MBA資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-03-14

MBAは海外のビジネススクールか日本の決められた大学院を卒業することで取得できます。MBAを取得しておくことで、ランクアップや就職に有利になりますが、取得には高額な費用が掛かります。人気のある資格なので、取得するのは狭き門となっています。


MBAは幅広い年齢層の男女が目指せる、ビジネス能力を高められる資格です。
MBA資格取得者は他にも経営学修士と呼ばれております。
MBAの資格「民間資格」です。

資格広場は、MBAになりたい方を応援しております。

メディパートナーバナー 資料を比較してMBA資格取得の準備を!

MBAになるために必要な知識・受験資格


経営学のことはもちろんのこと、経営学だけでなく国際経営に精通する知識が必要になります。
海外に留学してMBAを取得する場合、TOIFLやGMATを受験する必要があります。

トップスクールを目指すにはTOIFL120点中100点以上、中堅スクールでも80点以上が必要です。
GMATの場合もトップスクールは800点満点中640点以上、中堅スクールでは550点以上とかなりの高得点が必要となります。

MBA

MBAってどんな仕事?(仕事内容など)

世界各国のビジネススクール(ビジネス系大学院)で一定の単位を取得することで与えられるビジネス学位のことを言います。
日本でも決められた大学院を卒業することで与えられます。

MBA取得者は、高収入も期待でき、就職にも有利に働いてくれます。
自分のスキルアップのために取得する方もいますが、最終的に社長や博士などの会社のトップを目指す人に有効な資格であると言えます。

MBA資格取得の為の勉強法

MBAをアメリカで取得する場合は、TOEFLやGMATの成績も重要になります。

TOEFLやGMATの試験に加え、それぞれの大学院、ビジネススクールの試験勉強もしなければなりません。

MBAの専門学校や通信講座について

メディパートナーバナー MBAの通信講座はコチラ!

MBA資格取得のための勉強に、通信講座を利用するというのも手です。

ビジネス系のスクールに通うだけでなく、国際資格を取り扱っている専門の通信校などもあり、今の仕事を続けながらキャリアアップのための勉強をすることも可能です!

スクールに通わなければ、MBAの資格は取れないんだとあきらめないで、通信でMBAを取得できる方法も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

MBAの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

MBAの試験料や試験回数、難易度や合格発表に関する情報をまとめました。

MBAの資格試験料

MBAを取得するには大学院に通って取得する資格なので、試験料はありません。
大学院にかかる費用の目安として、日本では比較的安く国立大学なら授業料も年間50万程度になっています。

一方、海外留学して取得する場合、留学費用に加え、試験料などもかかるためかなり高額になってきます。

MBA試験・検定の年間試験回数

ハーバード大学などのビジネススクールは出願期限を3回に分けて設定していますが、1回目の早期出願が有利になります。
海外留学の場合TOIFLやGMATの試験設ける必要があるので、確認が必要です。

TOIFLは年に50回、GMATは年に12回程度実施されていますが、そのうち1年間で5回しか受けられません。
日本ではそれぞれの大学の大学院の受験日なので年に1回です。

MBA試験科目等の内容

MBAは海外のビジネススクール、もしくは日本の大学院を卒業することによって与えられる資格ですので、試験というものはありません。

海外に留学する場合TOIFLやGMATなどの試験を受け、ある程度の点数を取っておかなければなりません。
日本の大学院でMBA取得できるところの数は増えていますが、大学院進学のために勉強しなければなりません。

MBA資格の難易度

日本の大学院でMBAを取得するより、海外留学をしビジネススクールで取得する方がかなり難易度は高くなります。

MBAを取得したからと言っても、どこの大学院もしくはビジネススクールで取得したかによってランク付けがされます。
人気の高い大学院に行くにつれて、難易度は高くなります。

MBA資格の合格率

ビジネススクールか大学院を卒業すれば与えられる資格なので、合格率はありません。
トップスクールのビジネススクールや大学院に合格するとなると合格率はかなり低くなります。

しかし、MBAの資格は出身校によっても評価されるので、学校選びは慎重に行う必要があります。

MBA試験の合格発表

ビジネススクール、もしくは大学院を卒業すれば得られる資格なので、合否の発表はありません。

MBA

MBA資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ここからはMBA資格取得後の主な就職先や年収、給料の相場などについてご説明いたします。

MBA所持者の職業例

起業家、経営者、社長、創業者

MBAに向いている人

経営者や技術職、研究職といったスペシャリストの人も、キャリアを積むと、仕事で会社の発展にどのように貢献できるかという経験者の視点を求められるので、経営者の視点を得たい人に資格を取ることが勧められます。

また、海外へと活躍の場を広げたい方には世界共通の資格なのでお勧めです。

MBAについての関連記事

社会人のキャリアアップにオススメの資格、MBAの取得方法は?
今回は社会人のキャリアアップにもオススメの資格であるMBAの資格に関して、取得のメリットや取得方法について詳しく調査しました。また国内・海外の学校におけるMBAの取得方法の違いについても紹介しているので是非参考にして下さい。
MBA取得者の気になる就職先は?就職希望ランキングもご紹介
今回はMBAに関して、資格取得者の気になる就職先や就職事情について徹底解説します。就職先にも関わるMBAの種類や取得者に人気の就職先ランキングも取り上げているので、これから実際に就職を検討されている方は参考にして下さい。

MBAに関連した資格

税理士資格の難易度に関するランキングは?取得後の年収は?
税理士とは、税の専門家として企業や個人における申告納税推進、納税代理や企業コンサルなどを行います。独立開業をしたい方にとっては税務の知識は必要不可欠で、とても重宝される資格です。難関資格ですが、それよりも難しい弁護士や公認会計士の資格を取得すると...
公認会計士になるには?仕事内容・報酬相場を徹底分析
公認会計士は企業の監査業務、会計業務、コンサルティング業務、税務業務を行うお仕事です。監査業務は会社とは独立した第三者である公認会計士が必要となるため、公認会計士は重宝されます。公認会計士はいわば会計と監査の専門家で、超難関な三大国家資格として知...
中小企業診断士の難易度は!?合格率や年収・仕事内容
中小企業診断士は経営コンサルタントとして認められる唯一の国家資格です。類似した資格である社労士や税理士と比べ、最も自由度が高い国家資格となっています。社労士は保険業務、税理士は税務関連と限定した内容に特化しているのに対し、中小企業診断士は企業の経...

MBAにに関連した資格・職業…簿記検定、不動産鑑定士、ビジネス能力検定、ファイナンシャルプランナー

MBAの年収・給料相場

海外のトップスクールを卒業し、MBA資格を取得すれば、年収は2000万円程度になると言われています。

しかし、日本の大学院を卒業してもなかなか給料アップにつながらない現状です。
日本では企業によって年収は様々です。

MBAの現状

MBAはグローバル化が進む社会の中で、国際標準として経営スキルを学べるので日本国内でも注目度が高くなっています。

また、経営の知識やマネジメントスキルを身につけることができるので、ニーズも高まってきています。

MBAの将来性

日本で取得するにしても、海外で取得するにしても、かなりの学力が必要となります。

しかし、それだけの価値がMBAにはあります。
日本の大学もMBAが取得できるようなプログラムを作っており、日本での取得も可能になってきていますが、学歴が重視されます。

外資系やキャリア志向の強い人には、現在でも重要視されていますが、今後さらにMBAを取得していて間違いないでしょう。

MBAの独立について

MBAを取得していても、国内での評価はそれほど高くないようです。

また、MBAを取得するためのビジネススクールによっても、MBAの価値が変わるようで、一様にMBAを取得したら独立につながるというわけではありません。

MBAはすでに出来上がった企業の経営について学ぶことが主な目的なので、起業するための知識やスキルは学べません。就職など有利になる点は多くありますが、独立となると厳しいのが現状かも知れません。

MBA資格を所有している主な著名人

新浪剛史(ローソン社長)、三木谷浩史(楽天株式会社社長)

MBA資格の難易度・資格取得方法まとめ

メディパートナーバナー MBAの通信講座はコチラ!

MBAの資格取得は、試験を受けて合格をもらう…という方法ではなく、一定の過程を受けて卒業すれば取得できるので、まずはMBA資格を取得できる学校に通わなければいけません

海外の大学院などを卒業するというイメージもあるかもしれませんが、日本にいながらでもMBA資格を取得できる方法はあります!

試験の具体的な難易度というものはありませんが、大学院に通うことは決して低いハードルではないと思います。
しかしながら、それだけの時間を労力をかけても資格取得すれば自分の大きな武器になります。

資格取得を目指したいなら、通信で取得できる講座などを検討してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

*

*