宅建を最短合格するなら「通信講座」がおすすめな理由とは?

masman

by kame

更新日:2019-06-18

公開日:2019-06-05

EC宅建最速合格通信講座

宅建試験の最短合格を果たすなら、通信講座がおすすめ!その理由は何故でしょう?最短合格のためには効率的な勉強をすることが欠かせません。通信講座なら、何を勉強すればいいのか?どの範囲が効率よく試験の得点を伸ばせるのかに注目した教材も手に入ります。

       

宅建士資格試験の最短合格を狙うためには、どんなことが重要になってくるのでしょうか?

いくつかポイントとなってくることはありますが、それらのポイントの大事な部分を押さえてくれるのが通信講座なんです。

効率の良い勉強の方法や、分からない問題があるときにアドバイスを貰えることなどは、サクサクと勉強を進め、最短合格を狙う場合に重要なことです。

という事で、今回は通信講座がおすすめな理由をまとめていこうと思います。

おすすめな通信講座は資格スクエア!

宅建資格取得方法

宅建試験に簡単合格!宅建資格取得

宅建士資格試験の対策を練っている通信講座はたくさんありますが、中でも資格スクエアは特におすすめです。

法律系資格の勉強を教えることを得意としている講座で、日本最難関資格試験とされている司法試験・予備試験の合格者も多数輩出している実績もあります。

後述で紹介する通信講座の利点は一通り押さえており、スマホでも見ることのできるオンライン講義動画は再生速度の変更や、苦手分野の視聴など様々な機能があり、使いやすくなっています。

価格は、100時間分の便利で効率のいい勉強がひとまとめのセットになっている2019年宅建合格パックで6万4800円となっています。

通信講座とは?

宅建 通信講座

通信講座とは、講座を運営している学校からテキストや教材が届き、それを利用して自宅などで自分のペースで学習するタイプの講座です。

インターネットや郵便などを利用して、課題を提出すれば、講師が添削してくれてアドバイスなども貰うことができるという仕組みです。

自宅でもできる学習で、自分のペースで進められる点は独学にも近いですが、講師に分からないことを聞けることや、教材が一式手に入ることなど、通信講座がおすすめな理由がたくさんあります。

通学と比べて安上がり

本気で資格を取りに行くなら、資格の専門学校などに行くことも選択肢の一つには入ります。

しかし通信講座と通学の学費の差はものすごい差があります。その理由は、教室を借りるためのコストと、講義を行う時間分だけ必要となる講師への人件費です。

通信講座の場合は課題の添削を行う時間分だけしか講師の人件費がかからない上に、教室まで出てきて講義をすることはないので各段に安くなるのです。

宅建最短合格に必要なことは?

宅建最短合格

宅建の最短合格を目指すのなら、効率のいい勉強をするしかありません

基本的に、初めて宅建に挑む人を基準にしておよそ300時間の学習が必要と言われている宅建ですが、早い人では50時間~100時間程度の勉強で最短合格を狙えるという人も居ます。

他の資格試験を受けた経験があるかどうかや、資格試験のための勉強を進めることに慣れているなど、最短合格を狙える別の理由もたくさんありますが、勉強の仕方を効率的にするという所に視点を向けることは誰にでもできることであり、おすすめです。

効率のいい勉強

ここでの効率のいい勉強は、あくまで宅建試験で最短合格を狙う為におすすめな勉強となります。

具体的にどうするのかというと、得点を稼ぎやすい問題を重点的に狙う事です。

宅建の試験問題は全部で50問、その中でも民法と宅建業法の科目に関しては、14問・20問も出題される枠があり、この2科目を完璧に仕上げた場合、2つの科目だけで34点も取ることができます

つまり全体のうちのおよそ7割を占めているのです。

さらに宅建試験の合格ボーダーは例年およそ7割ぐらいとなっているため、この2科目を重点的に狙って勉強することは宅建の最短合格を目指すうえで最もおすすめのやり方とされており、その理由がここにあります。

試験慣れや勉強慣れ

色々な資格試験を経験している人は、試験本番でのペースの取り方や、試験日までの勉強のペースなどのほか、勉強のやり方の面ではテキストの読み込み方やノートやメモの取り方などに慣れがあり、効率のいい勉強を自然とこなせていることが多いでしょう。

最短合格を目指すにあたっては勉強以外の面での有利は大きく響くことになります。

予備知識があれば有利

例えば、資格は持っていないけど不動産業に就職して、やっぱり仕事で資格がほしくなった!という人が宅建を受ける場合なら、宅建業務に関しての予備知識がある状態です。

不動産業の事は全然分からないし宅建を受けるのも初めてだけれど法学部出身です。という人なら、法律用語や民法についてはある程度強い状態です。

このように宅地建物に関する予備知識や法律に関する予備知識があれば、勉強はスムーズに進み、最短合格を狙いやすくなります。

宅建の勉強法!おすすめは通信講座?

宅建効率のいい勉強

宅建試験の全体の合格率をチェックすると、毎年およそ15%です。十分難関と言えそうな合格率の低さですよね…。

しかし、通信講座を利用している人に絞って合格率を見てみると、様々な通信講座を開講している企業のデータを見れば合格率は4倍にも5倍近くになるところもあります。

これだけでも宅建に最短合格するなら通信講座の利用がおすすめと言えそうですが、もう少し詳しく見ていきましょう。

そもそも、宅建の試験は年に1度しか行われていないため、そもそも合格できなかったら次のチャンスは1年後です。最短合格を目指すぐらいなのですから、年に一度の試験に失敗して来年まで待つなんてわけにはいきませんよね?

試験用の勉強に慣れていなくてもできる教材

市販のテキストを購入して独学で宅建に挑む場合を考えてみましょう。

独学では、先生が教えやすいように作られた教科書を使い、先生の説明と教科書の内容を両方取り入れて授業が進んでいく学校での勉強と比べて、非常に勉強を進めづらく、何から勉強すればいいのかも分かりづらいものです。

通信講座がおすすめな理由の一つは、資格試験のための勉強の進め方に慣れていなくても、何をするべきなのかが分かりやすい教材を使って勉強できる点がまず挙げられます。

効率のいい勉強ができるカリキュラム

通信講座を利用することで使えるテキストや過去問などの教材は、これまでの数年間・十数年間にわたって様々な生徒に試験のための勉強を教えてきたノウハウが詰まっています

問題の出題傾向や、頻出問題、引っ掛かりやすいひっかけ問題への対策や、重要なポイントなどが分かりやすくなっていることなどは通信講座を利用するメリットであり、通信講座の受講をおすすめする理由です。

最短合格を目指している人のためのコースもある

通信講座のコースには実に様々な種類が用意されているんです。

慎重に勉強したい初学者向けのみっちりしたコースはもちろん、最短合格を狙う人のための効率よく短期間で点数を伸ばせる勉強ができるコースも最近では人気を上げてきています

宅建はスクーリングや夜間開講の講座なども充実していますが、通信講座の種類も近年一気に充実してきており、十分におすすめできます。

通う必要がないので、自主的に勉強を進められるなら、ある程度自由が利くというのもおすすめの理由の一つです。

資格スクエアの合格パック

宅建の資格を取得するなら

超効率の宅建合格パック!宅建資格取得

今紹介した通信講座の利点、「資格勉強に慣れていなくても勉強の仕方が分からなくなることはない」「これまでのノウハウや、過去問の分析などがぎっしり詰まった教材が利用できる」などのメリットがしっかり詰まったおすすめの通信講座が資格スクエアの2019年合格パックです。

過去問による勉強が大切な宅建士資格試験ですが、ただ過去問を繰り返し解くだけではなく、これまでのすべての過去問を参考に、問題を解くための必要知識のインプットと、その知識を利用して解答が出せるかどうかのアウトプット力をしっかりと身に着けることのできる、過去問から作成された動画講義が実力を早く高めるのに役立ちます。

間違いなくテキストを読んで過去問を解くだけの勉強方法よりも、素早く、高い実力を身に着けることができる通信講座です。

宅建の最短合格に「通信講座」がおすすめな理由まとめ

宅建の資格を取得するなら

宅建合格パックを申し込む宅建資格取得

最短合格を目指すなら、大きなポイントとなるのは勉強のやり方でした。

民法と宅建業法に集中して勉強し、完璧に近づけておくことで34点付近までは一気に近づくことができます。つまり最短合格を狙うのに適した科目ということになります。

この考え方は、実はどの資格試験を受ける場合にも言えることで、宅建に限った話ではありません。最初から満点を目指さずに合格点まで達するのに適している部分を重点的に勉強する方法は最短合格を目指したい場合には非常に有効です。

また、すぐに資格がほしくて最短合格を目指すという場合なら、通信講座をを覗いてみることをおすすめします。詳しく見てみれば、スピード合格パックなどを開講している通信講座も数多く存在しています。

しかし、重要なのは合格することであり、短い期間の勉強で合格したかどうかは宅建士になってしまえば関係ありません。むしろじっくりと勉強した人は、それはそれで無駄にならないはずです

宅建士として働く時にも試験で問われた宅建業法などの知識は必ず必要な訳ですから、試験の問題を解くだけのために憶えてすぐに忘れてしまうよりもじっくり勉強してしっかりと記憶している人の方がプラスになることさえもあるでしょう。

コメントを残す

*

*