珠算検定(全国商工会連合会)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-21

珠算検定(全国商工会連合会)は、商工会の発展のための活動の一環として、全国商工会連合会が行っている珠算検定です。一般的な認知度は低いですが、他の珠算検定より難易度は高いと言われています。珠算で見に付いた、集中力・記憶力は全ての仕事に役立つでしょう。


珠算検定(全国商工会連合会)は幅広い年齢層の男女が目指せる、学生主体の資格です。
珠算検定(全国商工会連合会)資格取得者は他にもそろばん検定と呼ばれております。
珠算検定(全国商工会連合会)の資格は「民間資格」です。

資格広場は、珠算検定(全国商工会連合会)になるには?珠算検定(全国商工会連合会)なるためには?珠算検定(全国商工会連合会)になりたいを応援しております。

珠算検定(全国商工会連合会)になるために必要な知識・受験資格

受験資格に年齢や学歴などの制限はなく、誰でも受験可能ですが、そろばんの使い方、指使い、試験内容である乗算・除算の計算方法を知らないと、受験しても意味がありません。上位級は問題数も多いので、制限時間内での処理能力を身に付けておきましょう。

珠算検定(全国商工会連合会)の資格は「全国商工会連合会」が運営管理を行っております。

全国商工会連合会とは:
全国商工会連合会は、珠算検定を実施している団体です。各都道府県の商工会連合会の総合経済団体で、商工会の発展を目的としています。珠算検定だけでなく、全国商工会簿記検定や販売士検定も行っています。

珠算検定(全国商工会連合会)

珠算検定(全国商工会連合会)ってどんな仕事?(仕事内容など)

珠算検定は、そろばんをどのくらい使えるかを測る資格です。そろばんを習うことで計算力はもちろん、集中力や記憶力も向上していきますし、就学前の学習では、数の繰り上がりの仕組みが理解しやすくなります。全国商工会連合会主催の珠算検定は、同じ級の試験の内容を比較した場合、全国珠算教育連盟が行う珠算検定よりも、難易度が高いと言われています。しかし、一般的知名度が低いのが難点です。1級~8級までの合格者には、全国商工珠算連盟名誉会長の経済産業大臣と、全国商工会連合会会長との連名で、合格証書が授与されます。

珠算検定(全国商工会連合会)資格取得の為の勉強法

そろばんは、日々コツコツと積み重ねていくことが一番の近道です。また、検定試験には、通常の練習問題よりひねった問題が出るので、検定試験に対応した問題集で練習しておくといいでしょう。全国商工会連合会主催の問題集はほとんどありませんが、他の珠算検定の問題集でも練習可能です。

珠算検定(全国商工会連合会)の専門学校や通信講座について

準備中です。


珠算検定(全国商工会連合会)の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

珠算検定(全国商工会連合会)の資格試験料

受験料は、各級により異なります。1級は2,100円、、2級は1,570円、3級は1,360円、4級~6級は940円、7級~10級は730円です。

珠算検定(全国商工会連合会)試験・検定の年間試験回数

試験は年4回で、2月・6月・9月・11月の第三日曜日に行われます。

珠算検定(全国商工会連合会)試験科目等の内容

1級~8級は、見取算・乗算・除算です。9級・10級は見取算・乗算です。計算する桁数や問題数を変えることで、級毎に差を付けています。

珠算検定(全国商工会連合会)資格の難易度

一般的に知名度が高いのは、日本珠算連盟の珠算能力検定ですが、全国商工会連合会主催の珠算検定は、それよりも難易度が高いと言われています。制限時間内での問題数が多いため、そういう印象があるようです。また、全国商工会連合会名義で出版されている過去問がほとんどないので、対策が立てにくいことも原因の1つかもしれません。

珠算検定(全国商工会連合会)資格の合格率

合格率は公表されていないので、不明ですが、1級で20%程度だと言われています。

珠算検定(全国商工会連合会)試験の合格発表

試験が実施されてから、3週間以内に発表されます。

国家資格バナー

PR



珠算検定(全国商工会連合会)

珠算検定(全国商工会連合会)資格取得後の就職先・年収・報酬相場

珠算検定(全国商工会連合会)所持者の職業例

経理、会計事務、珠算教育士(そろばん教室のそろばん指導者)

珠算検定(全国商工会連合会)に向いている人

全国商工会連合会主催の珠算検定は、そろばん塾の指定もなく、誰でも受験可能です。その点を考慮すると、商業科の学校で珠算検定が必須科目となっている学生、小さな商店で昔からそろばんを使っている人、家族経営のような小さな工場や会社の経理担当者が、自分の能力を測るのに向いている検定といえます。もちろん、大企業に勤める人や高齢者でも、そろばん好きな人が自信を付けたり、生涯学習や趣味として受けたりしても良いでしょう。

珠算検定(全国商工会連合会)と同じ分野の他の資格

珠算能力検定(日本珠算連盟)、珠算検定(全国珠算教育連盟)、珠算・電卓検定試験、暗算検定、

珠算検定(全国商工会連合会)の年収・給料相場

全国商工会連合会の珠算検定は、1級までしかなく、一般的知名度も低いので、収入のアップは見込めません。経理や会計などの仕事では簿記の方がアピールできるでしょう。珠算検定がある人もない人も、一般的な会計事務の場合では、年収300万円程度でしょう。

珠算検定(全国商工会連合会)の現状

全国商工会連合会の珠算検定を取得しても、一般的知名度が低すぎるので、就職のアピールにはほとんど使えません。ハローワークの求人を見ても、珠算能力を求めているのは数件程しかありません。しかし、零細企業と言われるような小さな会社では、現在でも経理処理にパソコンではなく、そろばんが使われている所があります。主催である全国商工会連合会では、このような小規模企業も含む、商工会の発展を目指しているので、珠算検定もその活動の1つと言えるでしょう。

珠算検定(全国商工会連合会)の将来性

全国珠算教育連盟主催の珠算検定の場合は、連盟会員となっている、そろばん教室の生徒に限定される場合があるようです。これでは、個人商店や商業科の学生のように、独学で勉強してきた人が受験しにくくなります。しかし、全国商工会連合会主催の珠算検定は、商工会に問い合わせれば、本当に誰でも受験可能なのです。また、中小企業がある限り、全国商工会連合会自体がなくなることもないでしょう。この点では、全国商工会連合会主催の珠算検定の将来性があると思われます。

珠算検定(全国商工会連合会)の独立について

全国商工会連合会主催の珠算検定は、一般的な知名度が低いため、この資格だけで独立はできません。そろばん教室の先生として独立するのであれば、日本珠算連盟が行う段位認定試験を受けたり、全国珠算教育連盟の珠算検定で段位を取得しておく方がいいです。すでに何かしら独立開業している人、もしくは開業できるような資格を別に持っている人が、経理関係の処理能力向上や、簿記など計算能力を必要とされる資格の底上げに活用するのは有益です。

珠算検定(全国商工会連合会)資格を所有している主な著名人

主催は不明ですが、「珠算」の資格を所有している著名人として、相田翔子、磯野貴理子、上原浩治(MLB・シカゴ・カブス投手)、大久保佳代子(オアシズ)、鳥居みゆき、増田英彦(ますだおかだ)、松田聖子がいます。

コメントを残す

*

*