秘書検定1級・2級・3級になるには?難易度・仕事内容・合格率・給料相場

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2017-02-08

秘書検定 とりたい 資格

秘書に求められる役割とは仕える立場の上司の仕事の効率を極限まで高めてあげることだといって間違いありません。日々のスケジュール管理を行い仕事の環境を整備するというとても大切な役割です。企業の業績に直結する為、秘書という仕事は大変やりがいのある仕事だといえるでしょう。


秘書検定(1級・2級・3級)は幅広い年齢層の特に女性が目指せる、自身のキャリアアップ資格です。
秘書検定(1級・2級・3級)資格取得者は他にも秘書技能検定と呼ばれております。
秘書検定(1級・2級・3級)の資格は「民間資格」です。

資格広場は、秘書検定(1級・2級・3級)になるには?秘書検定(1級・2級・3級)なるためには?秘書検定(1級・2級・3級)になりたいを応援しております。

秘書検定(1級・2級・3級)になるために必要な知識・受験資格

秘書検定で必要な知識ですがビジネスにおける幅広い知識、全般が必要となります。職務の知識として基本的なパソコンスキルやOA機器の使い方などを知っておく必要がありますし、一般的なモラルやマナーも必要です。秘書となった際、上司となる方のスケジュール管理など幅広い知識が必要となります。また、その人の立場を代弁して応える場合もありますので言葉遣い、相手に対しての笑顔の対応など対外的な要素もしっかり学んでいかなくてはなりません。

秘書検定(1級・2級・3級)の資格は「公益財団法人実務技能検定協会・事務局」が運営管理を行っております。

公益財団法人実務技能検定協会・事務局とは:
ビジネス実務に関する知識、技能などの能力審査を行い評価することによりビジネススキルの底上げをすると共に職業人としての技能向上に寄与することを目的とする団体です。

秘書検定(1級・2級・3級)

秘書検定(1級・2級・3級)ってどんな仕事?(仕事内容など)

秘書検定は女性に人気の就職にも有利に役立つ資格です。その理由は秘書となる為に必要な知識だけでなくビジネススキル全般として非常に役立つ知識が身につくからです。ビジネスでの言葉遣い、接客や電話のマナー、ファイリングや事務作業全般、OA機器の利用方法習得など社会人として必要な幅広い知識を得ることができます。またビジネススキルだけでなく冠婚葬祭など一般常識まで学ぶことができますので持っていて損はない資格となります。

秘書検定(1級・2級・3級)資格取得の為の勉強法

秘書検定の勉強方法は何級を受けるかにもよりますが、通信教育や独学で勉強をする方が多いようです。比較的難易度の低い級はテキストを購入して独学でも合格率は悪くありません。通信教育の場合は4ヶ月ほどをスパンに勉強するような形が多くなっていますが、勉強の進め方は人それぞれですので、期間を無理して守る必要はありません。資格スクールもありますが難易度の高くない級を受講する場合でも3,4万~以上は費用が掛かってしまうので基礎からみっちり学びたい人などは利用すると良いかもしれません。

秘書検定(1級・2級・3級)の専門学校や通信講座について

準備中です。


秘書検定(1級・2級・3級)の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

秘書検定(1級・2級・3級)の資格試験料

受験費用ですが1級は6,100円、準1級は4,900円、2級は3,800円、3級は2,600円となります。

秘書検定(1級・2級・3級)試験・検定の年間試験回数

年間の受験回数ですが2級、3級は年に3回。1級、準1級は年に2回の実施となります。

秘書検定(1級・2級・3級)試験科目等の内容

秘書検定試験内容ですが【理論】に含まれる《必要とされる資質》《職務知識》《一般知識》と【実技】に含まれる《マナー・接遇》《技能》の教科領域の中で【理論】【実技】共に60%以上の正解率を獲得すると合格となります。試験時間は級によって違います。一番短い3級が2時間で一番長い1級は2時間30分の時間となります。また準1級以上は1次試験(筆記試験)合格後に2次試験(面接)をクリアして初めて合格となります。

秘書検定(1級・2級・3級)資格の難易度

難易度ですが秘書検定では1級から3級まで別れている為、どの級を受けるかで難易度そのものを大きく変わってきます。一番簡単な3級でみますと合格率は70%を超えていることから分かるように独学で勉強しても比較的用意に取得できる資格といえるでしょう。ですが1級となりますとそうはいきません。合格率は30%台まで落ち込み試験内容も筆記試験は全て記述式へと変わりますので相手に伝える記述の仕方など学ぶことも増えてきますので当然簡単に取れる資格ではありません。

秘書検定(1級・2級・3級)資格の合格率

秘書検定合格率は平均して1級で35%前後、2級で60%前後、3級で70%台といわれています。ただし5%前後はズレると考えておいた方が良いでしょう。

秘書検定(1級・2級・3級)試験の合格発表

合格発表は決まった日にちではないようですが大体1ヶ月前後で判明するようになっています。(今後変更の可能性あり)

国家資格バナー

PR



秘書検定(1級・2級・3級)

秘書検定(1級・2級・3級)資格取得後の就職先・年収・報酬相場

秘書検定(1級・2級・3級)所持者の職業例

取得後の職業はもちろん企業の中で秘書として活躍することになりますが、秘書にならない人でも最低限のビジネスマナー、スキルを覚えるために受験する方もいらっしゃいます。

秘書検定(1級・2級・3級)に向いている人

秘書になることに必要なスキルはなにより対外的な対応がしっかりできることだともいえます。企業内で秘書となる場合、自分の上司に対する対応はもちろんですが他社のお相手も立場のある方が多い場合がありますので言葉遣い、社会常識など礼儀などがしっかりこなせる方に向いているといえます。

秘書検定(1級・2級・3級)と同じ分野の他の資格

秘書検定を持っている人の中には同じ財団法人が行っている《サービス接遇検定》《ビジネス文章・実務マナー検定》《ビジネス電話検定》などの細分化された資格を目指す方もいます。

秘書検定(1級・2級・3級)の年収・給料相場

お給料ですが秘書として雇われた場合、企業内の一般事務員より高く設定されることが多いようです。多い方で年収500万ほどの方もいるようですが、低い方はその半分程の場合も。この資格を持っているからといって必ず高給となることはないとされています。あくまでスキルアップの一環として取得される方も多いです。

秘書検定(1級・2級・3級)の現状

インターネットや交通の発達によって以前と比べグローバル化が進み秘書としての需要は語学力を求められたり、スケジュール管理だけではないスキルが必要になってきてもいます。自分の得意分野を活かして秘書検定の資格と共にアピールしていくことでお給料のアップや秘書という仕事だけに収まらない活躍を目指すことができるでしょう。

秘書検定(1級・2級・3級)の将来性

企業の数は限られているとはいえその数は膨大ですので秘書の仕事がなくなるということはありえません。また、起業が以前と比べ容易となったことから秘書を欲しがる中小企業は多いといわれています。また秘書として働きながら独立を目指す人も少なくありません。企業の中枢の仕事を秘書をしながら覚えていくことができるのは非常にでかいメリットといえるでしょう。

秘書検定(1級・2級・3級)の独立について

秘書検定の資格だけを持って独立をすることは難しいでしょう。ただし秘書といっても分野も多く例えば議員秘書と呼ばれるとても高いお給料を頂いている秘書もおります。難しい試験をクリアする必要はありますが、その恩恵はしっかりとお給料という形で戻ってきます。通常の企業秘書でも役員以上の秘書につくことで普通に社員では学べない経営側の立場の仕事を間近で見ることができます。別の資格や特技を持った上で秘書として務めて知識をつけて独立を目指されている方は大勢います。

秘書検定(1級・2級・3級)資格を所有している主な著名人

吉田明世(TBSアナ)、千秋(タレント)、若宮未来

 

コメントを残す

*

*