社会常識能力検定資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-01

公開日:2018-05-24

昭和59年より秘書能力検定の名で試験を行ってきましたが、平成19年に検定内容を見直し社会常識能力検定と名を改め、その後、平成27年に再度、名称変更し、今日に至ります。社会や組織に生きる大人として必要な社会常識、相手に不快感を与えずに好ましい人間関係を築くのに必要なコミュニケーションスキル、実際に仕事をするにあたって必要なビジネスマナーについて、初級レベルの3級から上級の1級に向かって、段階的に習得していけるようになっています。


社会常識能力検定は幅広い年齢層の男女が目指せる、一般常識、社会常識資格です。
社会常識能力検定資格取得者は他にも社会人常識マナー検定と呼ばれております。
社会常識能力検定の資格は「民間資格」です。

【マナー関連の資格はこちら】 メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

資格広場は、社会常識能力検定になるには?社会常識能力検定なるためには?社会常識能力検定になりたいを応援しております。

社会常識能力検定になるために必要な知識・受験資格


社会常識(現代社会・組織に生きる一人の大人として必要な常識や心構え)』『コミュニケーション(ビジネスでのよい人間関係を築くための意思伝達スキル)』『ビジネスマナー(業務処理に必要なマナー・技能)』の3つのスキルを問われます。

社会常識能力検定の資格は「社団 全社国経理教育協会(旧全国経理学校協会)」が運営管理を行っております。

社団 全社国経理教育協会(旧全国経理学校協会)とは:
職業教育の振興を図るため、簿記・経理及び税務の教育に関する研究調査並びにその教育に携わる者の指導育成を行い、あわせて関係諸団体と緊密に連携し、わが国の簿記経理教育の普及向上並びに産業経済の発展及び生涯学習社会の進展、 国際化に寄与することを目的としています。

社会常識能力検定

社会常識能力検定ってどんな仕事?(仕事内容など)

社会常識(現代社会・組織に生きる一人の大人として必要な常識や心構え)』『コミュニケーション(ビジネスでのよい人間関係を築くための意思伝達スキル)』『ビジネスマナー(業務処理に必要なマナー・技能)』の3つの領域となっており、より実務的・実践的な人材の育成に役立つように設定してあります。 就職活動を始める前のすべての生徒・学生の方々や、ビジネス界でさらに活躍したいと願う社会人の方々が、『ビジネスマナーや常識』を習得し、コミュニケーションに自信をつけるための学習プログラムです。

社会常識能力検定資格取得の為の勉強法

勉強方法としては、秘書検定のテキストで社会人としての常識をマスターできます。また漢字能力は漢検の問題集でカバーできます。時事問題はテレビや新聞、インターネットで、地理の勉強は旅行管理者の基礎知識を勉強することで代用が可能です。テキストが少ないので効果的な勉強法が見つかりませんが、社会常識能力検定試験対策用テキストを中心に、時事問題に関しては常日頃から新聞やインターネットから定期的に情報を取り入れると良いと思います。

社会常識能力検定の専門学校や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

社会常識能力検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

社会常識能力検定の資格試験料

1級が4200円 2級2700円 3級 2200円受験する級によって値段が異なります。

社会常識能力検定試験・検定の年間試験回数

年間に3回全国一斉に行われます。平成30年度から開始時刻を午前中に変更しました。試験会場は全協会が指定した全国各地の専門学校で行われます。

社会常識能力検定試験科目等の内容

社会人常識マナー検定試験問題は、以下の基準により作成します。各級の出題範囲は次の社会人常識マナー検定試験問題出題範囲とします。ただし、下級の範囲を包含し、同一項目、同一範囲については級の上昇に応じて問題内容が高度化するものとします。

社会常識能力検定資格の難易度

【1級】 企業・社会のしくみと幅広い社会常識を十分に理解し、目標達成のために自ら率先して高度な業務を処理できる知識やビジネスマナーを活用し、後輩指導・グループをまとめるリーダーシップ・トラブル対応などさまざまなビジネス場面で発揮できるコミュニケーション能力を習得している。【2級】 企業・社会のしくみと一般的な社会常識を理解し、仕事を処理するために必要な知識やビジネスマナーを身につけ、自ら築いた人間関係を良好に保つために必要なコミュニケーション能力を習得している。【3級】 社会・組織の一員として必要不可欠な社会常識を理解し、初歩的な仕事を処理するために必要な知識やビジネスマナーを学び、社内外の人と良好な関係を築くために求められるコミュニケーション能力を習得している。

社会常識能力検定資格の合格率

平成30年1月の実施の試験では、1級受験験者60人合格21人。合格率は35.00% 2級 受験者 673人 合格者 474人  合格率 70.4% 3級 受験者 3303人 合格者 2162人 合格率 65.5  1級になると合格率はそれほど高くありません。

社会常識能力検定試験の合格発表

公益社団法人 全国経理教育協会のマイページより閲覧できます。

社会常識能力検定

社会常識能力検定資格取得後の就職先・年収・報酬相場

社会常識能力検定所持者の職業例

社会人にふさわしい知性と判断力、企業・社会のしくみと社会常識を十分に理解していることの証となり、就職に有利でしょう。持っていると損がない資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)であり、取得しておくほうがよい資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)といわれています。

社会常識能力検定に向いている人

営業や企画など自分主体で何かをやっていく職種の方新卒の方や社会人経験が少ない方

【マナー関連の資格はこちら】

先ずは無料で資料請求

社会常識能力検定と同じ分野の他の資格

秘書技能検定、コミュニケーション検定 ビジネスキーボード認定試験

社会常識能力検定の年収・給料相場

キャリアアップの可能性が高くなります。

社会常識能力検定の現状

昭和59年より秘書能力検定の名で試験を行ってきましたが、平成19年に検定内容を見直し社会常識能力検定と名を改め、その後、平成27年に再度、名称変更し、今日に至ります。

社会常識能力検定の将来性

この検定は、就職活動前の学生や、ビジネスマンの方の常識確認、スキルアップに有効です。また、身につく社会の常識はどこの企業でも使えるスキルになります。この資格だけで就職までは無理ですが、ビジネスマナーや常識および、コミュニケーション能力をはかる上でも取得しておいても損はないでしょう。

社会常識能力検定の独立について

この資格は独立開業という類の資格ではありませんので、この資格で独立というのは現実的ではありません。

社会常識能力検定資格を所有している主な著名人

該当なし

【マナー関連の資格はこちら】

先ずは無料で資料請求

コメントを残す

*

*