金融窓口サービス技能検定の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-03-12

銀行などで働きたい人はもちろんですが、現在既に金融機関に勤めている状態で自分自身のクアリアップを行う場合にオススメの資格です。金融機関でもこの種の資格はどんどん推奨しています。持っておいて損のない資格といえるでしょう。


金融窓口サービス技能検定は幅広い年齢層の男女が目指せる、やりがいのある資格です。
金融窓口サービス技能検定は他にも金融窓口サービス技能士と呼ばれております。

金融窓口サービス技能検定は「国家資格」です。

金融窓口サービス技能検定取得のために必要な知識・受験資格

顧客に最適な提案をする仕事なので、幅広い金融の知識が必須となります。

金融窓口サービス技能検定は「一般社団法人 金融財政事情研究会」が運営管理を行っております。

一般社団法人 金融財政事情研究会とは:
金融財政に関わる政策や各種金融機関の経営についての情報収集や発信、調査や金融に関して広く皆に知ってもらうことを目的に、1950年(昭和25年)6月、大蔵省所管の社団法人として設立されました。

金融窓口サービス技能検定

金融窓口サービス技能検定ってどんな資格?

金融機関でお客様に接する中で必要な知識を試すものとして、平成14年度から行われている国が認めた検定です。受験は、金融財政事情研究会によって行われ、合格した者は窓口の専門技能職として認められます。平成20年より、その窓口業務に加え金融に関する商品に対しての業務も行われています。たくさんある金融商品に関しての幅ひろい知識と顧客にあったものを提案する力、販売技術を持った、お客さんにも金融機関にも頼りとされる金融窓口の専門であることをテストする検定です。

金融窓口サービス技能検定取得の為の勉強法

試験の内容はそれぞれの級がだいたい似通っていますので、金融関係の他の資格に比べると試験に備えやすくはなっています。まずは最も取り組みやすい3級取得を目標としてみるのはいかがでしょうか。合格率から考えると自分だけで勉強しても3級の取得は可能でしょう。しかしながら、2級や1級ともなると金融機関で働いた経験や期間が求められますので、限定された人だけになるでしょう。受験対策としては、書店で販売されているテキストや問題集を何度も何度もやることや、休日や勤務後に専門的なスクールに通う方法があります。特に、金融サービス窓口技能検定を短い期間で取りたい人であれば、専門学校に通学することをお勧めします。また、同じようにこの資格のために受験する人は多いので、開催されている勉強会などに参加するのも良い方法です。

金融窓口サービス技能検定の専門学校や通信講座について

準備中です。


金融窓口サービス技能検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

金融窓口サービス技能検定の試験料

金融商品コンサルティング業務は1級が学科8,500円、実技15,000円、2級が学科6,500円、実技7,000円そして3級が学科3,800円、実技4,000円となります。テラー業務については、1級が学科8,500円、実技26,000円、2級が学科6,500円、実技7,000円、3級が学科3,800円、 実技4,000円です。

金融窓口サービス技能検定の年間試験回数

2級・3級(学科・実技)が5月と1月の年2回行われます。また、1級は学科 が5月、実技の中の金融商品コンサルティング業務が9月に、テラー業務が10~11月頃に行われます。

金融窓口サービス技能検定試験科目等の内容

2008年1月から、これまでの窓口業務にプラスして金融商品コンサルティング業務の試験が行われるようになりました。1級、2級、3級と分かれています。どの級においても、学科と実技の2種類の試験が行われており、窓口と金融商品コンサルティング業務の2種類の項目が出題されます。窓口と金融商品コンサルティング業務のそれぞれで合格か否かの判断がされます。学科試験は、窓口と金融商品コンサルティング業務の両方に関連する問題と、窓口と金融商品コンサルティング業務それぞれで選択した分野の問題から成り立っています。1級、2級、3級、窓口と金融商品コンサルティング業務どれもがペーパーテストです。実技試験は、1級窓口業務についてはロープレによるもので、その他の実技試験はペーパーテストです。合否判定はどれにおいても、70%以上(1級窓口業務のみ実技試験80%以上)となっています。どちらの業務の試験においても、時に実技が重要となっています。銀行などに勤めたいと希望している人や、現在金融機関で仕事をしていてキャリアアップしたい人にはぴったりの資格です。

金融窓口サービス技能検定の難易度

難易度は受験する級によって違ってきます。3級より2級、2級より1級というふうに受験する級が上になるほど合格できる確率も低くなっていき、より難しいものとなっていきます。学科試験はもちろんのこと、実技試験で取得している知識を使いこなすことができるかどうかがテストされますので、金融機関で勤務したことがあるかどうかが非常に大事なポイントとなります。まずは3級に合格してから銀行などで仕事をし、そこから自分を磨いていくためにさらに上の級の合格を目指すのが、一般的な方法となります。

金融窓口サービス技能検定の合格率

金融商品コンサルティング業務は1級が学科52.46%、実技15.02%、2級が学科72.0%、実技32.1%そして3級が学科65.3%、実技84.6%となります。テラー業務については、1級が学科61.6%、2級が学科33.0%、実技23.7%、3級が学科42.2%、実技71.0%です。

金融窓口サービス技能検定の合格発表

試験の1ヶ月後にHP上で発表があり、合格者には合格証書が郵送で送付されます。

国家資格バナー

PR


金融窓口サービス技能検定

金融窓口サービス技能検定取得後の就職先・年収・報酬相場

金融窓口サービス技能検定所持者の職業例

金融業界への就職を考えている方は、まず3級を取得しておくと非常に有利になるでしょう。 資格取得後は、銀行、証券会社、保険会社等で金融サービス業務に従事することになります。

金融窓口サービス技能検定の取得に向いている人

金融業界に就職を希望している人というよりは、今現在金融業界に勤めている人で、社内でのキャリアアップを目指す人に向いている資格です。

金融窓口サービス技能検定と同じ分野の他の資格

銀行業務検定試験

金融窓口サービス技能検定の年収・給料相場

こうした資格を持っている人々は持っていない人と比較して、金融機関でも非常に大きな存在となるので、待遇も他と比べ良くなる可能性があります。なので今から金融機関で仕事をしようと考えている人であると、この資格を先立って取得しておくことで、面接担当官に自分の強みとして伝えることができます。

金融窓口サービス技能検定の現状

金融窓口サービス技能士は、高度な経済活動が行われている現代社会において必ず必要とされる資格として位置付けられており、様々な年代の人々の間で話題の国家資格です。

金融窓口サービス技能検定の将来性

預金・為替・証券などの取扱業務のスペシャリストとして、金融業界への就職を目指すには非常に有利な資格です。

金融窓口サービス技能検定所持者の独立について

特にこの資格を保有しているからといって独立できるようなものではありません。

金融窓口サービス技能検定を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*