Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.06.04

Microsoft accessを用いてビジネス社会における高度なデータベース処理を行うことができ、同時にパソコン、データベース、ビジネス帳票に関する高度な実用的・実践的技能を駆使して業務処理を効率化することができることを証明する資格です。基礎的な「テーブル」「クエリ」「フォーム」「レポート」に関する知識や使い方の技能はもちろん、各レコードの操作方法も覚えていて当然です。現在は、2003バージョンからの各バージョンで4種類の試験が実施されており、後に2016試験も開始予定です。パソコンの資格は新しい方が価値が高いので、就職・転職にも有利になる資格です。


Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験は年齢制限はありませんの男女が目指せる、Accessを用いてビジネス社会における高度なデータベース処理を行うことができる資格です。
Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験資格取得者は他にもAccess(R)ビジネスデータベース技能認定試験と呼ばれております。
Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験の資格は「民間資格」です。

資格広場は、Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験になるには?Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験なるためには?Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験になりたいを応援しております。

Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験になるために必要な知識・受験資格

1級では、Microsoft Access?を用いてビジネス社会における高度なデータベース処理を行うことができ、同時にパソコン、データベース、ビジネス帳票に関する高度な実践的技能を駆使して業務処理を効率化することが必要です。2級では、Microsoft Access?を用いてビジネス社会における通常のデータベース処理を行うことができ、同時にパソコンとデータベースに関する実践的な技能を有していなければいけません。3級では、Microsoft Access?を用いてビジネス社会における簡単なデータベースを作成することができ、同時にパソコンとデータベースに関する基礎的な技能を有していなければいけません。

Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験の資格は「株式会社サーティファイ 認定試験事務局」が運営管理を行っております。

株式会社サーティファイ 認定試験事務局とは:
株式会社サーティファイ情報処理能力認定委員会(旧日本情報処理教育普及協会)は、1983年に設立され、2018年で35年目を迎える、IT、プログラミング、Web、コミュニケーション、著作権、コンプライアンス等。高度化、専門化する知識・技術を資格化し、全60級種のレベル別に到達知識と技能の資格認定試験を行っています。

Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験

Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

Microsoft Accessを活用したデータベースのシステム構築技能と、データベースに関するビジネス実務能力を認定します。Accessは製品・売上管理や住所録など、ビジネスの場で用いられることが多く、様々な職種でスキルや知識を活かすことができます。

Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験資格取得の為の勉強法

Microsoft Accessを用いてビジネス社会における高度なデータベース処理を行うことができ、同時にパソコン、データベース、ビジネス帳票に関する高度な実用的・実践的技能を駆使して業務処理を効率化することができることを証明する資格ですので、基礎的な「テーブル」「クエリ」「フォーム」「レポート」に関する知識や使い方の技能はもちろん、各レコードの操作方法も覚えておかなければいけません。独学以外には、スクールに通い、対策を行うのが一般的なようです。

Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験の専門学校や通信講座について

準備中です。


Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験の資格試験料

Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験は1級、2級、3級とあり、1級は 7,900円、2級は 6,800円、3級は 5,800円(各税込)となっています。

Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験試験・検定の年間試験回数

試験会場により異なりますが、随時行われているようです。

Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験試験科目等の内容

試験の出題範囲は、概要作業環境(基礎知識、Accessの画面要素の名称と役割。環境の設定と変更)、データベース(データベースの知識、作成、操作・データベースオブジェクト・セキュリティと管理)、テーブル(テーブルの作成、操作・テーブルのビュー・フィールド・主キーとインデックス・フィールドプロパティ・テーブルプロパティ・インポートとエクスポート)、データ(データの入力、検索と並べ替え・フィルター・データシートの応用)、クエリ(クエリの作成、操作、ビュー、プロパティ、種類と機能・デザインビューでのフィールドの設定・複数テーブルを基にしたクエリ)、リレーションシップ(リレーションシップの作成・詳細)、フォーム(フォームの作成、操作、ビュー、デザイン、応用)、レポート(レポートの作成、操作、ビュー、デザイン・ページ設定・レポートの応用)、フォームとレポートのセクション(セクションの表示・設定)、コントロール(コントロールの配置、種類、設定)、マクロ(マクロの作成、実行・アクション・高度なマクロ)、式(式の作成・演算子・関数)となります。

Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験資格の難易度

最も難易度の高いAccessビジネスデータベース技能認定試験1級の問題は、2級の範囲に、高度なマクロやセキュリティ管理機能、などの項目が入り、より実用的・実践的なパソコン操作ができることが必要です。Accessビジネスデータベース技能認定試験1級に合格するための学習時間は、独学でおおよそ3級(39時間)+2級(28時間)+24時間の計91時間ですので、合格までにはかなりの時間がかかることが予想され、パソコン操作に不安がある方は、さらに時間がかかってしまいます。

Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験資格の合格率

合格率は76.9%です。

Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験試験の合格発表

各試験会場より、試験後1ヵ月を目途に会場指定の方法で届けられます。

国家資格バナー

PR



Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験

Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験所持者の職業例

一般事務・営業事務・貿易事務・旅行、空港事務・特許事務・編集事務・経理事務・OA事務・秘書業務などの事務職

Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験に向いている人

Microsoft Accessに精通した人、パソコンとデータベースに関する基礎的な技能を有していなければいけません。

Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験と同じ分野の他の資格

Excel計算処理技能認定試験・Word文書処理技能認定試験・パワーポイント・VBAエキスパート・MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)・パソコン検定試験・基本情報技術者・ITパスポート

Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験の年収・給料相場

DUDAによる平均年収は、貿易事務で322万円・営業事務で309万円・一般事務で293万円・医療事務で254万円ほどとなっています。

Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験の現状

ExcelやWordに比べれば汎用的ではありませんが、データベースを扱う職場では有利に働く資格です。Accessは製品・売上管理や住所録など、ビジネスの場で用いられることが多く、様々な職種でスキルや知識を活かすことができます。

Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験の将来性

就職・転職サイトやハローワークの求人票で多くの企業が「Officeが使える方」を募集していますが、これは「単純にOffice操作を知っている方」を募集しているのではなく「Officeを使いこなしてスピーディーに品質の高い成果物を作成できる方」を求めているのです。コマンド名や機能だけの知識を身につけたところで、実際の業務では活用できない場合が多くあります。データベースとAccessに関する基礎知識を問う「知識問題」に加え、実際にデータベースを作成し、テーブルへデータのインポートを行い、クエリ、リレーションシップ、フォーム、レポートの作成やコントロールの設定技能があれば、「知っている」ことではなく「使いこなせる」実践的な能力評価をうけることが出来ます。

Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験の独立について

この資格だけでは独立は難しいでしょう。

Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験資格を所有している主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*