GCDF資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-03-14

キャリアカウンセリング協会によって年に3回程度試験が行われています。事前にGCDF-Japanキャリアカウンセラーの講座を受けることによって取得しやすい資格になっています。複雑化する社会の中で、今後より注目される資格になっています。


GCDFは幅広い年齢層の男女が目指せる、ビジネス能力を高められる資格です。
GCDF資格取得者は他にもキャリアカウンセラーという名称で呼ばれております。

GCDFの資格は「民間資格」です。

資格広場ではGCDFになるには?GCDFなるためには?GCDFになりたいを応援しております。

GCDFになるために必要な知識・受験資格

キャリアコンサルタントとして活躍するために、幅広い知識と相談に乗れる実践的なスキルが必要です。試験内容に実技試験がある様に、現場ですぐに実践できるカウンセリング能力を学ぶ必要があります。この資格を取得することが、現場での活躍に直結する資格になっています。

GCDFの資格は「特定非営利活動法人 キャリアカウンセリング協会」が運営管理を行っております。

特定非営利活動法人 キャリアカウンセリング協会とは:
キャリアカウンセリング協会は2003年の設立以降、理念として「働く人一人一人がそれぞれ人生のステージで、より自分らしい生き方と働き方を選択し、その能力を発揮できる社会の実現に寄与すること」を挙げて活動しています。

GCDF

GCDFってどんな仕事?(仕事内容など)

国際的なキャリアカウンセラー基礎能力を認定する、日本版の資格です。キャリア支援を行う専門職のことで、高いクオリティの支援を実現できる人のことを言います。企業では、キャリア支援全般の業務に従事します。例えば、企業人事や教育研修部門のキャリア相談、人材サービス企業や派遣の現場でのキャリア面談、自治体などでのキャリア業務を実施しています。活動の場は様々で、教育機関や公的機関で活躍している人もいます。キャリアカウンセラーとは、人が就職した時や職場における問題をカウンセリングする人のことを言います。現在、人間関係や労働問題が複雑化していく中で、このような資格保持者の需要が伸びています。

GCDF資格取得の為の勉強法

勉強方法として主催団体認定の講習や講座の受講や専門学校などの資格スクールなどを受ける人が多いようです。試験内容もGCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラムの講習内容から出題されるので、自主学習というよりは講座を受けたほうが効率的に勉強できるかもしれません。研修は、試験の1か月前頃から開始されますので、試験を受ける前に調べてみてください。

GCDFの専門学校や通信講座について

準備中です。


GCDFの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

GCDFの資格試験料

研修の費用が378000円と高額になりますが、研修は必要です。受験料は、筆記のみであれば9720円、実技のみなら21600円、両方受ける人は31320円になっています。また、資格取得した後でも初年度は資格認定審査料9770円、2年後からは資格年間登録料8640円、資格更新料は3年ごとに15120円かかります。

GCDF試験・検定の年間試験回数

試験回数は、開催場所によって異なりますが、東京・大阪で年3回、福岡で年2回開催されています。

GCDF試験科目等の内容

GCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラムの講習を受講した人が受験可能になります。この講習で学んだことを中心とした問題を筆記試験では、四肢択一で50問と400~800字程度の論述問題が1問出題されます。また、実技試験としてカウンセリングスキルの確認のための口頭試問が15分程度行われます。質問内容としては、クライアントが抱えている問題をどの程度把握できているか、どのように支援していくかを問われます。

GCDF資格の難易度

合格率は筆記は70%程度、実技は60%程度とまずまず結果が出ています。GCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラムを受講することで、筆記試験の内容はほとんど学べるので難易度はそれほど高くありません。面接試験では実践力を試されるので、即座のアセスメントが必要になるので、応用力も必要かと思います。

GCDF資格の合格率

筆記試験は70%程度の人が合格出来ていて、実技試験は60%前後の人が合格できています。筆記・面接ともに合格し、資格を得た人は50%程度です。

GCDF試験の合格発表

合格発表は試験終了後3週間程度で、自宅へ合否結果が郵送されます。

国家資格バナー

PR


GCDF

GCDF資格取得後の就職先・年収・報酬相場

GCDF所持者の職業例

大学・高校などの教育機関、企業内人事部、ハローワークなどの公的機関、派遣会社

GCDFに向いている人

人材サービス企業や企業の人事担当の人、大学や高校の教育機関、ハローワークなどの相談員の人などのキャリアコンサルティングを仕事として働いている人には是非取得しておいてほしい資格になっています。

GCDFと同じ分野の他の資格

キャリア・コンサルティング技能検定、キャリア・コンサルト、中小企業診断士

GCDFの年収・給料相場

GCDF-Japanの年収は企業によっても様々ですが、年収は350万円から550万円となっています。給料は年齢によっても異なります。月額換算すると、最初は20万円程度ですが、ベテランの人になってくると30万円以上が期待できます。

GCDFの現状

日本の雇用形態が変化し、働き方は多種多様となっており、一人ひとりの違う働き方への支援が必要になってきています。また、若年層の離職率や無就業問題などもあり、学校教育の中でもキャリア教育の必要性も出てきており、キャリアカウンセラーへの注目が高まってきています。2016年より国家資格になったことで、より質の向上が求められています。

GCDFの将来性

複雑化する社会の中で、キャリアカウンセラーの役割は今後より重要視され、活躍の場は今よりももっと広がってくるはずです。またGCDF-Japanの資格を取得することで、キャリアカウンセラーの国家資格の取得へとつながるので、自分のスキルアップにも有効な資格になっています。

GCDFの独立について

GCDF-Japanの資格を取得することで、独立される人もいますが現状は厳しいようです。まず、国家試験を取得しておく方がいいかもしれません。また、独立しても人とのつながりなどで仕事を得ないと、なかなか継続していくことが難しいです。個人事業主としてではなく、企業の中でキャリアカウンセラーとして働く人の方が多いです。

GCDF資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*