賃貸不動産経営管理士の資格を通信で勉強!人気でおすすめの講座は?

masman

by ari_na

更新日:2019-10-01

公開日:2019-10-01

鍵

”賃貸不動産経営管理士”は公的資格ですが、ゆくゆくは国家資格になるのではないかと期待が高まっている資格です。賃貸不動産経営管理士の試験に合格するべく、人気でおすすめの通信講座を利用して勉強してみませんか?今、とくに注目されているのは…?

       

いずれ国家資格になるのではないかと期待されているのが、現在は公的資格の”賃貸不動産経営管理士”です。他の不動産業界に関連した資格と比較しても合格率が高いことで知られていましたが、年々試験の内容が難しくなってきているとの声もあります。

そこで、合格に向けて効率よく勉強するにはどうすれば良いのでしょうか?人気が高く、おすすめの通信講座をご紹介します!

賃貸不動産経営管理士の資格を取るには?

アパート

”賃貸不動産経営管理士”とは、マンションやアパートなどの賃貸住宅を貸す人(貸主=大家さん)に対し、「管理受託契約」に関する重要事項をあらかじめ説明をするのが仕事です。

賃貸住宅で起きるトラブルというと、住人同士の騒音やゴミ問題、マナー違反といったイメージが強いと思われます。しかし、実際問題として貸主と管理会社との間にもトラブルは多く発生しているのです。
そこで、賃貸住宅を借りる人々のみならず、貸す側も守るために賃貸不動産経営管理士の資格が生まれました。

試験に合格御、登録する

賃貸不動産経営管理士は、試験に合格したら自動的になれるものではありません。

合格後は登録料6,480円(2019年3月現在/税込)を支払い、登録手続きをする必要があります。
この登録に関しても、「宅地建物取引士である者」「協議会が認める賃貸不動産業務に2年以上従事している又は従事していた者」という条件が定められているので、注意が必要です。

登録の有効期限は5年間となっています。

できれば2019年に取得しよう!

賃貸不動産経営管理士の資格は、可能な限り2019年(平成31年/令和元年)のうちに取得しておいた方が良いとされています。
その理由は、近い将来の国家資格化を目指して問題数を増加させるからです。

現在は試験に出題される問題は40問で、90分間の試験となっています。
それが2020年(令和2年)からは50問出題され、120分の試験に変更になります。(だからと言って国家資格になるわけではありません。)

2019年は11月17日(日)、全国17の会場で賃貸不動産経営管理士の試験が実施されます。
場所は札幌、盛岡、仙台、大宮、千葉、東京、横浜、金沢、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、高松、福岡、熊本、沖縄です。

賃貸不動産経営管理士の講習がある

アパート

賃貸不動産経営管理士の試験は、できたばかりの頃は合格率がかなり高く、初めて勉強する人でも1ヶ月程度の学習で合格する人が多くいたくらいでした。
しかし、年々合格者の数が減少し、油断なく勉強を進めていく必要があります。

試験実施団体が発行する公式テキストを使用したり、市販のテキストや問題集を解いて独学することも可能ですが、できれば誰かに教わりたいという方もいると思われます。
その場合、賃貸不動産経営管理士の講習が受講できます。

希望者は誰でも受講できる

賃貸不動産経営管理士の講習は、協議会が発行している公式テキスト「賃貸不動産管理の知識と実務」を教材として使用し、希望者は誰でも受講できます。

こちらは申し込みが必要で、受講料(17,820円[税込])とは別にテキスト(3,980円[税込])も自ら購入し、講習会の際は必ず持参してください。
受講料やテキストの代金は、消費税の増税に伴って変更する場合がありますので、来年以降に受講する方は協議会のホームページなどでチェックしておきましょう。

通信で勉強したい時は?

賃貸不動産経営管理士の勉強がしたくても、中には様々な事情で講習などは受けられないという方もいることでしょう。

そこで人気なのが、通信講座を利用して自分の好きなタイミングで学習する方法です。
賃貸不動産経営管理士では、次のようなものがあります。

「資格スクエア」でオンライン講座を受ける

現在、オンライン学習で最短での合格を目指せる「資格スクエア」というものが注目されています。

「資格スクエア」は通信講座ではないと謳っていて、大きな校舎や広告宣伝費などを「試験の合格には不必要」だと大幅にカットし、その分を「テキスト」「問題演習」「講義」「サポート体制」といった合格に必要な部分にあてて力を入れています。

自分の所持しているパソコンやスマートフォンから通信することで、講義の動画が繰り返し視聴できるのです。
インターネットの通信が整っている環境であれば、自宅以外でも移動中やちょっとした空き時間に勉強ができるので、とてもおすすめです。

また、オリジナルテキストも分かりやすく、オンラインで自分専用ノートに編集可能となっています。

充実した内容で、低価格

学習するにあたり、予備校もさることながら、通信講座でも数万円の費用はかかります。

しかし、「資格スクエア」では大手の予備校と比較してもおよそ2分の1という低価格でサービスを利用することができます。
例えば、予備校がおよそ8万円の費用がかかるとすれば、「資格スクエア」は3万円で済むといった具合です。

なぜ充実した内容にも関わらず安く済ませられるのかというと、上記した「校舎」や「パンフレット」、「人件費」といった受講生とはまったく関係の無い部分の費用を削り、その分を講座への費用に充てているからです。

また、講師も賃貸不動産経営管理士の試験に合格しており、不動産関連の実務は10年以上の経験があるという、まさに不動産のプロフェッショナルです。
インターネット通信を利用した勉強で、ここまで受講生のことを考えてくれている学習サービスは、今後さらなる人気を博す可能性が高いですね。

賃貸不動産経営管理士の試験を受験する方は、学習方法の一つとして「資格スクエア」も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

▷▷賃貸不動産経営管理士の勉強は通信がおすすめ!
資格スクエアのおすすめポイントまとめ
資格スクエア

賃貸不動産経営管理士についてのまとめ

賃貸不動産経営管理士は、2019年までだと問題が40問・90分間の試験となっています。
2020年からは出題される問題が10問増えて50問となり、試験時間も120分になるので、できるだけ本年中の受験を勧めている声も多く聞こえます。

賃貸不動産経営管理士の資格を取得するにあたり、協議会が講習会を開いています。
ですが、事情により講習会に行けない方や、できればインターネット通信を利用して自分の好きな時に勉強をしたいという方のために、学習サービスの「資格スクエア」がおすすめです。

現在、人気が高まっている「資格スクエア」は、受講生とはまったく関係の無い部分の費用を削っているので、低価格で充実した学習に取り組むことができます。
通信タイプの学習方法の一つとして、視野に入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*

*