ビジネスコンプライアンス検定資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-02

公開日:2018-09-26

ビジネスコンプライアンス

ビジネスコンプライアンス検定とは、近年企業に求められているコンプライアンス=企業の法令順守に関する知識の認定試験です。コンプライアンスを徹底しているつもりでも、従業員・現場作業員レベルで重大な規約違反を行っている場合があります。そんな時、コンプライアンスの深い知識を有する人材が求められています。


ビジネスコンプライアンス検定は幅広い年齢層の男女が目指せる、将来性のある資格です。
ビジネスコンプライアンス検定資格取得者は他にもビジネスコンプライアンス検定と呼ばれております。
ビジネスコンプライアンス検定の資格は「民間資格」です。


資格広場は、ビジネスコンプライアンス検定になるには?ビジネスコンプライアンス検定なるためには?ビジネスコンプライアンス検定になりたいを応援しております。

目次

ビジネスコンプライアンス検定になるために必要な知識・受験資格

企業倫理、職業倫理の徹底および浸透を図ることを中核とした、コンプライアンスの基本理念に関する深い知識や理解力が重要視されています。さらにコンプライアンスを達成するため、企業内部統制やリスクマネジメントの意義、枠組みに関する基礎的な知識が求められます。その他、コンプライアンス実務に不可欠な法令の基礎理念を理解することが必要です。

ビジネスコンプライアンス検定の資格は「サーティファイコンプライアンス検定委員会」が運営管理を行っております。

サーティファイコンプライアンス検定委員会とは:
IT、プログラミング、Web、コミュニケーション、著作権、コンプライアンス等ビジネスシーン役立つ、知識と技術の習得の目的とした資格検定試験を主催している団体です。

ビジネスコンプライアンス検定

ビジネスコンプライアンス検定ってどんな仕事?(仕事内容など)

企業内で経営管理、財務管理、財務諸表分析など、財務関連の実務を担当します。企業内の役職員に、企業の理念や倫理的な価値観を浸透および実践させることが求められています。経営理念や倫理基準を浸透・実践させる為に、様々な施策を企画・立案し、推進計画によって実行していく事が主な業務内容であるといえます。

ビジネスコンプライアンス検定資格取得の為の勉強法

コンプライアンス検定合格のために、試験問題のレベルや具体的な出題内容を把握することが重要です。その為には、答案内容を繰り返し勉強することが必要で、学習に有効活用できる検定対応教材を使用しましょう。初級・上級の公式テキストが出版されており、試験内容に準拠した教材になています。その他、併用教材として推奨・推薦されている書籍もありますので、検定試験合格に向けた知識の強化を目指しましょう。検定に対応したセミナーが開催されており、過去に出題されて問題の解説か行われています。

ビジネスコンプライアンス検定の専門学校や通信講座について

サーティファイ主催の各種IT検定試験に準拠した、対策講座を行っているパソコンスクール等の教育機関での学ぶのが良いでしょう。

ビジネスコンプライアンス検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ビジネスコンプライアンス検定の資格試験料

初級の受験料金は税込5,500円、上級では税込8,000円になります。

ビジネスコンプライアンス検定試験・検定の年間試験回数

試験は年に2回実施されており、2月と8月になっています。

ビジネスコンプライアンス検定試験科目等の内容

初級で行われる筆記試験の内容は、ビジネスパーソンとしてのコンプライアンス行動において必要な「コンプライアンスに関する基礎知識」「コンプライアンスに関連した基本的な法律知識」「ビジネスシーンにおける健全な価値判断基準」について出題されます。上級での筆記試験の内容は、コンプライアンス経営の推進者として必要な「コンプライアンスに関する実践的な知識」「コンプライアンスに関連した高度な法律知識」「ビジネスシーンにおける高度な意思決定基準」について出題されます。

ビジネスコンプライアンス検定資格の難易度

初級の学習時間は約20時間、上級では約40~60時間程度が目安となっています。主催団体であるサーティファイコンプライアンス検定委員会のサイトにて、本試験と同じレベルの模擬問題が掲載されています。体験することで、合否の可能性チェックの目安となります。合格基準は、初級65%以上・上級70%以上の得点が必要とされます。

ビジネスコンプライアンス検定資格の合格率

2016年の合格率は61%、2017年では57.8%となっています。

ビジネスコンプライアンス検定試験の合格発表

試験実施から、1ヶ月程度で受験結果が送付されます。

ビジネスコンプライアンス検定

ビジネスコンプライアンス検定資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ビジネスコンプライアンス検定所持者の職業例

コンプライアンスに関連した専門職・研究職・経営陣、弁護士、司法書士、公認会計士、税理士、社会保険労務士、コンサルタント

ビジネスコンプライアンス検定に向いている人

企業におけるコンプライアンスが重要視されている中、企業の経営に携わり活用を考えている人向けといえる資格です。その他、企業内で法務に関する仕事に従事している人や、法務実務を目ざす人、コンプライアンスの知識を武器に就職・転職へのスキルアップしたい人に必須の資格といえます。

ビジネスコンプライアンス検定と同じ分野の他の資格

ビジネス実務法務検定、ビジネス・キャリア検定、個人情報保護士、認定コンプライアンス・オフィサー、コンプライアンス・オフィサー検定、コンプライアンス・アドバイザー

ビジネスコンプライアンス検定の年収・給料相場

コンプライアンス担当者の給与は、従事している企業によって差が出てきます。おおむね実務経験に応じた支給額となっていることが多く、キャリアを積んでいく事で高収入への道が開かれるでしょう。実務経験3年程での平均年収は、約300万~400万程度になっており、3年以上5年以内で約400万~500万、5年以上になると1,000万以上の収入を得ている実例もあるようです。

ビジネスコンプライアンス検定の現状

コンプライアンスとは、社会的要請への適応能力といえます。近年では、企業の事件や事故など不祥事が相次いでおり、民法、刑法、会社法、個人情報保護法など幅広い法令の理解を促進することが求められています。より効率的なコンプライアンスプログラムを進めていくために、経営の基幹となる法律知識と実践的な価値判断基準を有する人材育成が急務となっています。

ビジネスコンプライアンス検定の将来性

インターネットやSNS普及の後押しもあり、企業活動に対する社会の関心は年々高まっているといえます。ビジネスシーンにおいて健全な判断基準を持つことは経営において最重要な課題です。ビジネス推進に必要な法務知識を有することは、対外的なアピールポイントであり、キャリアアップ・就職・転職に有利となるでしょう。

ビジネスコンプライアンス検定の独立について

ビジネスコンプライアンスは経営者あるいは法務担当者に求められる知識・スキルであり、経営者として起業や独立を考えている人に必須の資格です。年々、コンプライアンス体制が重要視されており、企業での実務経験をいかしたより実践的・専門的な知識を活用できる事業が増えつつあります。コンプライアンスセミナーの開催、社内研修用のDVD等の資料作成、従業員(新人)教育プログラムの企画・制作、監査制度の整備といった法令順守に必要なプランの提案といった、幅広い活躍・活動を行うことができるでしょう。

ビジネスコンプライアンス検定資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*