社会保険労務士の難易度は?仕事内容・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-10-31

公開日:2018-03-14

社会保険労務士とは企業の3要素のひとつである人に関するエキスパートです。企業に対して労務管理や社会保険、年金に関する相談や指導を行うことを生業とし企業内で働いたり独立開業する方も多くおられます。8士業のひとつで難関資格の国家資格となっております。


社会保険労務士は20代後半から30代前半の受験者が多いですが、企業へ務めたのちに独立開業する方もおります。の男女が目指せる、年金制度の変更や複雑により注目を集めている仕事です。
社会保険労務士は他にも社労士、労務士、SRと呼ばれています。


社会保険労務士

社会保険労務士ってどんな仕事?

社会保険労務士は労働、社会保険に関する法律、人事、労務管理の専門家として企業経営3要素のうちの人に関するエキスパートです。社会保険の手続きや労務管理の相談指導、年金相談、紛争解決手続き代理、補佐人などを業務として行っております。また、特定社会保険労務士になると個別労働関係紛争にかかる業務を行うことが可能となります。職務上請求書の使用が認められている8士業のうちの一つです。

社会保険労務士になるためには?

始めて受験をされる方はスクールに通うことが良いでしょう。専用の教材とカリキュラムがあるので試験の対策を行いやすいでしょう。試験までの半年~1年間受講し試験に挑みます。忙しい方にはDVD講座や通信講座などで行うことがよいでしょう。独学で勉強する方は元々知識が豊富であったり何回か社労士の試験を受験したことがある人でしょう。市販の教材では限界があるのでできるだけ専門の教材を入手するようにしましょう。

社会保険労務士の専門学校(養成所)や通信講座について

準備中です。

資格の大原 社会保険労務士講座

国家資格バナー

PR


社会保険労務士

社会保険労務士の仕事例・報酬相場

社会保険労務士の他の職業例

一般的には試験に合格したあとは社会保険労務士名簿に登録し社労士となる方が多いです。その後、特定社労士や行政書士、中小企業診断士を目指し受験される方が多いです。

社会保険労務士に向いている人

社会保険や労務には正確な計算力が必要となるでしょう。関連する企業が「ブラック企業」とよばれないようにすることも社労士として必要ですので使命感や正義感も必要となります。また、企業経営に興味がある方には労働環境の円滑化を図る社労士には向いているでしょう。

社会保険労務士と同じ分野の他の職業

税理士、行政書士、中小企業診断士、ファイナンシャルプランナー

社会保険労務士の年収・給料相場

社労士の平均年収は670万円となっております。独立可能な資格ですが、他の難関資格の士業よりも企業勤務の割合が高くなっております。

社会保険労務士の現状

士業として独立する方もおりますが、企業内勤務として働く方も多くおられます。年金問題の複雑化によって脚光を浴びている現在では社員の退職時などの雇用関係で必要となり重宝されることとなります。しかしIT化の普及により社労士に相談しなくてもインターネットで調べることやある程度までの仕事ができるようになっており、知識だけでは資格を生かせない現状も考えられます。

社会保険労務士の将来性

今後も年金問題は複雑となり社労士としての知識が必要となってくることでしょう。しかしインターネットの普及により給与計算ソフトはより精度が向上し業務の簡略化が進められることとなります。業務の簡略化は社労士以外でも行える仕事となりますので実務よりもコンサルティングに特化したことを行う必要が出てくることでしょう。

社会保険労務士の独立について

士業として独立することは可能ですが現状、社労士の資格だけでは独立しても大変でしょう。業務の簡略化により社労士への報酬の単価も下がることになりますので、その分顧客を多く抱えることになります。顧客管理の増加は本来の社労士の業務以上に大変ですので、営業力やコンサルティング力がなければ独立しても活躍できる場は残っていないでしょう。類似する税理士や行政書士などの資格を合わせて取得することで報酬単価を上げることにもなりますので複数の士業を兼任することが独立で成功することに繋がります。

資格の大原 社会保険労務士講座

コメントを残す

*

*