DCプランナー認定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-11-26

公開日:2018-05-21

現在ではまだマイナー資格であまり知られていませんが、今後年金がDC制度へ移行する中で、需要は高まる資格です。年金制度だけでなく、幅広い分野の知識を学習し、制度導入・運用などのコンサルティングが任されます。


DCプランナー認定試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、ビジネス能力を高められる資格です。
DCプランナー認定試験資格取得者は他にも企業年金総合プランナーと呼ばれております。
DCプランナー認定試験の資格は「民間資格」です。

資格広場は、DCプランナー認定試験になるには?DCプランナー認定試験なるためには?DCプランナー認定試験になりたいを応援しております。

DCプランナー認定試験になるために必要な知識・受験資格

確定拠出年金だけでなく、年金制度や投資、ライフプランの設計など法律や制度を元に幅広い知識が必要とされます。

2級の試験は基礎知識を問われる問題なので、基礎をしっかり理解しておくことが必要とされます。

1級の試験はより詳しい内容と2級試験の応用問題が出されます。

記述式でも出題されるので、しっかりと内容を理解しておくことが必要とされます。

DCプランナー認定試験の資格は「日本商工会議所、金融財政事情研究会」が運営管理を行っております。

日本商工会議所、金融財政事情研究会とは:
東京商工会議所は、東京23区内の商工業者の会員で作られた民間の総合経済団体で、1878年に設立されました。
経営支援活動・政策活動・地域振興活動など商工業の発達と社会の福祉の増進を主な目的としており、経営における資格の運営を行っています。
金融財政事情研究会は、1950年頃に金融財政政策および金融機関経営に関する情報の収集や発信、調査研究と経済金融知識の普及・啓発を目的として発足しました。
雑誌を出版したり、金融に関しての定例会・教育・研修をしたりと幅広く知識の普及に努めています。

DCプランナー認定試験

DCプランナー認定試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

DCとは、確定拠出年金のことです。DCプランナーとはDCだけに特化している専門家ではなく、年金制度全般の専門知識を持ち、投資やライフプランなどの幅広い知識を持ち合わせた企業年金総合プランナーのことを言います。

確定拠出年金制度などの新しい企業年金制度を使う際に年金全般の専門知識が必要とされるので、年金の法律的知識だけでなく、投資や制度利用者のライフプランのフォローをできる知識を持っていることを証明してくれる資格になっています。

また、年金教育の専門として、年金制度の知識の普及や啓発、新しい年金制度の運営・管理する役割を担っています。

DCプランナーの主な仕事は幅広い知識を持った上で、DC加入者に制度の仕組みや資産の運用方法などを提案、アドバイスすることです。

DCプランナー認定試験資格取得の為の勉強法

1級は基礎知識をしっかりと学ばなければいけません。
1級の出題形式としてはマークシート式の正誤問題です。

最初の勉強方法として、DCプランナーの基礎知識をまとめた参考書を読み込むことから始めると専門用語も理解でき、取り掛かりやすいでしょう。
その後、過去問題を解いてください。分野ごとに分けて勉強することで、頭の中でごちゃごちゃにならず理解をより深めることができるでしょう。

1級は2級の問題より格段に難しくなり、記述式の問題も増えます。
しかし、参考書などのテキストが充実していないのが難点です。
なので、2級の参考書を参考にしながら、過去問題を解いていき1つ1つの理解をより深めるようにして下さい。

DCプランナー認定試験の専門学校や通信講座について

準備中です。


DCプランナー認定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

DCプランナー認定試験の資格試験料

受験料は、2級認定試験が6480円、1級認定試験が10800円とそれぞれ分かれています。

DCプランナー認定試験試験・検定の年間試験回数

試験はそれぞれ年に1回行われます。

2級は9月頃、1級は1月頃に実施されています。

DCプランナー認定試験試験科目等の内容

資格は1級、2級でわかれています。
1級は2級合格者のみ受験することができます。

2級は確定拠出年金や年金制度全般の基本事項と金融商品や投資などに関する一般的な知識を持ち、確定拠出年金の加入者・受給者、確定拠出年金制度を実施する企業に対して説明できるレベルを求められ、マークシート式で出題されます。

1級は2級の知識に加え、金融商品や投資に関する専門的な知識を持ち、企業に対して確定拠出年金を基盤とした施策を構築でき、加入している個人に対して生活設計を提案できるレベルが求められます。

出題方法も、マーク式と記述式の2通りに分かれます。

DCプランナー認定試験資格の難易度

比較的新しい資格で、難易度もそれほど高くないとされています。

しかし、まだあまり知られていない資格なので参考書や講座などが充実しておらず、独学で勉強しなければいけないのが難点の1つです。

それでも、基礎知識を十分に理解しておけば取得できる資格なので、独学でも50%程度の合格率を保っていますので、しっかり勉強すれば合格できる試験だと言えます。

DCプランナー認定試験資格の合格率

合格基準は2級は100点満点中70点以上、1級は200点満点中140点以上で合格となります。

2級の合格率は55~65%程度と半数以上が合格できる試験になっています。

1級も30~40%程度となっていて、それほど難しくないようにみえますが、1級合格者のみが受験資格をえられるので、やはり専門知識がないと合格は難しいように思います。

DCプランナー認定試験試験の合格発表

合否は、試験後1か月程度で発表されます。

1級、2級ともに商工会議所検定ウェブサイトで、合格発表日の午前10時から1か月間掲載されます。

国家資格バナー

PR



DCプランナー認定試験

DCプランナー認定試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

DCプランナー認定試験所持者の職業例

金融機関職員、企業経営者、福利厚生担当者、社会保険労務士、税理士、ファイナンシャルプランナー

DCプランナー認定試験に向いている人

企業で年金管理者や金融機関の資産運用担当者もしくは退職給付コンサルタントなどを行っている人に向いている資格です。

年金や福利厚生について詳しい知識を学べるので、金融業界などで取得しておくと就職や転職が有利になりえます。DCプランナーは、経済面で人生設計に関わる仕事なので、責任感が強く、公正な視点で見られる人に向いている仕事だと言えます。

DCプランナー認定試験と同じ分野の他の資格

ファイナンシャルプランナー、税理士

DCプランナー認定試験の年収・給料相場

DCプランナー単独で資格を取得している人は少なく、複数の資格と取得している人がほとんどなので、DCプランナーだけの収入はわかりません。

各々の就職先の企業によって収入は様々ですが、この資格を取得することでスキルアップは間違いないでしょう。

DCプランナー認定試験の現状

DCプランナーは今のところマイナー資格と言われています。

しかし年金制度の複雑化される中で、年金制度全般はもちろんその他投資やライフプランなどの幅広い視点で見ることから、今後の活躍に期待が高まる資格になっています。

DCプランナー認定試験の将来性

将来的に年金はDC制度へ移ると言われており、今後DCプランナーの需要は高まると言われています。

DCプランナーだけの資格に限らず、ファイナンシャルプランナーや公認会計士など、金融系の資格と一緒に取得しておくことで、キャリアアップにつながり、今後の活躍が期待される資格になっています。

DCプランナー認定試験の独立について

人事や総務、労務系の担当として一般企業への就職には有利な資格になっています。
他の関連資格と取得しておくことでさらに有利になります。

しかし、独立となるとコンサルタントという形での独立となりますが、この資格を持っているだけでは困難を極めます。
やはり他の関連資格の取得が必要となってきます。

DCプランナー認定試験資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*