宅建士に向いている人や向いている性格とは?適性をチェック!

masman

by kame

更新日:2019-06-17

公開日:2019-05-27

宅建士に向いている人

どんなタイプの人が宅建士に向いている人なのでしょうか?宅建士に向いている人の特徴や性格、宅建士に必要な適正などをまとめていきます。試験に合格し、資格を取得するだけでなく実際に不動産業等で宅建士として働いていくのに向いた性格の人とは…?


活躍できる場が幅広く、将来性も高年収もなかなかに期待できる宅建士は近年ではトップクラスの大人気を誇る資格となっています。

しかし、資格を取得するだけでなく宅建士として仕事をしていくとなれば、その専門性ゆえにどうしても向き不向きが出てきます。

宅建士に向いている人とはどんな性格・どんな特徴を持った人なのでしょうか?不動産が好きな人なら間違いなく宅建士に向いている人と言えそうな気もしますよね?

本記事では宅建士に向いている人・適性や性格など特徴を明らかにしていきます。


宅建士に向いている人①:不動産が好き

不動産が好き

まず第一に挙がる宅建士に向いている人要素となるのが、そもそも不動産が好きで興味があるという事でしょう。

不動産業の中で業務も進めやすく活躍もでき、モチベーションが高くなることはもちろん、宅建資格試験の勉強自体もサクサクと進められます。

不動産が好きではない人に適性が全くないという程ではありませんが、好きな仕事を手にしている人の方が有利なのはどの仕事もそうですよね。

不動産が好きな人には嬉しい事

宅建士として仕事をしていると、一等地に建つ超高級物件なども調査で入ったり、紹介などをできる機会もあり、自分で購入できないような建物の内装を詳しく見たりできる事もあります。

このような点に魅力を感じられる人は宅建士に向いている人となること間違いなしです。

不動産だけでなく、例えば高級なシャンデリアや、立派なシステムキッチンの設備など、他にもリフォーム業者が入る前やリフォーム後などをどちらも見れるという機会もありますし、建物の外観や特徴が好きなだけでなく、内装などに興味がある人も適性があり、宅建士に向いている人と言えるでしょう。

宅建士に向いている人①:接客や応対ができる

接客応対

宅建士に向いている人・適性のある人は、接客やお客様への応対がしっかりできる人というのも大事なポイントとなります。

不動産を販売するとなると、高額商品の販売となるので、当然お客様から値段の交渉をされたり、詳しい商品についての説明を求められたりします。

しっかりした性格ながら、優しい性格の人はこの点を自然とクリアできます。

接客とは言っても…?

接客業の経験があると有利とも言えそうに感じますが、不動産取引は、高額商品の販売なのでコンビニやスーパー等での販売とは一味違い、どちらかと言えば交渉のある車のディーラー等のような感じに近くなってきます。

分かりやすい説明ができた時には相手から感謝され、信用もアップします。このようなことにやりがいを感じられる性格の人は宅建士に向いている人です。

1度の取引でアップした信用は、そのお客様の知人や家族などから更なる不動産の取引のお願いが舞い込むこともあったりするため、上手に応対して人脈を広げていくのも宅建士として成功するのに重要なスキルです。

いずれにしても、性格的に接客や応対が苦手・嫌いという人には宅建士の適性があるとは言い難いです。

宅建士に向いている人③:注意力がある

注意

不動産業は建物や土地などを売買するスケールの大きな仕事ですが、宅建士に向いている人・適性のある人となると、実は細かい所のミスをしないように注意力を保てる人です。マメな性格の人は好ましいですね。

その理由は、不動産取引において宅建士の独占業務となっている重要書類や契約書への記名や捺印で記入漏れなどのミスをすることは許されない為です。

複数種類の契約書を用意し、それなりに膨大な情報量が詰め込まれているため大変ですが、宅建士の業務にはこのような細かくキッチリとした性格であることが求められるという特徴もあるのです。

書類のミスや法的なミスは年収に直撃する

法的に重要なこれらの業務でのミスは、たった一度だとしても大きく信用を失ってしまいます

会社勤めなら昇進や年収にも影響しますし、独立開業している場合の自分の事務所でならば事務所の存続自体も危うくなってしまいます。

宅建士に向いている人④:日曜出勤できる

日曜日

不動産業界をあまり知らない人にとっては、「え、そうなの?」と感じるかもしれませんが、不動産業では世間一般が休日となる土曜日・日曜日・祝日が最も稼ぎ時なんです。

平日に仕事をしている人が物件を見学に来るのに最も適しているのが休みの日だからです。

宅建士で高年収の人

宅建士で高年収を手にしている人は事実、日曜日などに一生懸命働き、平日は紹介する予定の物件のことをより上手く説明できるよう下見や調査をしています。

取引する不動産の価格に応じて仲介手数料をどんどん受け取ることができる宅建士は、高額な不動産の契約をどんどん仲介して稼いでいきます。

土日は友達と遊びたいと思ったり、家族がいる人は家族サービスを優先したいと思う人も多いでしょうが、こういった望みがある人は稼ぎのチャンスをものにできない可能性が高く、どちらかというと適性があるとは言えません。

宅建士に向いている人⑤:優先順位を考えられる

スケジュール

宅建士の仕事は、自分一人でやっておかなければいけない業務とお客様の対応にあたる業務があります。

前者は、物件の調査やチラシ作成、書類作成等で、後者は物件の紹介や契約の締結業務となります。

お客様ありきの契約なので、当然そちらを優先することになりますが、契約を成立させる時に必要な書類関連は宅建士の業務の中でも最も重要な所で、ミスなく確実に契約予定の日までに準備をしておかなくてはなりません。

反面、契約の予定がない日もあり、暇な時と忙しい時の差が激しいところもあるので、常に、契約を成功させるためには今何を優先してやっておくべきなのかを整理してするべきことに取り組めるに冷静な性格の人も宅建士に向いている人の特徴です。

宅建士に向いている人・向いている性格まとめ

宅建士に向いている人の性格や特徴などをまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?自分の性格や特徴に当てはまる項目はありましたか?

宅建士として不動産業で働いていくには、接客に向いた優しい性格やしっかりとした性格、ミス無く事務処理をこなす冷静な性格などが適正の高い特徴として挙がります。

また、宅建士独特な特徴として日曜日など休日メインで稼ぐという特徴がある仕事なので、友達と遊びに行く約束などはなかなかし辛く、平日に一緒に遊ぶ同業者同士の友人が次第に増えていくという人間関係の特徴もあるみたいです。

コメントを残す

*

*