3次元CADアドミニストレーター認定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-30

CAD 実務キャリア認定制度は、CAD利用に関する技術・技能の成果を認定する試験です。3次元CADトレーサー認定試験、3次元CADアドミニストレーター認定試験、CADアドミニストレーター認定試験の3つの部門があり、3次元CADアドミニストレーター認定試験は、そのひとつです。CADオペレーターは専門職ですが、企業の規模によって定義が違ってきます。


3次元CADアドミニストレーター認定試験は年齢制限はありませんの男女が目指せる、ものづくりに関わる仕事です。資格です。
3次元CADアドミニストレーター認定試験資格取得者は他にも3次元CADアドミニストレーター認定試験と呼ばれております。
3次元CADアドミニストレーター認定試験の資格は「民間資格」です。

資格広場は、3次元CADアドミニストレーター認定試験になるには?3次元CADアドミニストレーター認定試験なるためには?3次元CADアドミニストレーター認定試験になりたいを応援しております。

3次元CADアドミニストレーター認定試験になるために必要な知識・受験資格

試験実施における環境条件として、インターネットに接続できる環境が必要です。CAD利用においての実務的な技術などが認定される資格であるので、主に実務者が対象となっています。試験に合格するためには、3Dモデリングの技能や、簡単な組み立て技能などが必要となります。

3次元CADアドミニストレーター認定試験の資格は「NPO法人日本学び協会・NPO法人コンピュータキャリア教育振興会」が運営管理を行っております。

NPO法人日本学び協会・NPO法人コンピュータキャリア教育振興会とは:
NPO法人日本学び協会:特定非営利活動法人 日本パソコン指導者協会は、パソコンを通じて高度情報化社会をリードする指導者を育成することを目的として設立されました。分野を特定しない広い範囲での指導者の方々や、学習されている方々の参加を呼び掛けることになり、「特定非営利活動法人 日本パソコン指導者協会」 は、「NPO法人日本学び協会」 に名称を変更になりました。日本学び協会と名称を変更することで、就労のために学ぶ人たちに向けた、ICTを含めた就労支援事業の活動を始めました。最近では、時に ニート・引きこもり・フリーター・障がい者等の就労が困難な状態にある人々に対して、地域に根差した、まごころのこもった就労支援等に関する事業を行い、人々が健やかに暮らせる地域社会づくりと福祉の増進に寄与することを目的として活動しています。

3次元CADアドミニストレーター認定試験

3次元CADアドミニストレーター認定試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

3次元CADアドミニストレーター認定試験は、分野における専門的な設計技術等に関係なく、2次元CADの機能を十分に駆使し、課題をCADソフトを利用して作図、完成させるスキルを判定・認定する試験です。建築事務所でのオペレーターの仕事や、設計図面の作成のサポートなど、実務に通じるレベルのスキルを身につけるには最適な資格です。

3次元CADアドミニストレーター認定試験資格取得の為の勉強法

独学、もしくはスクールに通います。CADの知識がない方は一般的にはCAD実務キャリア認定制度を取り入れているパソコン教室などで学習することになります。1年以上の実務経験を持つ方の実力をはかるような試験ですので、上級であれば実務と試験の乖離がないように確認を行っておけば問題はありません。

3次元CADアドミニストレーター認定試験の専門学校や通信講座について

準備中です。


3次元CADアドミニストレーター認定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

3次元CADアドミニストレーター認定試験の資格試験料

3次元CADアドミニストレーターは10,300円です。また、学生割引があり、こちらは6,200円となっています。

3次元CADアドミニストレーター認定試験試験・検定の年間試験回数

NPO法人日本学び協会では年に1回のようです。

3次元CADアドミニストレーター認定試験試験科目等の内容

事前課題の作成・データ保存を行い、試験当日、事前課題に対し付加される課題内容が実施されます。試験で使用したCADのデータ形式と2次元化した図面の中間ファイル(DXF)形式の2種類を提出します。3Dモデリング知識および技能、簡単な部品組み立て技能(アッセンブル技能)、2次元化技能。3次元CADについての基礎知識と、3次元CADの機能、モデリング手法、データ管理などの知識が問われます。

3次元CADアドミニストレーター認定試験資格の難易度

難易度はそこまで高くないとされていますが、油断すると不合格になってしまう恐れもあります。

3次元CADアドミニストレーター認定試験資格の合格率

合格率は45%~50%程度とされていますが、詳細は分かっていません。

3次元CADアドミニストレーター認定試験試験の合格発表

試験日からおよそ2か月から3か月後となります。

国家資格バナー

PR



3次元CADアドミニストレーター認定試験

3次元CADアドミニストレーター認定試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

3次元CADアドミニストレーター認定試験所持者の職業例

企業の設計部門やデザイン会社など幅広く活躍できます。建築士、機械製造、住宅メーカー、服飾デザイナーなどです。

3次元CADアドミニストレーター認定試験に向いている人

モノつくりを行いたい方などはより正確に図面を製作するためにはCADは必要となってきます。空間把握能力がある方はパソコンの画面で3D図面に対応できるような人です。また、建築関係での仕事が多く、現場では日中は現場の管理、打ち合わせ、作業が終了してからは工程管理、資材管理、明日の打ち合わせ等々で現場代理人、担当者は図面をCADで直すなど細かな仕事が必要になっているようです。また、指示されたことを確実に達成することが重要ですので、周りとのコミュニケーションがしっかり取れる人が向いていると思います。

3次元CADアドミニストレーター認定試験と同じ分野の他の資格

建築士・建築施工管理技士・建築設備士・インテリア設計士・インテリアコーディネーター・インテリアプランナー・福祉住環境コーディネーター検定測量士・土木施工管理技士・管工事施工管理技士・造園施工管理技士・造園技能士・土地家屋調査士・トレース技能検定CAD利用技術者・非破壊検査技術者・2級造園施工管理技士・3次元CADトレーサー・3次元CAD利用技術者・CADトレース技士・CAD実務キャリア認定試験・DIYアドバイザ・VectorWorks操作技能マスター・認定試験エクステリアプランナー・コンクリート技士・コンクリート主任技士・ 屋上緑化コーディネーター ・ダム管理主任技術者・ダム水路主任技術者・建築CAD検定試験

3次元CADアドミニストレーター認定試験の年収・給料相場

CADデザイナー、オペレーターの平均年収は300万円~400万円ですが、3Dなどより難易度の高いCADを使用できることで年収は増加する可能性があります。

3次元CADアドミニストレーター認定試験の現状

図面製作を行っていくうえでCADの使用は当たり前となっています。CADに対しては国家資格がないため公的資格と民間資格となります。CAD実務キャリア認定制度は民間資格でありまだまだ認知度の低い資格です。上級試験でもある3次元CADトレーサー認定試験を取得できればある程度のCADの技術を認められます。

3次元CADアドミニストレーター認定試験の将来性

CAD実務キャリア認定制度の資格を取得することで自身のCADに対する実力をはかることが可能です。難易度が高い3次元を取得しておけば仕事の幅も広がるでります。CADを使用する現場では使用できて当たり前となりつつありますので、資格取得だけで満足せず、今後も仕事のレベルを上げることが必要になります。

3次元CADアドミニストレーター認定試験の独立について

CADを使用し独立をすることは可能ですがなかなか困難かもしれません。CADを使用できる方は非常に多く存在しており、外注としてCADでの製作を依頼する企業は徐々に減少してきています。またCADのソフト自体も安くなっていることもあり、特別な技術職としての役割が減少してきているので受注単価も安く大きく稼ぐことが大変かもしれません。

3次元CADアドミニストレーター認定試験資格を所有している主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*