ビジネス著作権検定の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-03-14

ビジネス著作権検定は10都市で開催されます。企業や学校で団体で受けることも可能です。受験資格はないのでどなたでも受験可能です。初級と上級があり、自分のレベルに合わせて受験できます。著作権問題で揺れる現代において、武器になるでしょう。


ビジネス著作権検定は幅広い年齢層の男女が目指せる、ビジネス能力を高められる資格です。
ビジネス著作権検定資格取得者は他にも著検と呼ばれております。
ビジネス著作権検定の資格は「民間資格」です。

資格広場は、ビジネス著作権検定になるには?ビジネス著作権検定なるためには?ビジネス著作権検定になりたいを応援しております。

ビジネス著作権検定になるために必要な知識・受験資格

著作権の基礎知識と関連法規を中心とし、それを基にしたインターネットの著作権や情報モラルに関しての知識が必要とされます。仕事だけにとどまらず、日常生活でも関わる著作権の問題の知識が幅広く必要となります。また上級編試験では、著作権だけでなく著作権周辺に関する知識や、ビジネスと法律の関係性などを問われるので、より詳しい知識が必要となってきます。

ビジネス著作権検定の資格は「サーティファイ著作権検定」が運営管理を行っております。

サーティファイ著作権検定とは:
サーティファイとは、2001年に社会情勢と人材ニーズの多様化に対応するべくして5協会から発足し、統合した株式会社です。その後、コミュニケーション能力認定員会・著作権検定委員会・コンプライアンス検定委員会の3つの委員会を加え、様々な認定試験を主催しています。

ビジネス著作権検定

ビジネス著作権検定ってどんな仕事?(仕事内容など)

ビジネス実務や日常生活で必要とされる著作権の基礎知識や著作権法、情報モラルに関しての知識を認定する資格です。Basicと上級と初級の3つに分かれています。勤務先としては、弁護士・弁理士事務所や一般企業などで、著作権関連の書類の作成などを担ったり、アドバイスする立場にあります。また、特許出願などのサポート業務が主な仕事となります。

ビジネス著作権検定資格取得の為の勉強法

勉強方法としては、独学か講座を受けるかの2種類あります。独学の場合、まずテキストを購入し、そのテキストを一度読み込みます。その後問題や過去問を解きながらテキストと併用して学習していきます。試験前は必ず問題を解き、復習する期間を作ってください。講座を受講する方は、自分に合った時間帯の講座を受講し、必ず家でも復習をするようにして下さい。

ビジネス著作権検定の専門学校や通信講座について

準備中です。


ビジネス著作権検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ビジネス著作権検定の資格試験料

受験料はBASICが4100円、初級が5000円、上級が7800円となっています。BASICは団体受験のみ受付となっています。

ビジネス著作権検定試験・検定の年間試験回数

初級試験は年に3回、上級試験は年に2回、全国10都市の主要都市で実施されています。

ビジネス著作権検定試験科目等の内容

BASICレベルは、日常生活において著作物を取り扱うときにトラブルを起こさないように知っておきたい著作権制度の入門編なので、初歩的な知識が必要とされます。出題形式は、〇×式と多岐選択式の2通りがあります。初級レベルは、著作権とはどのような権利なのか、著作権を侵害することなく著作物を利用できるかが問われます。基礎知識に加え、法令やインターネットでの基礎知識について多岐選択式問題として出題されます。上級レベルは、著作権に関する問題点を見つけ、解決できるレベルです。契約や司法制度、法令などを応用編で多岐選択式問題で出題されます。

ビジネス著作権検定資格の難易度

勉強時間をそれほど割かずとも取得できる比較的簡単な試験であると言われています。合格率は半数程度になっています。上級に行けば試験問題が難しくなり難易度も高くなりますが、初級であれば合格率は50%程度です。合格率を見るとあまり簡単でないように思いますが、自己学習のみで合格できる範囲内の難易度の試験になっています。

ビジネス著作権検定資格の合格率

合格基準として、得点率がBASIC・初級は65%以上、上級は70%以上の点数が必要です。合格率は初級であれば50%程度、上級になると33%程度です。上級になればそれだけ知識が必要となり、合格率が下がってしまいますが、自分で勉強する程度で合格できる資格になっています。

ビジネス著作権検定試験の合格発表

試験終了後、3週間程度で受験者本人宛に受験結果が郵送されます。その際合格者には一緒に認定証が送付されてきます。


ビジネス著作権検定

ビジネス著作権検定資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ビジネス著作権検定所持者の職業例

弁護士・弁理士事務所のスタッフ

ビジネス著作権検定に向いている人

一般企業、特許事務所などの方はもちろんのこと、弁理士・弁理士事務所に勤務中の方にもオススメの資格です。著作権を理解したうえで、著作権に関係する書類のチェックや業務フォローを行えるようになります。会社でのスキルアップを考えている人に向いている資格です。

ビジネス著作権検定と同じ分野の他の資格

弁理士、知的財産管理技能検定

ビジネス著作権検定の年収・給料相場

ビジネス著作権検定に合格しても、この資格単独での業務は行えませんので、給料は会社によって、勤務形態によって様々であると言えます。しかし、この資格を取得することで給料アップにつながる企業もあります。

ビジネス著作権検定の現状

注目されやすい映画や音楽の著作権だけに限らず、著作権は仕事などの日常生活の中でも気を付けなければいけません。仕事の提案資料や設計図、ホームページのデザインなど著作権は様々なところにありふれています。インターネットが身近に使えるようになった現在、誰でも簡単にコンテンツを作成・発信できるようになりました。しかし、そこには著作権の問題がつきものです。著作権のことを詳しく知っておくことで、ビジネスチャンスが広がり、就職活動などにも有利に働いてくれるでしょう。

ビジネス著作権検定の将来性

インターネットが普及する現代社会で著作権の問題は毎日ニュースで流れる程よく目にします。そこで、著作権の法や基礎知識を理解しておくことで、著作権に関する訴訟や商標登録など知識を活かして、サポート・アドバイスをすることが期待されます。今後、より著作権についての専門家が必要となることが予測され、活躍と重要性が期待できる資格になっています。

ビジネス著作権検定の独立について

ビジネス著作権検定を取得しただけでは独立は困難です。ビジネス著作権検定の取得とともに、他の資格を取得して独立するほかは、弁理士・弁護士事務所や一般企業で著作権業務のサポート役、もしくはアドバイザーとして働くことになります。この資格はスキルアップの一つであると考えておくといいでしょう。

ビジネス著作権検定資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*