宅建の講座を受講すれば宅建士の資格取得は案外簡単に出来るもの?

masman

by kame

更新日:2019-06-17

公開日:2019-05-31

宅建講座で簡単に

人気と注目を集めている宅建士になるためには宅建資格試験をクリアしなくてはなりません。そんな宅建士資格の取得を後押ししているスクールや通信講座は街中でもよく見かけますよね?講座を受講することによって資格の取得は簡単になるのでしょうか?

       

近年一気に人気の高まっている宅建士ですが、宅建士になるにはもちろん資格試験に通らなくてはなりません。

宅建士資格取得の後押しをしているスクールや通信講座などは街中でもたくさん見かけますし、ネットでも少し調べればたくさん出てきます。これらの講座を受講すれば資格取得は簡単になるものなのでしょうか

本記事では宅建士資格試験と講座について、まとめていきます。

簡単に宅建試験に合格したいなら資格スクエア!

宅建の資格を取得するなら

宅建試験に簡単合格!宅建資格取得

資格スクエアでは、効率を最重視した宅建合格パックが用意されています。毎年の試験の出題傾向などを探り、最新の教材を利用した講座が強みです。

そのため、難易度の高い割には試験では点数に結びつきづらい場所と、重要度の高く得点を稼ぎやすい問題がしっかり分かり、無駄を省いた勉強に特化できるのです。

短期間で合格するには効率の良い勉強は欠かせません。ですが、効率だけを求めて他を疎かにするのではなく試験直前向けの対策もしっかりできるようになっています。

通信講座は、基本的に校舎の維持費や教員の人件費などが膨大になる予備校などと比べはるかに低価格で充実した勉強をすることができます。資格スクエアの宅建パックはこれだけの充実した教材がひとまとめになっているにもかかわらず64,800円での提供で、これは予備校などに比べると3分の1の費用となっています。

宅建士の講座は充実している

講座

宅建士資格は、スクーリング講座も通信講座もどちらも充実ぶりが凄いことで有名なんです。

資格学校や大手通信講座サイトを見れば、確かに宅建を取り扱っていない所はほとんどありません。

宅建士資格試験の難易度

資格試験の合格ボーダーは、大体7割程度と言われています。試験は選択式の問題が50問出題され、35問~37問が例年の合格ラインとなっています。

勉強内容自体は、絶望的な難易度ではありませんし、およそ15問程度もミスが許されている試験なので、しっかりと勉強さえしていれば合格できないほどではないでしょう。

実際、独学で宅建士の資格を取得しているという人も数多くいます。という事は、講座を利用すればもっと簡単に資格取得できることは間違いありません。真面目に勉強に取り組んでさえいれば案外簡単に合格できたと言っている宅建士試験合格者も多いのです。

講座を受講すれば資格取得が簡単になる理由は?

講座充実

独学でも合格は不可能ではない難易度の試験なら独学が一番お金もかからず手っ取り早いのでは?と思う人も多いでしょう。

なのになぜ講座を受講する人が多いのでしょうか?

その理由には、『短時間で資格取得をする』とか、『より簡単に資格取得したい』という考え方があります。

教材を一括で用意してもらえる

講座を受講することで一気に資格取得が簡単になる一番の理由はここにあるでしょう。

独学で資格取得を目指そうとする場合はまずテキストや問題集を選ぶところから始まりますが、ここでどんな教材をチョイスするのかによって勉強が簡単になるか難しくなるか大きな分かれ目ともなりますよね?

講座ならば教材は試験に合格するために適した内容でまとめられたテキストや過去問を手に入れることができるほか、通信講座ならではのスマホやタブレット・PCなどを使って講義動画を見ることもできます

講義は、動画を視るにしても学校に行って講師の行う講義を実際に聴くにしても、独学では受けることのできない要素であり、勉強を教えてもらえるというのは大きな差となります。

講座を利用すれば資格の取得が簡単になる理由の大部分を占めているとも言えるでしょう。

用意されたカリキュラム通りに勉強すれば良い

いざ資格の取得目指して勉強しよう!と意気込んでテキストや問題集を買ったはいいものの、何をどういう風に勉強していけばいいのかよく分からない…という、勉強する内容がわからないのではなく何を勉強すればいいかが分からない人はたくさん居ます。

講座を受講してしまえば、カリキュラムが組まれていますので、何を勉強すればいいのか分からない…という問題は一発で解決されます。実は資格試験というのは勉強方法が分かるだけでも随分その難易度は簡単になるものなんです。

また、講座を作っている各学校などのそれぞれのノウハウも生かされているカリキュラムであるため、手当たり次第にテキストを全て読むのに比べて必要ポイントをしっかりと押さえ、効率よく短時間で学べるという事も大きなメリットになります。

資格スクエアの教材がイチオシ!

宅建の資格を取得するなら

イチオシの教材を体験する宅建資格取得

資格スクエアでは、スマホでも見れる動画講義を繰り返し見る、そして試験前には直前対策講座で仕上げるという流れで非常に効率よく勉強を進めることができます。

さらにイチオシなのは、日本初のAIを利用して試験問題を予測する、その名も『未来問』という練習問題を利用できること

2018年の宅建士試験では、2018年用未来問と本試験でのカテゴリー的中率78%という信頼度の高い数字を記録しています。

効率よく学べるとは?

宅建士試験の合格ボーダーは前述の通り約7割です。

TOEICの検定のように満点を狙ったり、できる限り高得点を取ることを目指すということは宅建士試験に合格することにおいては必要ありません

そしてその事を講座を開いている各社はよく理解しています。(ただし厳密には毎年相対評価で合格ラインが定められているため、1全50問中ピッタリ35問正解をとれば必ず合格という訳ではありませんのでこの点には注意が必要です。)

そして、過去の出題傾向などを全てまとめ上げることによって、出題される可能性が高い範囲を絞り込んで学習できるような教材をそれぞれ各社で制作しているのです。

宅建士の試験は、過去問の焼き直しが非常に多いとも言われていますが、講座を利用せずに個人で勉強する場合、過去問の出題傾向の研究なんかをしている暇があったらその時間を勉強に充てたいと思うのが普通です。

最初から7割を目指すことで効率よく学べるようになっている教材を手に入れることができるのは講座ならではの利点だという事が良く分かりますね。

スクーリング講座に通学すると資格取得が簡単になる?

通信講座

講座を利用して簡単に資格取得を目指すとなると、通信講座を利用して自宅で勉強するというやり方もあれば、週に1回や2回ほど学校に通学するパターンもあります。

学校に通学するスクーリングの資格講座にはどんな資格取得が簡単になるメリットがあるでしょうか?

講師に直接質問ができる

一つ挙げられる大きなメリットは自宅での学習ではなかなか難しい、分からない所や勉強で詰まっている所に関してスクールの講師に直接質問ができる点です。

資格試験の勉強では、テキストを読むだけで理解できる部分に関しては全く問題ありませんが、何でそうなるのかがテキストだけでは分からない部分で詰まってしまうとモチベーションの維持も難しいものです。

そういった局面を簡単に突破できるのが通学の一つのメリットと考えられるでしょう。

勉強仲間と教え合うこともできる

同じ勉強をしている仲間と出会うことができるのも学校にしかないメリットです。

資格取得に向けての勉強の話ができるのは、モチベーションの維持には大きな力となってくれますし、やはり講師への質問と同じく難しい部分や壁となる少し理解するのが簡単ではないポイントをクリアしていくのには、1人で勉強するのに比べて有利に働きます。

スクーリング講座の思わぬ落とし穴には注意

講座の落とし穴

上記のようにスクーリング講座に通えば、独学と比べて資格の取得が簡単になるメリットはたくさんありますが、思わぬ落とし穴として、勉強をした気分になってしまうという点はあります。

学校に行っただけで、「今日は勉強したなー」という気分になってしまうのです。

講座を利用すれば資格取得までの勉強を簡単にしてくれることは間違いありませんが、それでも自宅での学習は疎かにはできません。

自宅で予習や復習に力を入れずサボってしまっては、熱意の高い独学で資格取得を目指している人達に勉強の効率が劣ってしまうというパターンもありますので、注意しましょう。

宅建士講座を受講すれば資格取得は簡単?まとめ

宅建の資格を取得するなら

宅建講座に申し込む宅建資格取得

宅建士の資格講座を受ければ資格取得は簡単になるのか?をテーマにまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

宅建士は確かに独学でやっても合格が不可能という程の難易度ではありませんが、通信講座やスクーリング講座を利用することで、短期間の勉強で効率よく学ぶ事ができるようになります。

つまり、1人でやるには少し難易度の高い勉強を簡単にすることができると言ってもいいでしょう。

人気も高く知名度・需要ともに高めの宅建士を目指すなら今がチャンスです。どうせならなるべく簡単に宅建士の資格取得を目指したい!と考えている人には、自分のライフスタイルに合わせて通信スクエアの講座やスクーリング講座の受講をしてみることをおすすめします!

コメントを残す

*

*