『宅建』の資格は学生でも取得可能!オススメの勉強法は何がある?

masman

by ari_na

更新日:2019-09-30

公開日:2019-09-30

不動産

国家資格である”宅建士”は、不動産業に勤務していなくても主婦や学生(中には未成年者も含む)が合格している資格なのです。学生のうちに取得可能なら、就職の際に活かしたいですよね!そこで今回は勉強にオススメの学習サービスについて見ていきましょう!

       

”宅建士”と言えば、合格率が低めの国家資格として知られていますが、不動産業の関係者以外にも主婦や学生のうちから合格する人がいるのです!
ごく少数ではあるものの、中には未成年での合格者も出ているので、これから受験を考えている人にとっては励みになると思われます。

学生も取得可能な”宅建士”の資格は、どのように勉強するのが良いのか、オススメをご紹介いたします!

学生のうちに資格を取得しよう!

家

就職活動に勤しんでいる学生の皆さん、いつもお疲れ様です。
社会に出ると大変なことや辛いことも多いですが、とてもやりがいのある仕事に出会えると毎日が楽しくなり、生活もイキイキしてきます。

まずは就職で内定を取るまでも大きな苦労がありますが、そのために資格を取得しようと頑張っている方も大勢いるはずです。

資格の関係ない職種ならともかく、このご時世は何らかの資格があることで、就職や転職が有利になることが多いのです。

学生が取得できる資格は?

学生が取得できる資格と言えば、「漢字検定」や「英語検定」などおなじみのものから、就職に役立つものまで実に幅広いです。

学生は学校での勉強以外にも、サークル活動やアルバイトなど、やることは山積みです。その多忙な中で独学で資格を取得する学生もいます。
国家資格では、最近話題の『ITパスポート』や『ファイナンシャルプランニング技能検定』などを受験する人が多いです。

数多くある国家資格の中でも、学生の皆さんに”宅建士”の資格についてご紹介していきます!

宅建士とはどんな資格?

宅建士とは、不動産を売買したり貸借をする際に、土地や建物の状況や権利関係などを調査して、取引の相手方に対してその内容を取りまとめた「重要事項説明書」を交付・説明するといった内容が仕事です。

契約を結ぶと簡単に言っても、不動産は高額であることが多く、複数の法律が絡み合って難解な場合もあるので、専門的な知識を持ってお客様がトラブルに巻き込まれたりしないようにお手伝いをします。

不動産会社の事務所では、5人に1人以上の割合で宅建士が必要となっています。

不動産屋金融業者に勤めたい人は取得しよう

学生の場合、将来は不動産業界か金融業界に勤務したいと考えている人は、宅建士の資格を取得することをオススメします。

会社によっては宅建士の資格を必ず取得するように通達するところもあるので、学生のうちから勉強して合格していれば、就職してからの勉強するという手間もないので、すぐさま仕事に役立たてられます。

他の資格と合わせれば独立も可能

また、学生のうちは感じなくても、社会人として働く中に将来は独立したいとの気持ちが芽生えてくることもあるかもしれません。

もしも「独立したいかも」という気持ちが少しでもある方は、宅建士の資格以外に『土地家屋調査士』や『司法書士』の資格も取得しておくと、いざ独立する時に様々な可能性を広げられるでしょう。

司法書士も合格は容易ではありませんが、学生でも勉強を積み重ねて、大学在学時に合格を勝ち取る人は少なからず存在します。

オンライン学習サービスで勉強しよう

家

学生の本分は勉強ですが、中にはサークル活動や生活費を稼ぐためにアルバイトをしていて多忙な人も多いですね。
受験するからには効率よく勉強し、宅建士の試験に合格する可能性を1%でも上げたいと誰もが思うはずです。

そこでオススメなのが、オンライン学習サービスの『資格スクエア』を利用して勉強する方法です。

資格スクエアなら質の高い学習ができる

資格スクエア 学生さんにもおすすめの資格スクエア

『資格スクエア』は通学するタイプの予備校や通信講座とは違い、資格に合格するために質の高い学習ができます。

勉強をしたい方の負担を少しでも軽減することを念頭に置いているので、広告宣伝費などのコストをカットして、「テキスト」や「問題演習」、「講義」や「サポート体制」の充実化を図っています。

学生は勉強することが第一ですが、その分いつでも遊べて時間がたっぷりあるように誤解する人もいますね。しかし、そうではありません。
勉強以外にも時間を割かなくてはならないこともありますし、可能ならば無駄や効率の悪い学習は避けたいものです。

そこでこの『資格スクエア』を利用することで、ちょっとしたスキマ時間も無駄なく勉強ができるということです。

いつでも・どこでも・何度でも学習できる

『資格スクエア』は講義のすべてがオンラインのため、自分が持っているスマートフォンやパソコンでインターネットができる環境の時は、いつでも・どこでも勉強できます。

講義は見放題なので、復習として何度も視聴することができます。それにより、分からない部分も理解が深まっていくでしょう。
もちろん、『資格スクエア』を利用した人の中で、宅建士の試験に合格した人もたくさんいます。

攻略のコツも教えてくれる

さらに『資格スクエア』のホームページには、宅建士の資格を攻略するコツについてを掲載しています。

宅建士の資格は、合格するまでに必要とされている勉強時間は350時間と言われており、1日に2時間ずつ勉強したとしても単純計算で半年はかかります。
じっくりと時間をかけて勉強することが悪いわけではありませんが、時間を短縮しても効率よく勉強できる方が良いですよね。

そこで、過去問題との向き合い方や、試験の全体像を掴む大事について記しています。

『資格スクエア』で学習してみたい方は、ぜひ資料を請求し、勉強に役立ててみてはいかがでしょうか。
これまでの勉強では感じたことのない感覚を掴めるかもしれませんよ!

▷▷宅建資格を目指す学生さんへ!資格スクエアで!

学生の宅建士受験についてのまとめ

”宅建士”の資格は全体的に合格率が低いものの、学生の合格者が少なからずいることで知られています。
とくに、将来は不動産業界や金融業界への就職を希望している学生であれば、取得しておいた方が良いでしょう。

さらに独立も視野に入れている場合は、宅建士の他に『土地家屋調査士』や『司法書士』の資格も併せて取得することで、可能性が広がります。(容易ではありませんが、司法書士も大学在学中に合格する人がいるのです。)

また、多忙な生活において、少しでも効率よく勉強するために『資格スクエア』というオンライン学習サービスがオススメです。
こちらは通学するタイプの予備校や通信講座とは違い、コストを省いて、受講する人に質の良い学習を提供することを念頭に置いています。

自分の持っているパソコンやスマートフォンで、いつでもどこでも気軽に学習できるというところが良いですね。
これならば、アルバイトの休憩時間や通学する電車やバスの中でも学習が可能です。

宅建士の合格に向けて、是非とも頑張ってください!!

コメントを残す

*

*