは有利に働きます。エレクトロ二クス・オーディオに関しては国内では唯一の試験のため、その分野に興味がある人に人気の資格です。就職や転職に生かしたい場合は、2級以上取得していることが望ましいでしょう。

ラジオ・音響技能検定の将来性

電気の専門知識をもっているため、上級を取得していれば、家電メーカーなどのエレクトロニク系の仕事の就職や転職に有利に働きます。すでにそのような仕事についている場合、資格を取得することによって評価アップにもつながります。企業によっては、資格取得のための補助金を出す企業もあり、その分野では取得が望まれている資格です。また、アナログオーディオの分野は、趣味として興味を持つ方が多いので注目されている分野です。

ラジオ・音響技能検定の独立について

活躍する場所としては、家電メーカーのエレクトロ部門など、一般企業がメインとなります。したがって、この資格だけで独立して活躍することは難しいかもしれません。他の資格と併せ持つことで、就職などにはさらに有利になるでしょう。

こんな著名人の方もラジオ・音響技能検定資格を持ってます。

該当者なし

コメントを残す

*

*