ビジネス・キャリア検定試験の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-22

公開日:2018-03-14

ビジネスキャリア検定は8分野、3階級に分かれてそれぞれ39試験実施されます。年に2回、全国で実施されています。厚生労働省が定める職業能力評価基準に基づいているので、スキルアップを目指している方や就職活動をする方には有利になる資格です。


ビジネス・キャリア検定試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、ビジネス能力を高められる資格です。
ビジネス・キャリア検定試験は他にもビジキャリと呼ばれております。
ビジネス・キャリア検定試験は「公的試験」です。


ビジネス・キャリア検定試験取得のために必要な知識・受験資格

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

8分野の試験があるので、自分の必要とする資格をそれぞれ自分に合った階級に合わせて受験することができます。階級によって求められる知識レベルはそれぞれ異なりますが、どの分野も基礎知識を中心とした応用問題などが問われる試験になっていますので、どれも基礎知識をしっかり理解しておく必要があるでしょう。

ビジネス・キャリア検定試験は「中央職業能力開発協会」が運営管理を行っております。

中央職業能力開発協会とは:
中央省庁である厚生労働省の一つとして位置づけられている。職業の力の開発と向上の促進を図るため、国・都道府県と密接に連携している。

ビジネス・キャリア検定試験ってどんな資格?

ビジネス・キャリア検定試験

人事・人材開発・労務管理、経理・財務管理、営業・マーケティング、生産管理、企業法務・総務ロジスティクス、経営情報システム、経営戦略の8分野からなり、それぞれBASIC・1級・2級・3級と等級が設けられていて39試験があります。仕事をしてく中で必要な知識の習得と実務能力の評価を行うことを目的としています。仕事内容としては、人事や労務などのホワイトカラー職種に従事する管理者やリーダーの人たちの実践的な仕事をします。

ビジネス・キャリア検定試験取得の為の勉強法

知識を深め、理解できるように参考書などの市販のテキストを利用して勉強すると効率よく勉強を進めることができます。まず、自分に合った参考書選びからしてください。参考書を一読すると、次は過去問を解きながら実践的に学習していきます。出題カテゴリは毎年よく似ていて、その中でも同じような問題が出題されることもあるので、過去問を解きながらわからないところはテキストなどで理解を深めるようにしましょう。

ビジネス・キャリア検定試験の専門学校や通信講座について

現在調査中です。

ビジネス・キャリア検定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

では早速ビジネス・キャリア検定試験の詳細を見ていきましょう。試験料や試験の難易度についてもご説明いたします。

ビジネス・キャリア検定試験の試験料

受験手数料は階級によってそれぞれ値段が異なります。BASIC級は3000円、3級は5660円、2級は6990円、1級は10000円です。いずれも税込み価格になっています。

ビジネス・キャリア検定試験の年間試験回数

試験は年に2回前期と後期に分かれてあります。前期は10月、後期は2月です。

ビジネス・キャリア検定試験試験科目等の内容

受験分野によって専門知識はそれぞれ必要になってきますが、階級によって出題形式は同じです。BASIC級は仕事をする上での基礎知識をもとに仕事の全体像を把握し、円滑なコミュニケーションを図ることを目的としていて、70問の〇×問題です。3級は、職務全体の幅広い専門知識をもとに、上司の指示や助言を参考にし、自分で問題意識を持ち業務を行うことができるレベルで、40問の4肢択一問題です。2級は3級の知識より幅広い視点を持ち、中心メンバーとして自分の判断・提案をしながら業務を行えるレベルで、40問の5肢択一です。1級は企業戦略の実現のために課題を創造し、専門的知識とその知識をもとにした応用力を活用して、資源を統合・調整することができるレベルで、論述問題が3問出題されます。

ビジネス・キャリア検定試験の難易度

それぞれ分野や階級によって異なりますが、BASICや3級程度であれば、比較的簡単に合格できるレベルの試験であると言えるでしょう。2級になると5肢択一になり、少し難易度が上がります。1級は論述式なので、しっかり理解しておかないと難しい試験です。

ビジネス・キャリア検定試験の合格率

合格基準はBASIC級は約70%以上、1~3級は約60%以上の得点率が必要となります。合格率は全分野平均45%程度です。階級や専門分野においても合格率はそれぞれすべて異なります。

ビジネス・キャリア検定試験の合格発表

合否結果は受験後1か月前後で発表されます。ホームページで発表されるほか、合格者には合格通知が送付されるようになります。

ビジネス・キャリア検定試験取得後の就職先・年収・報酬相場

ビジネス・キャリア検定試験

ではここからは、ビジネス・キャリア検定試験取得後の流れについてご説明いたします。資格取得後の主な就職先や、気になる年収・報酬相場についても調査しました。

ビジネス・キャリア検定試験所持者の職業例

試験分野によって就く職種は様々ですが、営業職や事務系業務、経営者などがあります。

ビジネス・キャリア検定試験の取得に向いている人

自分のそれぞれ仕事している分野のスキルアップを目指している方、新しい分野に挑戦しようとしている方は、自分の専門的知識を証明してくれる資格になっていると言えます。細かく各分野に分かれているので、専門的な知識を学習することもできます。3級は大学生などのこれから社会人になる方や新入社員の人にオススメです。2級は入社2~3年程度で今後仕事の実践力をつけたい人、1級は入社5年以上のリーダーなど管理職を目指す人にオススメの資格です。

ビジネス・キャリア検定試験と同じ分野の他の資格

ビジネス能力検定

ビジネス・キャリア検定試験の年収・給料相場

この資格を取得しただけで独立して働けるわけではないので、この資格だけで給料を算出することは困難です。なので、就職する会社によって給料はそれぞれになります。しかし、2級など上位の階級を取得することによって管理職につけたりと、スキルアップにつながることは間違いないでしょう。

ビジネス・キャリア検定試験の現状

厚生労働省の基準に基づいて判定される検定なので、一般企業などでもビジネスキャリア検定を導入している会社もあります。幅広い分野の知識を証明してくれるので、様々な企業で取り入れられています。企業においても、資格を取得することでキャリアアップにつながったりと、利点はある資格になっています。

ビジネス・キャリア検定試験の将来性

職場を問わず活用できる資格であり、分野も様々存在するので、多くの企業で活用されます。転職や再就職の際にも有効な資格であると言えるでしょう。自分の能力を客観的に証明してくれるので、就職する際には有利になる資格です。今後幅広い分野で活躍できる人材を取得したい企業にとっては有効な資格です。

ビジネス・キャリア検定試験所持者の独立について

取得することで仕事が保障される資格ではないですが、業務をするうえで必要な知識を学習する為にも、役立つ資格であると言えます。徐々に階級を上げ、2級以上を取得すれば管理職などの役職に就くことができるかもしれません。

ビジネス・キャリア検定試験を所有している主な著名人

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

該当なし

コメントを残す

*

*