企業・経営系資格一覧

   

 

【人気な企業、経営系資格】
クリックすると資格、職業の詳細ページに移動できます。
↓クリックで開閉できます。


公認会計士や宅建士などの、企業・経営系の資格を説明しています。
こちらでは「企業・経営系資格」について紹介しています。
学生から根強い人気のある「公認会計士」や、国家資格の中でもトップレベルの人気を誇る「宅地建物取引士(宅建士)」、資産運用の資格「ファイナンシャル・プランニング技能検定(ファイナンシャル・プランナー)」。
企業にとっては欠かせない存在となる資格がほとんどであり、言わずと知れた人気資格です。
その分競争率も激しいですが、給料が安定していることでも有名です。
各ページでは、資格の取り方・競争率・合格率・試験詳細・主な仕事内容について説明していきます。
現役学生の方も、社会人でこれから挑戦の方も、ぜひ参考にしてください。

 

プレゼンテーション実務士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

プレゼンテーション実務士は、一般社団法人全国大学実務教育協会に加盟する大学や専門学校へ通い、規定の教育課程を履修することで取得できる資格です。資格取得後は、一般事務や販売、営業、通信販売業務、客室乗務員として社会で活躍しています。

VEリーダー認定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

同じ価格なら高機能に、同じ機能なら低価格で―。一見、簡単で当たり前のことに思えますが、それを実現させるためには問題点を見つけ、情報を集め、解決策を考え、プレゼンするなど、多くのビジネススキルが必要になってきます。そんな能力を身につけた人に授与される資格が「VEリーダー」なのです。

BMC広告マスター資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

BMC広告マスターとは、BtoB広告協会がBtoB広告分野における日本唯一の民間資格です。これからの時代にふさわしい実態を持った資格に育てるとともに、BtoB広告関連の業務に携わる人材を育成し、その知識、能力、技術の向上を図ろうとするもので、過去13回の認定試験において262名の資格取得者が誕生しています。

米国公認会計士(CPA)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アメリカの会計士の資格で、試験は英語、試験地もアメリカになります。日本でも手続きをすれば受験可能です。日本の会計士よりは年間の受験回数が多く、内容も基本的なものが多いそうですが英語の能力が問われるので難易度は高いといわれます。資格取得後は転職やキャリアアップにとても有利となり、新卒に関しては就職に大きく有利といえます。受験者数の多くは社会人で、働きながらの勉強となり取得困難な資格にはなりますが、外資系企業へ就職した場合の給与は大きく見込めると思われます。

電卓技能検定資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

電卓技能検定とは、電卓の通常の計算及び定数、GTキー、メモリーキーなどの機能を正しく効率的に使用する能力を検定する民間資格です。この資格だけでは就職は難しいです。

文書処理能力検定資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

文書処理能力検定とは、ワープロ技能や表計算技能(入力の正確さ、スピード)及び国語力・技術常識などの一般知識を認定する民間資格です。試験は、ワープロ部門と表計算部門があります。この資格を取得しても直接就職につながるわけではありません。

電卓・ポケコン技能検定資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

電卓・ポケコン技能検定とは、電卓やポケコン(ポケットコンピュータ)を使いこなす技能を証明する民間資格です。合格率が70%とやや高いため、比較的簡単に試験に合格できる資格です。この資格を取得すると、履歴書に記載することができるので就職や転職に有利になる資格といわれています。

消費生活専門相談員資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

消費生活相談員は、国家資格等に合格し、1人1人のケースが奥深く、消費に関する法律は改正が多く、幅広いジャンルのサービスや商品への知識が必須で、事業者の中には悪質な業者も多く、交渉するには高いコミュニケーション能力や経験が必要という高度な仕事です。 勤務条件が悪くとも、消費生活相談員の方々が前向きに頑張っておられるのは、困っている消費者とともに闘い、 安心・安全な社会に貢献する大変やりがいのある仕事だからでしょう。

消費生活アドバイザー資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

消費生活アドバイザーは、企業や行政機関の消費者相談部門などで、消費者の声を企業活動や行政に反映させたり、消費者からの相談に対して適切なアドバイスを行ったりするスペシャリストです。 消費者と企業または行政機関等との“かけ橋”として、広く産業界への貢献が期待されています。

ビジネス文書検定資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

ビジネス文書には、一定の型や特有の言葉遣いなどがあり、ビジネスシーンにおいて正確・迅速な文書の 作成が求められます。また、ビジネス文書の能力である、ビジネス的な文章・文書用語・様式や関連知識、 書写などの知識技能は、事務処理のためには欠かせない基礎能力であり、幅広い分野の職種で必要 とされています。検定試験では、ビジネス文書について一定の知識技能が問われます。

1 / 612345...最後 »