宅建士の就職先は主に不動産業界?活躍の場は他にもある?

masman

by MATSUZAWA

更新日:2019-10-17

公開日:2018-11-16

宅建士活躍の場

現在人気が非常に高まっている国家資格、宅建士。多くの人にとって不動産屋の事務所が就職先として一番に浮かぶ資格でしょうが、実は宅建士の活躍の場は不動産業だけに留まりません。本ページでは現在の宅建士の活躍の場といえそうな就職先をまとめます。

       

宅地建物取引士、通称宅建士宅建資格取得

国家資格の一つでもある宅建の資格は、現在大変人気の高い資格となっています。

また、資格を持っていることで実務において様々なメリットがあり、就職先も広がります。宅建士の就職先でパッと最初に思いつくのは不動産業の事務所などでしょう。

しかし、昨今宅建士の活躍の場はどんどん広がってきており、必ずしも不動産事務所だけではなくなってきています。

本記事では、宅建士にどんな活躍の場があるのかをまとめていきます。

コスパ良く資格をGET!

メディパートナーバナー

比べて選ばなきゃ損!!
有名なスクールから実は穴場の超おすすめ通信講座まで、67,000以上もの情報から客観的に比較してあなたにピッタリな講座を選べる!!

資料はすべて無料で、たった1分の簡単な基本情報の入力で一括資料請求可能!!

簡単!無料資料請求はこちら

宅建の取得メリットとは?

siken

宅建士の仕事や特徴について理解できたところで、宅建士の資格取得のメリットについて3つ紹介します。

宅建士の資格があることで就職する際、もしくは就職してから実際の業務において様々なメリットを享受することができます。
これから実際に取得を検討されている方は是非参考にしてください。

メリット1:雇用・給与の好待遇

宅建士の資格取得のメリットとしてまず挙げられるのが、就職活動もしくは転職活動の際にスムーズに内定が取れることです。

不動産関連の実務経験のない新卒生、もしくは転職活動中の方でもその資格が有利に働くことは間違いないでしょう。

雇用だけでなく、給与という点に関しても資格手当を出している会社が数多くあり、資格を持っていない人と比べて優遇があります。

このように資格を持っていることで雇用・給与という点に関して大きな利点があるのです。

メリット2:独立して事務所の立ち上げ目指せる

宅建の資格は将来独立して不動産事務所を立ち上げる際に必ず役に立ちます。

資格を取得してすぐに独立開業は難しいですが、関連企業にてある程度実務経験とキャリアを身に付けた方の中には自分の事務所を立ち上げて1000万円越えの年収を得ている人も居ます。

宅建は一度取得してしまえば一生その知識とスキルを用いてあらゆるビジネスに関わることができます。

将来独立する際に借り主としてオフィスや土地を借りる際、自分にとって有利な条件で契約を進めることも一つのメリットです。

メリット3:不動産関連資格と併用すればスキルアップできる

不動産鑑定士やマンション管理士、管理業務主任者、またファイナンシャルプランナーといった他の不動産関連資格と併用して宅建の資格を得ることで、いずれの業務をメインにするにしてもスキルアップが目指せます。

これらの資格は宅建の資格と合わせて持つことで、業務の幅が格段にアップし、活躍できる分野も広がります。

不動産関連業務は顧客の信頼獲得が全てと言っても過言ではありません。

そのためこれらの資格を所有していることで不動産に携わる者としてのスキルを証明できるため、ビジネスチャンスも増えることでしょう。

コスパ良く資格をGET!

メディパートナーバナー

比べて選ばなきゃ損!!
有名なスクールから実は穴場の超おすすめ通信講座まで、67,000以上もの情報から客観的に比較してあなたにピッタリな講座を選べる!!

資料はすべて無料で、たった1分の簡単な基本情報の入力で一括資料請求可能!!

簡単!無料資料請求はこちら

宅建士が最も必要とされるのは不動産業界

不動産 就職先

宅建士の資格が最も輝く活躍の場はやはりダントツで不動産業界です。不動産業界では宅建士資格は持っていて当たり前に近い扱いでもあります。

その理由は、不動産業界で行っている業務を行う為に宅建士資格が必要となっている、独占業務だからです。

さらに、不動産業界には宅建士資格を有する者を設置しなければならない規定も合わせて存在しており、これを設置義務と言います。

まずはこの両方について詳しく知っておきましょう。

独占業務

不動産業界に就職先を選んだら、毎日平凡に不動産屋の事務所内で勤務しているだけではありません。

非常に大きなお金が動く不動産取引が行われる際には、宅建士は売り手と買い手の間に入り、仲介をします。

この時発生するとても大事な3つの仕事、

  • 契約締結前の重要事項の確認(重要事項説明書類を用いる)
  • 重要事項説明書類への記名と捺印
  • 契約書への記名と捺印

これらこそが宅建士の独占業務であり、宅建士が居なければ不動産の売買は出来ないという事になっている理由です。

設置義務

宅建業を行っている不動産業界では、各事務所において従業員5人につき1人以上の割合で宅建士の資格を持っている人を置かなければならないという決まりがあり、これが設置義務です。

しかし事務所の中にいる人全員が宅建士資格を持っているとは限りません。すると、資格を持っていない人が増えてきた時に設置義務違反になってしまう可能性が出てきます。

そうならない為に、不動産企業では宅建士資格を持っている人を積極的に採用したり、採用後に宅建士資格を取ってくるように促したりします。

すでに先に資格を取得していれば不動産事務所を就職先とするのは簡単な訳ですね。

不動産関連の投資をしている金融機関や保険会社でも宅建の知識を活かすことができます。小売り業や飲食店などの業界では、新規出店の際に新しい店舗のための土地や建物を準備する段階では宅建士の知識を役立てることができます。

コスパ良く資格をGET!

メディパートナーバナー

比べて選ばなきゃ損!!
有名なスクールから実は穴場の超おすすめ通信講座まで、67,000以上もの情報から客観的に比較してあなたにピッタリな講座を選べる!!

資料はすべて無料で、たった1分の簡単な基本情報の入力で一括資料請求可能!!

簡単!無料資料請求はこちら

他に宅建士のスキルが活かせる活躍の場とは?

宅建士スキル

宅建士は不動産事務所などでのみ活躍していると思われがちですが、実は他の業界においてもその専門スキルが活かせる活躍の場がたくさんあります。

むしろ、実のところでは宅建士試験を受けに来る受験者の8割は、不動産業と関係のない人だとするデータもあるぐらいです。

例えば、建築業界や金融業界などが挙げられます。なぜ建築業や金融業などが、宅建士の活躍の場といえる就職先なのかを詳しく見ていきましょう。

宅建士の活躍の場『建築関連業界』

特に大手建築関連企業においては、建設工事の受注から完成までを請け負うことはもちろんですがそこから自分達で建てた建物の販売事業までを一括して行っているところも多いんです。

しかし前述のように、不動産を売るためには、契約時の手続きのために宅建士が必ず居なければなりません。そのため、大手の建築業界では宅建士の活躍の場となることもたくさんあります

また建築関連企業では、時にはマンションや土地の管理という観点から修繕計画などの業務、時には土地やマンションなど不動産の資産運用という観点からアドバイザーとしての業務を任されることもあります。

このように宅建士は不動産のスペシャリストとして不動産に関連する建築関連業界という就職先も選択肢としてあり、そのスキルを最大限に活かし、活躍の場とすることができます。

宅建士の活躍の場『金融業界』

意外かもしれませんが、証券会社や銀行などの金融業界においても宅建士のスキルを活かし、活躍の場とすることができます。

例えば皆さんが銀行から融資を受ける際には担保が必ず必要となりますが、土地や住居を担保として出す際には、その不動産を鑑定し、価値を見出すという作業はまさに宅建士の出番というべき業務となっています。

そのため、各金融機関が営業所や支店ごとに宅建士を雇用することも今の時代もはや当たり前となってきています。金融業界も宅建がスキルを活かして働ける就職先の一つと言えます。

小売業界・外食産業等

小売業界や外食産業などでは、チェーン店ならばさらにそうともいうべきことですが、店舗の立地がそれぞれの店の売り上げに直結し、好条件の物件に構えた店舗を増やすことは会社そのものの業績にも大きく関わってきます。

そのため、最近では小売業や外食産業などの本社も宅建士の知識を持った人の就職先として候補に入るようになってきています。

コスパ良く資格をGET!

メディパートナーバナー

比べて選ばなきゃ損!!
有名なスクールから実は穴場の超おすすめ通信講座まで、67,000以上もの情報から客観的に比較してあなたにピッタリな講座を選べる!!

資料はすべて無料で、たった1分の簡単な基本情報の入力で一括資料請求可能!!

簡単!無料資料請求はこちら

宅建士の就職先は主に不動産業界?他の活躍の場とは?まとめ

今回は就職・転職にも超オススメの資格である宅建士に関して、そのスキルが活かせる就職先や、活躍の場として考えられる業種を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

よくよく考えれば、建物というのはどの業界、どんな就職先でも必ず使いますよね?オフィスだったり店舗だったり

新しく建物を利用したいときには不動産契約が発生する訳ですから、宅建士の活躍の場もそれは広がるという訳ですね。

宅建の資格は一度取得してしまえば一生安定した業務に就けるだけでなく、独立して事務所を立ち上げれば高年収を得ることも決して不可能ではありません。

宅建の資格取得は「誰でも気軽にとれる簡単な資格」というわけでは決してありませんが、業界未経験でも通信講座宅建資格取得などで十分目指すことの出来る国家資格です。努力して目指すべき価値のある資格であることには間違いありません。

安定した職種に付きたい!就職で少しでも有利になりたい!と思う方は、宅建の資格について調べてみてはいかがでしょうか?

宅建の資格を取得するなら

通信講座で宅建取得!宅建資格取得

コメントを残す

*

*