アマチュア無線技士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-30

アマチュア無線技士は国家資格であるが、難易度は低く小学生や中学生でも受験可能です。1級から4級まであり、上級にいくにしたがって、無線の取り扱える幅がひろがっています。業務独占で、免許がないとアマチュア無線を取り扱いことはできないので必須であるが、近年のデジタル化に伴いアマチュア無線技士として就職することは稀な状況です。


アマチュア無線技士は幅広い年齢層の男女が目指せる、総務省が認めている、独占業務、筆致資格資格です。
アマチュア無線技士資格取得者は他にも特殊無線技士と呼ばれております。
アマチュア無線技士の資格は「国家資格」です。

資格広場は、アマチュア無線技士になるには?アマチュア無線技士なるためには?アマチュア無線技士になりたいを応援しております。

アマチュア無線技士になるために必要な知識・受験資格

1級:無線工学(無線設備の理論、構造及び機能の概要、空中線系等の理論、構造及び機能の概要、無線設備及び空中線系等のための測定機器の理論、構造及び機能の概要、無線設備及び空中線系並びに無線設備及び空中線系等のための測定機器の保守及び運用の概要)。法規(電波法及びこれに基づく命令の概要、国際電気通信連合憲章、国際電気通信連合条約及び国際電気通信連合憲章に規定する無線通信規則の概要) 2級:1級の内容の難易度の低いもの 3級:無線工学(無線設備の理論、構造及び機能の初歩、空中線系等の理論、構造及び機能の初歩、無線設備及び空中線系等のための測定機器の理論、構造及び機能の初歩、無線設備及び空中線系並びに無線設備及び空中線系等のための測定機器の保守及び運用の初歩)。法規(電波法及びこれに基づく命令の簡略な概要、国際電気通信連合憲章、国際電気通信連合条約及び国際電気通信連合憲章に規定する無線通信規則の簡略な概要) 4級:無線工学(無線設備の理論、構造及び機能の初歩、空中線系等の理論、構造及び機能の初歩、無線設備及び空中線系の保守及び運用の初歩)。法規(電波法及びこれに基づく命令の簡略な概要)

アマチュア無線技士の資格は「公益財団法人日本無線協会」が運営管理を行っております。

公益財団法人日本無線協会とは:
無線従事者国家試験および無線従事者に関する講習・訓練を実施する非営利団体です。元総務省所管の機関です。

アマチュア無線技士

アマチュア無線技士ってどんな仕事?(仕事内容など)

1級から4級にわけられており、級により操作範囲が異なります。第一級アマチュア無線技士はアマチュア無線局の無線設備の操作。第二級アマチュア無線技士はアマチュア無線局の空中線電力200W以下の無線設備の操作。第三級アマチュア無線技士はアマチュア無線局の空中線電力50W以下の無線設備で18MHz以上または8MHz以下の周波数の電波を使用するものの操作 (10MHz帯、14MHz帯の運用はできない。)第四級アマチュア無線技士はアマチュア無線局の無線設備で空中線電力10W以下の無線設備で21MHzから30MHzまで又は8MHz以下の周波数を使用するもの、空中線電力20W以下の無線設備で30MHzを超える周波数の電波を使用するものの操作(モールス符号による通信操作を除く)。また、10MHz帯、14MHz帯、18MHz帯および4630kHzを含む全周波数帯のモールス符号による電信の運用はできないです。

アマチュア無線技士資格取得の為の勉強法

国家試験対策としては、一般的に市販の参考書や問題数、過去問題を利用している人が多いと思われます。まず、問題を解き、参考書で調べる方法が有効的と考えられています。その理由としては、本試験の参考書を読破するには時間がかかり、試験は過去問題から類似するのもが多く出題されるからです。また、モールス符号を覚えることは必須になってきます。

アマチュア無線技士の専門学校や通信講座について

準備中です。


アマチュア無線技士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

アマチュア無線技士の資格試験料

平成16年より料金の改定があり、1級:8,900円、2級:7,400円、3級:5,200円、4級:4,950円となります。別途郵送料が必要です。

アマチュア無線技士試験・検定の年間試験回数

1級・2級に関しては、年3回(4・8・12月)本支部所在地で実施されています。3級・4級に関しては、本支部で年4回から14回実施されています。

アマチュア無線技士試験科目等の内容

国家試験を受験する方法と、養成課程講習会を受講する方法の2つの方法があります。 養成校の場合の大まかな授業時間は(標準コースと短縮コースがあります)4級標準:無線工学は4時間、法規は6時間で受講制限はありません。 3級標準:無線工学は6時間、法規は10時間で受講制限はありません。 3級短期:無線工学は2時間、法規は4時間で受講資格は4級資格を所有する(相当する資格者を含む。)。 2級短期:無線工学は29時間、法規は17時間で受講資格は3級資格を所有する。 これらの受講に関しては、集合形式とeラーニングが用いられます。また、受講後には修了試験があります。

アマチュア無線技士資格の難易度

3級・4級に関しては中学校卒業程度、2級は高等学校卒業程度、1級は大学1年から短期大学卒業程度と言われています。

アマチュア無線技士資格の合格率

平成20年~平成28年平均した合格率は1級:40~45%です。2級:40~50%です。3級:75~80%です。4級:65~75%です。 級によって合格率の幅は広がります。

アマチュア無線技士試験の合格発表

試験日から1週間程度でハガキで送られてきます。その後、申請書類を提出後3週間程度で免許が届くようになっています。講習による合格発表はインターネットでも確認できます。


アマチュア無線技士

アマチュア無線技士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

アマチュア無線技士所持者の職業例

1級は、電波法第24条の2に規定する登録検査等事業者等の点検員となることができます(登録検査等事業者等規則第2条第3項により海岸局、航空局、船舶局及び航空機局の点検はできない)。また、1級はアマチュア業務の経歴1年、2アマは同3年によりJARDの3・4アマのアマチュア無線技士養成課程講師になれます。

アマチュア無線技士に向いている人

マチュア無線を趣味で活用している人、業務で必要としている人が取得しています。また、最近ではドローンを使って生業と考えている人は第三級陸上特殊無線技士と併せて第4級アマチュア無線技士の資格と取得しています。

アマチュア無線技士と同じ分野の他の資格

第一級・第二級総合無線通信士、第三級総合無線通信士、第一級・第二級・第四級海上無線通信士、航空無線通信士、第一級・第二級陸上無線技術士

アマチュア無線技士の年収・給料相場

アマチュア無線技能士としての収入は難しいと思われます。アマチュア無線技能士ではなく、アマチュア機器販売店・アマチュア無線設置店などでの販売員としての収入となるので、おおまかな金額は不明です。

アマチュア無線技士の現状

過去にはアマチュア無線技能士として就職ができ、収入を得ることが出来た時期があったようですが、現在では通信網が変わってしまっため、就職としては販売員等として採用が有利であるという傾向にあります。仕事で無線技士として就職を検討するなら、総合無線通信士や陸上無線技術士資格が有利とされています。

アマチュア無線技士の将来性

アマチュア無線技士だけでの資格では就職が限定されてしまうので、収入や就職を視野に入れるのであれば、無線の上級資格を取得することが望ましいと思われます。

アマチュア無線技士の独立について

あまり例はない傾向にあります。

アマチュア無線技士資格を所有している主な著名人

古川 聡(宇宙飛行士)

コメントを残す

*

*