税理士

税理士とは、税の専門家として企業や個人における申告納税推進、納税代理や企業コンサルなどを行います。独立開業をしたい方にとっては税務の知識は必要不可欠で、とても重宝される資格です。難関資格ですが、それよりも難しい弁護士や公認会計士の資格を取得すると、同時に税理士の資格も取得することになります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

税理士は幅広い年齢層の男女が目指せる、将来性のある資格です。
税理士資格取得者は他にも税理士という名称で呼ばれております。

税理士の資格は「国家資格」です。

sponsored link

専門学校・短大・大学10箇所を一度に資料請求や願書取り寄せを行うだけで全員にもれなく
1000円分の図書カードを全員にプレゼント!!
資料請求
資料請求キャンペーン
キャンペーン詳細を見る

資格広場では税理士になるには?税理士なるためには?税理士になりたいを応援しております。

税理士になるために必要な知識・受験資格

税理士の業務である税務・経理・会計・相続などの知識は必須です。
その他、企業へのアドバイスなども必要となりますので、各職種の企業経営に関する知識も必要となってきます。
お金を扱う職種となりますので、対するお客さんの要望は非常に高くシビアになりますので常に高い意識を持つことが重要視されます。

税理士の資格は「公認会計士・監査審査会」が運営管理を行っております。

公認会計士・監査審査会とは:
税理士の試験を実施しているのは、公認会計士・監査審査会です。金融庁の中にある機関の一つでもあります。

税理士 資格

税理士ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

税理士は税の専門家として、社会的公共的使命をもって申告納税制度の推進の役割を担います。
財務書類の作成や会計帳簿の記帳代行などの会計業務などに加え、確定申告や相続税の相談なども会社、個人問わず行います。
平成28年8月での税理士登録者数は約76,000人。
約8割の人が独立開業を行いますが、企業コンプライアンスが叫ばれている昨今では、就職にも大きなアドバンテージにもなります。

税理士資格取得の為の勉強法

5科目合格で税理士試験の合格となりますが、科目合格制のため、一つずつ科目合格を目指すことがよいでしょう。
簿記論は計算のみ、国税徴収法は理論のみですが、その他の科目は、計算と理論が半々で出題されるためバランスよく勉強することが大事です。

税理士の専門学校や通信講座について

準備中です。

sponsored link

税理士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

税理士の資格試験料

受験申込科目数に応じ違い、1科目受験で3,500円、2科目受験で4,500円、3科目受験で5,500円、4科目受験で6,500円、5科目受験で7,500円となっています。

税理士試験・検定の年間試験回数

試験は年1回8月に行われます。
平成28年では4月4日に試験実施日が官報に公告され、5月10日~5月20日が受験申込期間となり、8月9日~11日までが試験実施日でした。
受験会場は全国15会場の大学が地域センターなどで行われました。

税理士試験科目等の内容

会計科目である簿記論と財務諸表論の2科目は必須です。
残りの3科目は、所得税法と法人税法のどちらか1科目、消費税法と酒税法のどちらか1科目、住民税と事業税のどちらか1科目、相続税法、国税徴収法、固定資産税の中から選ぶことになります。

税理士資格の難易度

各科目の合格率が15%前後で、5科目を合格しなければいけないため、とても難易度が高いです。
また学歴・学識・職歴などによる受験資格もあるので、受験資格がない方は受けることができません。
専門学校では受験資格付与校などがあるため、受験資格がない方が受験することができるコースなどもあります。

PR

税理士資格の合格率

平成27年度の合格率は受験者数38,175(9,416)人に対し一部合格者数が6,067(1,676)人で15.8%、5科目に達した合格者は835(227)人で2%となっております。※括弧書は女性数となります。
また、科目ごとの合格率は、簿記論18.8%、財務諸表論15.6%、所得税法13.2%、法人税法11.1%、相続税法13.4%、消費税法13.1%、酒税法11.9%、国税徴収法14.2%、住民税9.6%、事業税13.6%、固定資産税14.8%となっております。

税理士試験の合格発表

毎年12月の中旬頃になります。
5科目合格に達した方は合格証書を郵送するとともに、合格発表日に官報、国税庁ホームページに掲載されます。
一部の科目合格の方や不合格の方には、税理士試験等結果通知書が郵送されます。

sponsored link

税理士 資格

税理士資格取得後の就職先・報酬相場

税理士所持者の職業例

税理士、会計士、社会保険労務士、中小企業診断士、弁護士など他の士(サムライ)業の資格と重複し従事する方が多いです。

税理士に向いている人

どのような職業でも、独立開業をしたい方には税務の知識は必要となってくるのでしょう。
また、他の士業とも関連してくる資格でもありますので、社会保険労務士などを目指す方にも向いていると思います。
企業へ就職される方では、企業コンプライアンスなどはとても重要視されている項目でもありますので、税理士資格などの税務を知っている方などはとても重宝されることになるでしょう。

税理士と同じ分野の他の資格

弁護士、社会保険労務士、会計士、中小企業診断士、不動産鑑定士、司法書士など

税理士の給料相場

税理士の平均年収は約700万円です。会計事務所で実務経験が浅い税理士の場合、500万円ほどとなりますが、独立開業した場合、1000万円を超える収入を目指せます。

税理士の現状

難関資格の一つである税理士ですが、それより難関な弁護士や公認会計士に資格を取得すると同時に税理士の資格も取得することになります。
また、税務署で長期間働いた人にも税理士の資格が与えられます。
また、税理士には定年退職がないため、定年退職をした税務署職員が税理士として働くことも増えてきました。
このように、独立を考える場合は他の士業や税務署OBの税理士に対抗していくことが必要になっていきます。

税理士の将来性

今後はグローバル化が進む日本で税法も抜本的改革が起きることも考えられますし、様々なコンピューターの普及により実務も大きく変化していくことになると思われますので、資格を取得したからといって安心はできず、資格取得後の努力が必要になってくるでしょう。

税理士の独立について

年間税務を必要とするため、一度顧客となると長期間顧客になる可能性が高いです。
しかし、逆から言えば、他の税理士事務所から移動する顧客も少ないです。
顧客となる会社数も、ここ20年開業率より廃業率にほうが高いので会社数が減っている分顧客も少ないため、最初にどれだけ新規の顧客を獲得できるかが重要です。

税理士資格を所有している主な著名人

山田真哉(作家)

関連する企業・経営系資格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する企業・経営に関する資格をご紹介します。

PR

 

このほかにも、資格広場ではたくさんの資格を紹介しています。
興味のある資格を見てみましょう!


その他の企業・経営系資格を見る

コメント

  1. HANG より:

    税理士を目指していますが大変参考になりました。
    他にもいろいろ資格があって興味があるのが何個かあります~

コメントを残す

*

*