電気主任技術者試験(電験)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-22

公開日:2018-05-30

電気主任技術者とは高電圧の電気設備の設置者が法律上置かなければならない電気保安の為の責任者です。非常に難易度が高い資格ですが、取得すれば仕事が無くなることはありません。高電圧の電気設備を扱う施設はこれからも増え続けていくので、将来性のある資格です。

       

電気主任技術者試験(電験)は幅広い年齢層 現在活躍中の電気主任技術者は高齢化が進んでいますの男女が目指せる、電気設備業界の登竜門の試験資格です。
電気主任技術者試験(電験)資格取得者は他にも電験と呼ばれております。
電気主任技術者試験(電験)の資格は「国家資格」です。

資格広場は、電気主任技術者試験(電験)になるには?電気主任技術者試験(電験)なるためには?電気主任技術者試験(電験)になりたいを応援しております。

電気主任技術者試験(電験)に必要な知識・受験資格

メディパートナーバナー 無料で比較して資料請求  

電気主任技術者の中で最も簡単な第三種でも工業高校の電気科を卒業したレベルの知識が必要です。第一種にもなると、大学の工学部を修了するレベルの知識が必要です。試験には計算する問題が出題されるので高校レベルの理数の基礎学力も必要となります。電気の知識があるものとして、参考書なども作成されているものが多いため、全く電気の知識が無い人が合格するには大変難しい資格です。

電気主任技術者試験(電験)の資格は「一般財団法人電気技術者試験センター」が運営管理を行っております。

一般財団法人電気技術者試験センターとは:
産業大臣の指定を受け、電気事業法においての電気主任技術者及び電気工事士法における電気工事士の国家試験を実施している機関。

電気主任技術者試験(電験)の仕事内容

電気主任技術者試験(電験)

電気設備に関わる人に特に推奨している国家資格です。発電所や変電所、ビル、工場などの受電設備や配線などの、電気設備の保安監督、管理や運用を行える資格です。電気設備の設置者は電気工事法により、電気工作物の工事、維持、運用の保安監督者として電気主任技術者を選任することが法律で義務付けられています。この資格は、第一種から第三種まであり、その違いは取り扱うことができる電圧の大きさにあり、第一種は全ての事業用電気工作物を取り扱うことができます。

電気主任技術者試験(電験)資格の勉強法

電気主任技術者の資格は、経験から身に付けた知識を問われる試験ではなく計算問題が半数以上を占めているので、数学の力がないと合格は難しくなってきます。4科目を科目別に合格する必要があるので(4科目を3年かけて合格すれば良い)、難易度の高いこの試験を3年かけて合格する人もいます。電気主任技術者の場合は過去問題と同じような問題が出題されることはほぼありませんが、出題傾向や難易度を測るためにも、最新のものを購入して繰り返し行うことも有効といえるでしょう。全く知識がない人が挑戦する場合は漫画から入って電気の知識を理解するのもひとつの手です。そのほか、通信教材や講座に通うなどすれば、わからないところがすぐに質問できるので疑問点もすぐに解消できるでしょう。

電気主任技術者試験(電験)の専門学校・通信講座

メディパートナーバナー 無料で比較して資料請求  

電気主任技術者試験(電験)の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

電気主任技術者試験(電験)の資格試験料

第一種と第二種はインターネットによる申込みが12400円。払込取扱票による申込みが12800円。第三種はインターネットによる申し込みが4850円。払込取扱票による申込みが5200円。いずれも新規、科目合格保留者、単位不足科目受験者同額です。

電気主任技術者試験(電験)試験・検定の年間試験回数

各種年に1回ずつ行われています。

電気主任技術者試験(電験)試験科目等の内容

第一種と第二種電気主任技術者試験は一次試験と二次試験があり、一次試験合格者は後日二次試験を受ける事が出来ます。一次試験の試験科目は4科目で理論、電力、機械、法規があり、解答方式はマークシートに記入する多肢選択方式です。二次試験は2科目で電力・管理、機械・制御があり、解答方式は記述方式です。一次試験は科目ごとに合否が決定されるので、4科目全て合格すると一次試験の合格となります。一部の科目だけ合格すると、科目合格となり翌年と翌々年の試験では該当する科目の試験が免除になります。一次試験に合格した年に二次試験が不合格の場合には、翌年の一時試験が免除になります。第三種は一次試験のみで、第一種と第二種と同様の科目が4科目あります。出題形式はマークシートに記入する五肢択一方式です。こちらも科目ごとに合否が決定されるので、4科目全て合格すると第三種電気主任技術者試験の合格となります。科目合格者は翌年と翌々年の該当する科目の試験が免除されます。全種の試験では四則演算、開平計算を行うための電卓を使用することが出来ます。複雑な機能(多機能)のついた電卓の使用は不正行為となり使用できません。例えば数式が記憶できる電卓、関数電卓、印字機能付きの電卓等です。使用中に音を発することは出来ません。なお、試験問題によっては開平計算が必要になりますので開平機能付きの電卓を使用して下さい。貸与はありませんの自身で準備する必要があります。

電気主任技術者試験(電験)資格の難易度

合格率が低く、非常に難しい試験と言えます。

電気主任技術者試験(電験)資格の合格率

第三種の合格率は著しく合格率が減少した年もありましたが、合格率は10%前後です。第二種は一次試験の合格率が15~20%で二次試験の合格率は10~12%ですが一次と二次を合わせると合格率3%を下回るという難しい試験です。第一種は一次試験の合格率は15~20%で、二次試験の合格率は7~15%です。一次と二次を合わせると合格率2%を下回り更に難しい試験になっています。

電気主任技術者試験(電験)試験の合格発表

全種の一次試験試験から約1ヶ月半後の合格発表日に、又一種と二種の二次試験から約1ヶ月半後の合格発表日に合否の通知書を発送。ホームページで発表日から1ヶ月間合格者の受験番号を検索出来ます。

電気主任技術者試験(電験)資格取得後の就職先・年収・報酬相場

電気主任技術者試験(電験)

電気主任技術者試験(電験)所持者の職業例

電気設備工事業

電気主任技術者試験(電験)に向いている人

電気の扱いが好きな人が大前提で大型設備を扱うことに興味がある人、他にも電気は取り扱い次第では大きな事故にもつながりかねないので、注意を払って仕事に取り組める人や、慎重さや責任感をもったひとに向いています。また現状を適切に判断する力や指導力のある人も向いているといえます。

電気主任技術者試験(電験)と同じ分野の他の資格

電気工事士、電気工事施工管理技士

電気主任技術者試験(電験)の年収・給料相場

電気主任技術者の相場は400万~500万円ですが、独立すると600万円くらいにもなります。企業で働く場合はこの資格があるだけで資格手当が期待できます。

電気主任技術者試験(電験)の現状

電気は生活になくてはならないような社会体制になっています。一定の電圧であれば電気主任技術者の資格を持つ人を選任することが法律で義務付けられていますので、この仕事が無くなることはまずないといえます。電気主任技術者の高齢化が進んでいるので若い人でこの資格を持っている人は重宝されます。高電圧の施設が増えていく中で、この資格を持つ人の数が足りていないのが現状です。また転職に大変有利で、50歳を過ぎても転職がそれぼど難しくありません。身に付けたスキルは転職のときに高く評価されやすいので転職することで給料アップに繋がることもあります。

電気主任技術者試験(電験)の将来性

高電圧の電気設備を扱う施設はこれからも増えていく一方で、電気主任技術者の人数が足りていないのでニーズが大きく将来性が高い資格になっています。転職にも有利で50歳を過ぎてからさらに高い給料で転職する人もいます。電気主任技術者の資格は一生仕事に困らない資格といえます。

電気主任技術者試験(電験)の独立について

独立の条件に第一種は3年、第二種は4年、第三種は5年の実務経験が必要で、試験に合格しただけでは独立することは出来ません。その他にも、経産省から「保安管理業務外部委託承認」を得ていることも条件です。この承認を受けるには実務経験を含めて資格要件を確認するために非常に厳しい面接が行われるため、クリアするために2~3回面接を受ける人もいます。

電気主任技術者試験(電験)資格を所有している主な著名人

メディパートナーバナー 無料で比較して資料請求  

該当なし

コメント・口コミ・体験談

  1. taretaru より:

    この国家資格の取得方法は2パターンあります。第1は難関の学科4科目を全て合格することです。これはかなり困難ですので自分は第2の方法で取得出来ました。それは学科免除になる認定された専門学校で2年間勉強をして卒業する事です。そうすると残りは自分自身が仕事で業務管理している電気設備での経験を書類として作成して私の場合は埼玉にある経済産業省監督の関東経済産業局の担当官に書類を提出してその場で複数回面接を受ける必要があります。担当官によって違いますが余程のミスをしない限り2、3回面接すれば書類を受領してくれて資格が取得出来ます。取得後昇進出来たり高額な資格手当が支給されて現在も新しいビルが建設され続けていてそのビルには電気設備があり規模にもよりますが第3種電気主任技術者が必要となるので仕事には困らない思います。
    (taretaru/神奈川県在住/40代/男性)

コメントを残す

*

*