簿記検定

Tweet Tweet簿記検定は幅広い年齢層の男女が目指せる、どの職場でも重宝される資格です。 簿記検定資格取得者は他には日商簿記という名称で呼ばれております。 資格名:簿記検定 目次1 簿記検定の資格は「民間資格」です […]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簿記検定は幅広い年齢層の男女が目指せる、どの職場でも重宝される資格です。

簿記検定資格取得者は他には日商簿記という名称で呼ばれております。

資格名:簿記検定

簿記検定の資格は「民間資格」です。

sponsored link

専門学校・短大・大学10箇所を一度に資料請求や願書取り寄せを行うだけで全員にもれなく
1000円分の図書カードを全員にプレゼント!!

資料請求キャンペーン
キャンペーン詳細を見る

資格広場では簿記検定にを受けたいを応援しております。

簿記検定を受験するのに必要な知識

簿記の知識は、企業の財務部門で働く上で必須のものだけではなく、簿記を取得していれば財務諸表への理解、経営管理力も合わせて身につきます。また、コストへの意識も自然と備わりますので、それを頭に置いたパフォーマンスの高い仕事ができるようにもなります。また相手先の会社の経営状態を財務諸表から読み解くことができますので、経理や財務部門の職種の人だけではなくて、あらゆる職種の企業人に有益となります。

簿記検定の資格は「日本商工会議所・全国各地の商工会議所」が運営管理を行っております。

日本商工会議所・全国各地の商工会議所とは:

商工会議所は、日本の企業と地域を元気にしたいという願う民意の結晶から生まれた経済団体です。その活動は多岐に渡っており、国際化振興、観光支援、地域振興、ビジネス交流、女性会、共済制度、経営相談などなど幅広く活動をして地域を支え続けてきました。日本の商工会議所は1878年(明治11年)、東京、大阪、神戸の3箇所に商法会議所として設立されたのがはじまりであり、1953年8月に制定された商工会議所法に基づいて運営されています。

簿記

 仕事内容
 試験詳細
 資格取得者の傾向

簿記検定とは?

簿記検定とは、会社の大きさや何をしているかといったことは一切関係無くすべての企業において、毎日の経済活動を記録計算することで財務的な現状を明確に表すことのできる技能です。仕事をするうえで必要となってくる知識であり、この資格を持っていれば経理事務として勤務する場合に有益となります。

簿記検定の為の勉強法

市販されているテキストを使い自分だけで独学で学ぶ方法や、資格取得を目指したスクールに通学する方法があります。ここ最近では様々なHPのサイトでお手軽に勉強することができたり、過去何年にも渡る出題された問題をアップしていたりするので、こちらを活用するのもひとつの手段です。参考書を熟読して例題の解答方法を頭に叩き込み、その記憶があるうちに過去に出題された問題集をやって、不正解であった部分を復習するのが効率的でしょう。不正解であった部分については、ノートに解説も記入しておくと、そのノートそのものが自分の弱点を集めだしたものとなり、試験対策の際に短時間で弱点を克服することが可能となります。仕訳は全ての問題の前提となるものですので、試験対策に使える時間が少ないのであればせめて仕訳だけは行っておくべきです。

簿記検定の試験料・試験の内容・合格発表について

簿記検定試験料

受験する級によって値段が異なります。1級7,710円、2級4,630円、3級2,570円、4級1,640円です。

簿記検定の年間試験回数

2月、6月、11月の年に3回となります。4級試験については、平成29年度よりネット試験化となり、ネット試験場が試験日を決定します。

簿記検定の試験科目等の内容

受験する級によって内容が異なります。4級は簿記の基礎的な段階であり、そこまで難しい試験ではなく、試験の内容は商業簿記の問題が5題以内です。3級は企業で経理を担当しているのであればなくてはならない段階であり、こちらも4級と同様に試験の内容は商業簿記が5題以内です。そして2級になるともっと深く突っ込んだ段階になってきて、商業簿記とともに工業簿記が加わり、試験の内容は両方合わせて5題以内です。そして1級はかなり難易度の高い段階となり、2級のふたつに合わせて会計学と原価計算も入ってきて、この4つから平均的に問題が出されます。

簿記検定の難易度

日商簿記検定は、「上位○パーセント合格」といった競争試験ではなく、合格点をクリアしていれば全員が合格となります

簿記検定の合格率について

受験する級によって合格率が異なります。4級は、平成28年11月20日に実施された第144回試験では41.5%、平成28年6月12日に実施された第43回試験では49.3%です。3級は、平成28年11月20日に実施された第144回試験では45.1%、平成28年6月12日に実施された第43回試験では34.2%です。2級は、平成28年11月20日に実施された第144回試験では13.4%、平成28年6月12日に実施された第43回試験では25.8%です。1級は、平成28年11月20日に実施された第144回試験では9.3%、平成28年6月12日に実施された第43回試験では10.9%です。4級の合格率は毎回40%を超えるものの、1級は1桁台である回もあります。

簿記検定の合格発表

合格発表の期日や方法、証書の受け渡し方法等は、商工会議所によって異なるので申し込み時に商工会議所への確認が必須となります。大体4級〜2級は試験終了後約1ヶ月、1級は1ヵ月半~2ヶ月で合格が発表されます。

sponsored link

簿記検定資格取得後の傾向

簿記検定の職業例

2級、3級となると企業の財務担当者への道が開けます。1級になると公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門であり、合格すると税理士試験の受験資格が得られます。

簿記検定に向いている人

1つの数字を見誤っただけでまるではじき出された答えが変わってきてしまうため、ケアレスミスが大事のトラブルに繋がりかねませんので、何事においても集中力の高い人向きであるでしょう。また、パソコンを使用することが多いためにその操作が早く正確なことを前提として、事務作業をすばやく処理したり即座に数字を読み解くことを必要とされますので、いつも作業の効率性を念頭に置きながら仕事ができる人向きと言えます。

簿記検定と同じ分野の他の資格

公認会計士、全商簿記

簿記検定の給料相場

就職している会社によって様々ではありますが、簿記を取得していることの手当で月給に3000円ほど加算して手当が付与される場合があります。この資格は会社で勤務する中で活かされるものなので、取得したことで年収が大幅にアップするというものではありません。

簿記検定の現状

多数の会社が社員にこの資格の取得を勧めていることもあって、年間約60万人の方が簿記検定の取得に臨んでいます。

簿記検定の将来性

簿記1級を取得すると公認会計士、税理士への道が開け将来性は高いです。

簿記検定の独立について

簿記1級を取得すると公認会計士、税理士への道が開け独立ができます。また独立して自分で商売を始める際にも、簿記の知識は非常に役立ちます。

こんな著名人の方も簿記検定資格を持ってます。

中田英寿・藤井隆

コメントを残す

*

*