VEリーダー認定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.06.04

同じ価格なら高機能に、同じ機能なら低価格で―。一見、簡単で当たり前のことに思えますが、それを実現させるためには問題点を見つけ、情報を集め、解決策を考え、プレゼンするなど、多くのビジネススキルが必要になってきます。そんな能力を身につけた人に授与される資格が「VEリーダー」なのです。


VEリーダー認定試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、VE活動のリーダー資格です。
VEリーダー認定試験資格取得者は他にも不明と呼ばれております。
VEリーダー認定試験の資格は「民間資格」です。

資格広場は、VEリーダー認定試験になるには?VEリーダー認定試験なるためには?VEリーダー認定試験になりたいを応援しております。

VEリーダー認定試験になるために必要な知識・受験資格

VE対象の情報収集 ・機能の定義 ・機能の整理 ・機能別コスト分析 ・機能の評価 ・対象分野の選定 ・アイデア発想 ・概略評価 ・具体化 ・詳細評価 ・提案・提案発表会などの知識が試験では必要になって来ます。

VEリーダー認定試験の資格は「日本VE協会」が運営管理を行っております。

日本VE協会とは:
1965年の発足以来、日本バリュー・エンジニアリング協会は、VE活動の普及促進、VE理論・技術の開発、情報発信等の事業活動を通じて、わが国におけるVEの総合研究・普及促進機関としての役割を果たしています。 米国VE協会(SAVE International)を始めとした海外のVE専門団体と連携や情報交換を行い、国際交流を図っています。

VEリーダー認定試験

VEリーダー認定試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

VEリーダーの資格は、職場やグループでの活動において、VE活動のリーダーを務めるために必要な基礎知識をもっている人材であることを日本VE協会が認定するものです。

VEリーダー認定試験資格取得の為の勉強法

VEリーダー認定試験を受けるためには、日本バリュー・エンジニアリング協会のVE研修を 12時間以上受講する必要があります。 VE研修の中で必要な知識や手順を理解・把握し、認定試験に向けて研修内容やテキストの知識を習得する必要があります。

VEリーダー認定試験の専門学校や通信講座について

準備中です。


VEリーダー認定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

VEリーダー認定試験の資格試験料

21,600円(学生 10,800円)(税込)となっています。

VEリーダー認定試験試験・検定の年間試験回数

例年2回(前期 4月中旬~7月下旬と後期 9月上旬~2月下旬 )または試験期間中の都合の良い日に受験します。

VEリーダー認定試験試験科目等の内容

オリエンテーション(講義)・VEの概要解説 VEの必要性、VEの定義とVEの基本原則、VE実施手順、VEの適用対象と適用段階、VEと情報  ・チーム活動の進め方について メンバー自己紹介と役割分担の決定 ・VEの実施手順(講義と演習)  ・VE対象の情報収集  ・機能の定義  ・機能の整理  ・機能別コスト分析  ・対象分野の選定  ・VEの実施手順(講義と演習)  ・アイデア発想   ・概略評価   ・具体化   ・詳細評価   ・提案・提案発表会などです。 

VEリーダー認定試験資格の難易度

合格率が70%後半と高くなっているのできちんと研修を受講し勉強すれば合格するのはそんなに難しくない試験でしょう。

VEリーダー認定試験資格の合格率

2017年第43回VEリーダー認定試験参照・受験者数694名・合格者数544名・合格率78.4%となっています。2016年第41回VEリーダー認定試験参照 ・受験者数1,038名・合格者数804名・合格率77.5%となっております。合格率は70%後半となっており高い合格率となっています。

VEリーダー認定試験試験の合格発表

合格された方には、登録・認定証発行に関するE-mailを受験日の約2週間後に送られて来ます。

国家資格バナー

PR



VEリーダー認定試験

VEリーダー認定試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

VEリーダー認定試験所持者の職業例

建設業界やメーカーが多いといいます。職種もエンジニアに限らず、営業職である場合も少なくないようです。VEリーダー資格の取得に当たっては、商品やサービスに対する付加価値を向上させるためのプロセスを体系的に学ぶことができるので、様々な職種において知識を応用できるのです。

VEリーダー認定試験に向いている人

メーカーや建設会社で、製造・品質管理に関わる仕事をされている方 商品開発・サービス開発の業務やプロジェクトに携わっている方などが取得に向いているといえます。

VEリーダー認定試験と同じ分野の他の資格

VEスペシャリストなどです。

VEリーダー認定試験の年収・給料相場

VEリーダーの資格取得が推奨される生産管理技術者や土木技術者、研究開発技術者などの年収はおよそ400万~500万円と言われています。また、VEリーダー資格は、どのような職種であっても、業務を遂行する際の物事の考え方に活かされているという声も多いことから、目の前のあらゆる仕事に活かせる資格であると言えるでしょう。

VEリーダー認定試験の現状

VEリーダー認定試験」の場合は、個人が希望して受験するというよりも、社命による受験者が比較的多い試験です。また、公共工事等でVEを活用することが増えたこともあり、建設業界では資格取得をすすめる企業が多いため、平均的に建設業界の方の受験が多く、全体の約6~7割を占めているようです。 職種別ではエンジニアの他に営業職の資格取得者も少なくありません。

VEリーダー認定試験の将来性

論理的思考やアイディア発想法などを含むVEの手法は、あらゆるビジネスパーソンに役立つ問題解決ノウハウです。VEスペシャリストから米VE協会と提携したCVS資格へとステップアップすることも十分可能なので、学生がビジネススキルを身につけ、氷河期の就職活動を勝ち抜くためには、取得して損はない資格であると思います。

VEリーダー認定試験の独立について

この資格は独立開業という類の資格ではありませんので、この資格で独立というのは現実的ではありません。

VEリーダー認定試験資格を所有している主な著名人

不明

コメントを残す

*

*