CATV工事技能者

2011年7月の放送の完全デジタル化、通信放送サービスの高度化、安全・信頼性を規定する新放送法の公布等を踏まえ、従来の資格制度を見直し、平成23年度から「CATV技術者資格制度」として新たにスタートすることになり、従来のCATV工事技能者から新システムに変更になっています。新資格に関しては、CATVエキスパート、第2級CATV技術者があり、これらには第1級CATV技術者、CATV総合監理技術者という上位資格も存在する。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CATV工事技能者は幅広い年齢層の男女が目指せる、業務に従事するのに有利資格です。
CATV工事技能者資格取得者は他にも第2級CATV技術者と呼ばれております。
CATV工事技能者の資格は「民間資格」です。

sponsored link

資格広場は、CATV工事技能者になるには?CATV工事技能者なるためには?CATV工事技能者になりたいを応援しております。

CATV工事技能者になるために必要な知識・受験資格

新システムにおける資格に関して、CATVエキスパートには、法規科目及び各専門科目(受信調査、施工、システム、ブロードバンド)、第2級CATV技術者は法規科目及び技術科目の勉強が必要になります。

CATV工事技能者の資格は「一般社団法人日本CATV技術協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人日本CATV技術協会とは:
昭和50年7月に郵政大臣(現総務大臣)の許可を得て社団法人として設立され、平成25年4月から一般社団法人となる。CATV施設の設計、製造、施工、維持管理を行う企業等の会員から成りたつ。

CATV工事技能者

CATV工事技能者ってどんな仕事?(仕事内容など)

CATV工事技能者とは、有線テレビに関する業務の実地監督を行うスペシャリストになるための資格です。しかしながら、時代の多様性や進歩、運営状況の関係で、現在では廃止されてます。改正では、従来の第1級有線テレビジョン放送技術者資格を専門分野別のCATVエキスパートとするとともに、所要のエキスパート資格を満たした者を第1級CATV技術者、CATV総合監理技術者としています。また第2級CATV技術者については、デジタル時代のCATVに関する基本的技術知識を有する資格としています。

CATV工事技能者資格取得の為の勉強法

CATV工事技能者では受験資格に実務経験が必要でした。2級は1年以上の実務経験が必要、1級は3年以上の実務経験が必要などの制限ありました。1級、2級ともに、実務経験のない者には予備試験という制度がありました。現行資格のCATVエキスパート資格は「法規」とその他4科目で構成されており、法規とそれ以外1科目に合格することで「CATVエキスパート資格」が、法規とその他3科目(「ブロードバンド」以外)で「第1級CATV技術者」の資格が、全科目合格で「CATV総合監理技術者」の資格が取得できます。CATVエキスパートの「法規」は講習を受ける必要がありますが、その他の科目は試験のみ受けることができます。第2級CATV技術者の2科目はいずれも講習が必要です。

CATV工事技能者の専門学校や通信講座について

準備中です。

sponsored link

CATV工事技能者の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

CATV工事技能者の資格試験料

2級は33,600円(受講料込み1科目8400円)1級は39,900円(受講料込み1科目9975円)テキスト代は別途必要でした。 現行資格に関してCATVエキスパート(講習&試験) CATVエキスパート(1資格)19,656、CATVエキスパート(2資格同時)26,244、CATVエキスパート(3資格同時)32,832、CATVエキスパート(4資格同時)39,420第2級CATV技術者19,656 となります。 これらは税込み料金となり、課題レポート、テキスト代、技術者証・事務手数料が含まれます。

CATV工事技能者試験・検定の年間試験回数

現行の対応資格に関して、CATVエキスパートの講習会及び試験は、各地区(8か所予定)で開催。第2級CATV技術者の講習・試験は、各地区(8か所)で開催予定。CATVエキスパート、第2級CATV技術者試験は年1回です。法規科目についてはCATVエキスパート、第2級CATV技術者共通の科目ですので、試験時期(年2回)はどちらでも受験可能。CATVエキスパート試験実施時期に関して、講習・試験申込受付11月頃、講習は1月~2月頃、試験は2月頃です。第2級CATV技術者試験実施時期に関しては講習・試験申込受付は5月頃、講習・試験は7月~8月頃です。

PR

CATV工事技能者試験科目等の内容

講習を受講して、その後の修了考査に合格するとCATV技術者となることができます。(80%以上の講習に出席し、修了試験において60%以上の得点が必要となります。)試験科目には施工・保守、技術、調査、関連法規等があります。 現行資格のCATVエキスパート資格に関しては、法規と、受信調査・施工・システム・ブロードバンドのうち1科目合格。第2級CATV技術者は法規・技術の2科目合格。こちらも講習と筆記試験になります。

CATV工事技能者資格の難易度

基本的に講習制度が設けられいるので、講習での理解度により合格率は上がると思われます。難易度としては低いと思われます。

CATV工事技能者資格の合格率

非公開となっています。

CATV工事技能者試験の合格発表

CATVエキスパートは3月下旬ごろ に合格発表があります。第2級CATV技術者は9月下旬ごろに合格発表があります。

リクルートが運営する、「スタディサプリ進路」。ただいま図書カードを全員にもらえる超お得なキャンぺーンを実施中です!

資格の専門学校や大学の無料パンフレット・願書などをまとめて10校以上請求するだけで、 高校生なら誰でも全員に1000円分の図書カードがプレゼントされます!!!

気になる専門学校の資料を請求して、自分にあった資格を見つけましょう!

↓ スタディサプリ進路で資料請求する ↓ スタディサプリ資料請求 【 資格・専門学校請求キャンペーンページへ 】

CATV工事技能者

CATV工事技能者資格取得後の就職先・年収・報酬相場

CATV工事技能者所持者の職業例

電気工事会社などで活躍

CATV工事技能者に向いている人

電気工事業務に従事しており、CATVに関する技術や知識の向上を目的とし、より広域な業務に携わりたいと考える人材が求められます。

CATV工事技能者と同じ分野の他の資格

情報ネットワーク施工プロフェッショナル資格(iNIP資格)、CATVエキスパート、第2級CATV技術者、CATV総合監理技術者資格、第1級CATV技術者資格

CATV工事技能者の年収・給料相場

資格の種類により年収300~800万円と幅広く求人募集かでている。上位資格の場合500万~可能。

CATV工事技能者の現状

ケーブルテレビ工事技能者資格認定事業は、全ての資格保有者の資格有効期間が満了する平成23年度をもって廃止されています。またこの制度に基づく講習・試験の実施及び資格更新業務は、平成18年度末で終了しています。事業廃止に伴い、資格保有者に配慮して、2つの措置が講じられています。①資格保有者には、従来の技能者証に加えて、当協会の「ケーブルテレビ工事技能者資格認定試験」に合格し、資格を取得した事実を証する「資格取得証明書」を平成19年度に発行。②「NPO法人高度情報通信推進協議会(ICPC)」が認定する「情報ネットワーク施工プロフェッショナル資格(iNIP資格)」の「Bronze資格」又は「Silver資格」を、資格保有者が容易に取得できるよう協会が希望者に対し、ICPCに斡旋する。「iNIP Bronze資格」の斡旋は、平成18年度に2回と平成19年度に2回実施されました。「iNIP Silver資格」の斡旋は、平成19年度に1回実施されました。その後のCATV技術の資格としては、CATVエキスパート、第2級CATV技術者等があります。

CATV工事技能者の将来性

CATV工事技能者の資格はすでに廃止されおり、CATVエキスパートや第2級CATV技術者という資格に移行されています。CATV工事技能者では、現代の発展しているデジタルシステムにに対応することは困難となっており、CATVエキスパートや第2級CATV技術者の資格取得が推奨されています。また、これらの資格には上位資格も存在しており、キャリアアップを目指すのであれば必要性は高いと思われます。これらの資格に関しては有効期間が設けられており、継続的な学習やレポート提出が求められます。

CATV工事技能者の独立について

この資格のみで独立することよりも、電気設備工事全般で起業することが多いです。

CATV工事技能者資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*