ファイナンシャル・プランニング技能検定

ファイナンシャルプランナーは個人が生活していくうえで経済面の補助をする役目や資金繰りの計画を手助けする仕事です。ファイナンシャル・プランニング技能検定ではファイナンシャルプランで必要な知識や実技能力が問われます。この資格は資産運用に関する国家資格となっています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイナンシャル・プランニング技能検定は幅広い年齢層の男女が目指せる、資産運用のお手伝いをする資格です。
ファイナンシャル・プランニング技能検定は他にもFPと呼ばれております。

ファイナンシャル・プランニング技能検定は「国家資格」です。

sponsored link

ファイナンシャル・プランニング技能検定取得のために必要な知識・受験資格

ファイナンシャルプランナー2級と1級には受験資格があります。2級はFP技能検定の3級に合格していること、FP業務に2年以上の実務経験がある、または金融渉外技能審査3級合格者であること、日本FP教会が認定するAFP認定研修を修了していることのいずれかい該当している事です。1級では 金融財政事情研究会の学科試験の合格者であること、日本FP協会のCFPの6課目すべてに合格していることのいずれかに該当していることが受験資格となります。

ファイナンシャル・プランニング技能検定は「一般社団法人金融財政事情研究会」が運営管理を行っております。

一般社団法人金融財政事情研究会とは:
一般社団法人金融財政事情研究会はファイナンシャル・プランニング技能検定などの様々な金融系の試験を実施している団体です。

ファイナンシャル・プランニング技能検定

ファイナンシャル・プランニング技能検定ってどんな資格?

ファイナンシャルプランナーとは、個人が生活していく上で経済面の補助をする役目をしたり、また「資金繰りの計画を作る」手助けあるいはアドバイスをしてくれる人です。相談者の目標や夢を確認し、実現可能かどうかを様々な面から考えその人にあったライフプランを提供します。そのため、ファイナンシャルプランナーには生命保険や税金、住宅ローンなどといった幅広い知識が必要となります。

ファイナンシャル・プランニング技能検定取得の為の勉強法

試験はマーク方式と実技試験となります。3級に関しては基礎問題の出題となりますので、問題集と過去問のやり込みで十分対応できます。2級に関しては出題される問題の傾向がある程度決まっているため、的を絞った勉強をすることで合格へグッと近づきます。1級に関してもとにかく数多くの過去問を解くことが重要となります。

ファイナンシャル・プランニング技能検定の専門学校や通信講座について

準備中です。

sponsored link

ファイナンシャル・プランニング技能検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ファイナンシャル・プランニング技能検定の試験料

学科試験と実技試験とで別で試験料がかかります。3級の場合学科・実技ともに3,000円、2級の場合学科は4,200円実技は4,500円、1級の場合学科は8,900円実技15,000円と階級が上がるとともに金額も上がっていきます。

ファイナンシャル・プランニング技能検定の年間試験回数

日本FP協会の試験は3級と2級は年に3回、1月と5月と9月に行われています。1級に関しては年に1回9月に行われています。

ファイナンシャル・プランニング技能検定試験科目等の内容

ファイナンシャルプランナーの筆記試験では、総合的な金融知識をもとに、顧客のライフスタイルや経済環境を把握する力を身につけるよう、6分野に渡り出題されます。実技試験は資産設計提案業務という括りの中から出題されます。実技といっても、計算問題や〇✖問題などが中心の為、問題演習や過去問題で対応が可能でしょう。

PR

ファイナンシャル・プランニング技能検定の難易度

解答方法は受験する級によって違い、3級の場合は学科・実技ともにマークシート式、2級の場合は学科はマークシート式で実技は記述式、1級は実技のみで記述式となります。3級は基礎問題となるので難易度は低めとなります。2級と1級は応用問題となりますので難易度は上がりますがしっかりと勉強を行えば取れる資格です。

ファイナンシャル・プランニング技能検定の合格率

ファイナンシャルプランナーの合格率は比較的高く、非常に取りやすい資格となります。最新の結果から見ると、3級では学科76.5%実技84.9%、2級では学科38.9%実技58.6%、1級では学科12.7%実技96.5%となっています。

ファイナンシャル・プランニング技能検定の合格発表

ファイナンシャルプランナーの合格発表方法は2通りあります。ひとつ目は郵送される結果通知を待つ方法です。ふたつ目は日本FP協会ホームページにて見る方法です。合格発表当日の午前10時より見ることができます。

sponsored link

ファイナンシャル・プランニング技能検定

ファイナンシャル・プランニング技能検定取得後の就職先・報酬相場

ファイナンシャル・プランニング技能検定所持者の職業例

ファイナンシャルプランナー、ライフプランナー

ファイナンシャル・プランニング技能検定の取得に向いている人

その人にあったライフプランやマネープランを的確に答えなければならないため、自分の意見をしっかり持ち、堂々とした態度で責任を持って相談に応じることが出来る人が向いていると言えるでしょう。また、数字を扱うことや生活に関する情報を踏まえて提案することが多いので(税金や年金、不動産など)数字に強い人であること、幅広い知識を持っている事もまた向いていると言えるひとつの条件です。

ファイナンシャル・プランニング技能検定と同じ分野の他の資格

税理士、証券外務員2種、住宅ローンアドバイザー、宅地建物取引士

ファイナンシャル・プランニング技能検定の給料相場

ファイナンシャルプランナーの年収は平均で300万円~400万円、月収では15万~25万と言わていますが、働く業種によって大きく異なります。経験を積むことで並行して給料も上がっていくことが多く、長く勤務すればそれだけ多くの給料をもらうことができます。

ファイナンシャル・プランニング技能検定の現状

従来、ファイナンシャルプランナーへの主な相談は生命保険の見直しや子供への教育費についてがほとんどでした。ですが2050年には3人に1人の割合で高齢者になると言われるほど高齢化が進んでいることにより、自分が高齢者になったとき困らないために老後の資金設計を相談に来る人が増えてきています。

ファイナンシャル・プランニング技能検定の将来性

ファイナンシャルプランナーという職は、西欧諸国では医師・弁護士・会計士と並ぶほど高い地位にあります。日本ではそれほど重視されていない資格ではありますが、資本主義経済についてアメリカの後追いをしている日本においても、アメリカ同様の資格となりうる可能性があると言っても良いかもしれません。

ファイナンシャル・プランニング技能検定所持者の独立について

ファイナンシャルプランナーとしての独立も可能ですが、より多くの顧客を獲得するために会計士や税理士と併用しての独立が多く見受けられます。日本人にはコンサルティングにお金を払う習慣がないため、ファイナンシャルプランナーのみの独立は現状として厳しいでしょう。

ファイナンシャル・プランニング技能検定を所有している主な著名人

森下千里、福田萌、生島ヒロシ(お笑い芸人・アントキの猪木)

コメントを残す

*

*