電気工事施工管理技士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-30

電気工事施工管理技士は電気工事の工程管理や監督を行う国家資格で、電気工事業界では上級の資格です。受験資格には実務経験などが必要になり、試験も難易度が高いです。現場の管理・監督をするにあたってある程度のコミュニケーション能力も必要とされています。


電気工事施工管理技士は幅広い年齢層の男女が目指せる、電気工事業界での上位資格資格です。
電気工事施工管理技士資格取得者は他にも電気工事施工管理技士と呼ばれております。
電気工事施工管理技士の資格は「国家資格」です。

資格広場は、電気工事施工管理技士になるには?電気工事施工管理技士なるためには?電気工事施工管理技士になりたいを応援しております。

電気工事施工管理技士になるために必要な知識・受験資格

電気工事施工管理技士は電気工事の工事全体の管理等を行うスペシャリストなので、第一種電気工事士の資格を持っている人以外は、大学や大学院で電気関係を学んだだけでは資格を取ることが出来ず、実務経験が受験資格に必要になりますので、現場の事をよく知っていなければなりません。現場で経験した工事の知識が試験でも取得後も必要になってきます。

電気工事施工管理技士の資格は「一般財団法人建設業振興基金」が運営管理を行っております。

一般財団法人建設業振興基金とは:
建設産業の近代化・合理化を推進し・建設産業の振興を図るために設立された機関です。

電気工事施工管理技士

電気工事施工管理技士ってどんな仕事?(仕事内容など)

電気施工管理技士は、ビルや施設、その他の建物内で行われる電気工事の管理・監督を行う上級管理者の資格で国家資格です。この資格には1級と2級があり、1級の方が上位資格になり請け負える仕事の大きさに違いがあります。電気工事の施工計画を作成したり、工事の工程管理、品質・安全管理が主な仕事になります。発電設備、送電、配電といった施工がきちんと設計図や電気設備図通りに行われているかをチェックする大事な役割です。その他にも、必要資材の調達、電気工事職人や作業員への指示出し、各種書類作成なども行い、職務は多岐にわたります。

電気工事施工管理技士資格取得の為の勉強法

学科試験(一次試験)と実地試験(二次試験)があり、学科試験は選択式の問題なので、機械的な暗記のやり方をしても、合格点に必要な知識を身につける事ができるでしょう。しかし実地試験は自分が経験した工事を基に、問題を答える経験記述が中心になりますので、文章作成の訓練も必要になります。一定のルールに沿って自分で文章を組み立てていかなければいけないので、過去に自分が経験した工事を思い出し、自身で何度も問題と回答を作成してみるのが一番の勉強法です。独学でも合格は可能ですが、「確かに指導してもらいたい」場合は通信教材や講座を受ける方法もあります。

電気工事施工管理技士の専門学校や通信講座について

準備中です。


電気工事施工管理技士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

電気工事施工管理技士の資格試験料

1級の検定受験手数料は学科試験11800円、実地試験も11800円です。2級は学科試験5900円、実地試験5900円です。

電気工事施工管理技士試験・検定の年間試験回数

1級は年に1回学科試験が6月頃、実地試験が10月頃行われます。受験申込から二次試験の合格発表まで約1年かかります。2級は学科試験と実地試験が同日に行われる日が年に1回11月頃、学科試験のみ行われる日が年1回に6月頃行われます。

電気工事施工管理技士試験科目等の内容

電気工事施工管理技士の試験は、学科試験(一次試験)と実地試験(二次試験)があり、1級は学科試験に合格した人だけが実地試験を後日受けることができます。2級は学科試験と実地試験が同日に開催される日を選ぶこともでき、その場合は学科試験が合格点に達していないと実地試験は採点しないまま自動的に不合格となります。試験内容は3科目あり、1.電気工学など 2.施工管理法 3.法規です。 実地試験は施工管理法だけですが、記述式の問題が中心になります。具体的には、自分が関わった工事名、工事場所、電気工事の概要、工期、電気工事での受験者の立場、受験者が担当した業務に回答した上で、工程管理や完全管理で自分が留意した点を問われたり、その理由や実際にとった対策を記述式で答える内容が出題されます。

電気工事施工管理技士資格の難易度

合格率からみて、難易度はやや高いといえるでしょう。また、受験資格を得ることが容易では無いため壁が高いです。

電気工事施工管理技士資格の合格率

近年の1級の学科試験合格率は48%程、実地試験は62%程、2級の学科試験は62%程、実地試験は40%程で全体的にみるとこの試験は50%前後の合格率と言えるでしょう。

電気工事施工管理技士試験の合格発表

受験者に建設業振興基金から本人宛に合否の通知が発送されます。また一部該当される地区で受験した合格者の受験番号が掲示されるので、自分で確認しに行くのも可能です。さらに、一般財団法人建設業振興基金のホームページで全ての地区の合格者番号を閲覧できるようになっているので自宅で確認できます。


電気工事施工管理技士

電気工事施工管理技士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

電気工事施工管理技士所持者の職業例

電気施工管理技士、電気設備工事業

電気工事施工管理技士に向いている人

工事現場では、電気工事の作業員、大工、内装メーカー、建材メーカーなど様々な会社の専門家がそれぞれの仕事を進めていますので、自分から声をかけるなどして、円滑な人間関係を築いていくといったコミュニケーションをとることが必要です。お客様との打ち合わせから始まるこの仕事は、コミュニケーション能力も工事を順調に進める為に必要な技術とされているので、苦にならない人がよいでしょう。

電気工事施工管理技士と同じ分野の他の資格

電気工事士、電気主任技術者、

電気工事施工管理技士の年収・給料相場

電気施工管理技士の平均年収は450万円程といわれていますが、勤務先や経験によりばらつきがあります。1級電気工事施工管理技士の資格をしていれば、間違いなく業界で有利になり、高額なところでは、800万円程で中には1000万円を超えるところも無くはないようです。

電気工事施工管理技士の現状

近年の電気設備は複雑化していますので、高い技術と施工管理能力が求められています。また、光ファイバー網やオール電化住宅など新技術やインフラの登場による急激な変化も起きているため、電気施工管理技士の需要は高まっています。

電気工事施工管理技士の将来性

近年の電気設備は省エネ化や防犯、防災面の強化、管理の自動化などで、これまで以上に高い技術と施工管理能力が求められています。また光ファイバー網やオール電化などの新技術やインフラの登場による急激な変化も起こっているため、今後ますます電気施工管理技士の需要は高まっていくといえるでしょう。

電気工事施工管理技士の独立について

電気工事施工管理技士は独立しても、電気工事が実際に行える資格ではありません。工事現場の施工管理以外の仕事内容は、ビルやマンションの電気設備の定期点検の実施、空調、換気設備の管理等があるので、独立した場合これらの点検作業を専門にして行うことも出来ます。

電気工事施工管理技士資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*