ビジネス文書検定資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-21

公開日:2018-05-30

ビジネス文書には、一定の型や特有の言葉遣いなどがあり、ビジネスシーンにおいて正確・迅速な文書の 作成が求められます。また、ビジネス文書の能力である、ビジネス的な文章・文書用語・様式や関連知識、 書写などの知識技能は、事務処理のためには欠かせない基礎能力であり、幅広い分野の職種で必要 とされています。検定試験では、ビジネス文書について一定の知識技能が問われます。

       

ビジネス文書検定は幅広い年齢層の男女が目指せる、ビジネスで使われる基本的な文書が書ける資格です。
ビジネス文書検定資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
ビジネス文書検定の資格は「民間資格」です。

資格広場は、ビジネス文書検定取得を目指している方を応援しております。

ビジネス文書検定に必要な知識・受験資格

ビジネス文書検定

広範囲に渡る知識が必要で範囲も消費者問題・行政・法律・経済一般・企業経営・経済統計・衣食住・商品サービス・生活経済・環境など多岐に渡ります。 このうち消費者にかかわりが強いことで、知識+時事問題という感じです。

ビジネス文書検定の資格は「財団法人実務技能検定協会」が運営管理を行っております。

財団法人実務技能検定協会とは:
公益財団法人 実務技能検定協会とは、ビジネスに関する実務の技能検定を実施することで、ビジネス実務に対する学習意欲を促したり、職業技能の向上を目的とし、1972年に設立されました。

ビジネス文書検定の仕事内容

ビジネス文書検定とは、社内や取引先との間で交わされる報告書、礼状から電子メールなどのビジネス文書作成時に必要となる知識・技能を認定する試験です。

ビジネス文書検定資格の勉強法

「筆記部門」内容は、ほぼ国語で習うような時候の挨拶や季語、文書の種類等暗記物がほとんどですが、量的にはそこまで多くはありません。自分のキーボードと打つ感覚が違うものでも練習しておきましょう。この二つの分野は密接な関係にありますが、速度2級程度の力でも実技に合格することは可能です。テキストに関しては、基本的に「ビジネス文書検定実問題集」1冊あれば問題ないでしょう。 とにかく問題をこなしていくことが重要です。

ビジネス文書検定の専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

ビジネス文書検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ビジネス文書検定の資格試験料

1級5800円 2級4100円 3級2800円 1.2級併願9900円  2.3級併願 6900円となっています。

ビジネス文書検定試験・検定の年間試験回数

1・2級および2・3級の併願受験も可能。試験は年間で2回実施される。実施時期は7月上旬と12月上旬。

ビジネス文書検定試験科目等の内容

ビジネス文書検定は、ビジネスに使用する文書の作成に必要な知識や技能を評価する検定試験です。情報の伝達やコミュニケーションの要となる文書作成は、ビジネスに欠かせない要素の一つ3級 ビジネス文書作成技能について、知識と技能の基本を身につけ、上司の指示に従って普通の文書を正確に理解し、作成することができる。 2級 ビジネス文書作成技能について、知識と技能との全般を身につけ、自身のみで普通の文書を正確に理解し、作成することができる。 1級 ビジネス文書作成技能について、知識と技能とを十分に身につけ、必要に応じてこれらを適切に助言したり、添削指導を行うことができる。

ビジネス文書検定資格の難易度

2級と3級は選択問題ですが、1級は実技として文書作成が試験問題に加わるので難易度が高くなるでしょう。受験する試験の難易度に合わせて、対策を行う必要があります。ビジネス文書検定の1級は、選択問題に加えてビジネス文書作成の実技問題もあるため、難易度が高いです。

ビジネス文書検定資格の合格率

平成29年12月の結果参照1級 受験者 326名 合格者 98名 合格率 30.1%  2級 受験者1873名 合格者 1238名 合格率 66.1%  3級受験者 3073名 合格者 2715名 合格率 88.4%となっています。2級や3級は、毎試験、非常に高水準(80~90%)をキープしていることから、ほとんどの受験者が合格を手にしていることが伺えます。

ビジネス文書検定試験の合格発表

平成30年7月1日の試験では7月31日に普通郵便で発送の予定です

ビジネス文書検定資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ビジネス文書検定

ビジネス文書検定所持者の職業例

ビジネス文書能力はどの職種・業種でも通用するので、取得しておいて損は無いでしょう。 但し、裏を返せば特化した資格では無いので、就活ではある程度有効になることもありますが、転職活動で有利になることはほとんどありません。

ビジネス文書検定に向いている人

就職活動中や就職を控えた方 ・転職や再就職を考えている方 ・これからビジネス文書検定試験を受験される方 ・新入社員でこれからビジネス文書の基礎を学ぶ方

ビジネス文書検定と同じ分野の他の資格

秘書検定、ビジネス実務マナー検定、サービス優遇検定、ビジネス電話検定

ビジネス文書検定の年収・給料相場

ビジネス文書検定の資格があれば、企業に対してアピールする事ができ、ビジネスの電子メールなどでやり取りが出来るという事の証明になります。ビジネスマンはビジネス文書の作成が必須であり、年収は多種多様ですが、ビジネス文書の専門家の収入は多く、平均年収は330万円前後です。メリットは仕事の種類にかかわらず資格を活用する事ができるという点で、どんな仕事に就いても役に立つので取得しても使わないという事がありません。

ビジネス文書検定の現状

一般的に、この種の検定試験は、階級をひとつ上げるごとに問題の難易度も上がってきますが、最もランクの低い3級試験に関しては、ほとんどの受験者が合格(約7~8割)しているという現状があります。

ビジネス文書検定の将来性

職種を問わない資格なので、持っていれば重宝します。会社によっては奨励金が出る企業もあります。社会人新人の方は持っていれば仕事がやりやすくなります。今は会社でパソコンで文書を作るのがほとんどですが、文書を書く技能を持っていれば作成に自信がつきます。会社によって書き方に多少の相違があっても、一般的なレベルを持っていると、どこに行ってもスタンダードに通用します。

ビジネス文書検定の独立について

この資格は独立開業という類の資格ではありませんので、この資格で独立というのは現実的ではありません。

ビジネス文書検定資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*