プレゼンテーション実務士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-07-10

プレゼンテーション実務士は、一般社団法人全国大学実務教育協会に加盟する大学や専門学校へ通い、規定の教育課程を履修することで取得できる資格です。資格取得後は、一般事務や販売、営業、通信販売業務、客室乗務員として社会で活躍しています。


プレゼンテーション実務士は10代~20代の男女が目指せる、魅力的なプレゼンテーションができるようになる資格です。
プレゼンテーション実務士資格取得者は他にもプレゼンテーション実務士と呼ばれております。
プレゼンテーション実務士の資格は「国家資格」です。


資格広場は、プレゼンテーション実務士になるには?プレゼンテーション実務士なるためには?プレゼンテーション実務士になりたいを応援しております。

プレゼンテーション実務士になるために必要な知識・受験資格

プレゼンテーション実務士に必要な知識は、自身のプレゼンテーションに興味を持って聞いてもらえるようにするための、表現方法や内容構成、資料作成などが必要で、一つの物事をさまざまな角度から考え資料の内容を充実させなければなりません。

プレゼンテーション実務士の資格は「一般社団法人全国大学実務教育協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人全国大学実務教育協会とは:
実務教育に関する調査・研究、研究会、研修会、講演会、セミナー等の開催などを行う団体です。

プレゼンテーション実務士

プレゼンテーション実務士ってどんな仕事?(仕事内容など)

プレゼンテーション実務士とは、物事を口頭や身体で簡単かつ具体的に伝えられ、説得力のある内容構成や進行方法、相手に興味を持たせるような資料作成やそのツールの活用などの知識を持ち、営業活動やサービス、商品の企画説明において、魅力的なプレゼンテーションができる人を指します。プレゼンテーション実務士取得後は、情報通信業、卸売業、小売業、金融業、保険業、教育、学習支援業、医療、福祉、製造業、運輸業、郵便業、複合サービス業など様々な分野にて活躍しています。

プレゼンテーション実務士資格取得の為の勉強法

プレゼンテーション実務士は、JAUCB(一般社団法人全国大学実務教育協会)に加盟する、大学や短期大学に入学し、その学校の規定の教育課程を履修し、卒業することで取得することができます。このJAUCBに加盟しており、プレゼンテーション実務士を取得するのにオススメする学校は、短期大学では、鳥取短期大学(国際文化交流学科)、高松短期大学(秘書科)、金沢学院短期大学(現代教養学科)、4年制大学では、向?学院大学(人文社会学類)、大手前大学(比較文学専攻)になります。プレゼンテーション実務士は、このJAUCBに加盟する大学や短期大学に入学し、規定の教育課程を履修しないといけなく、独学による勉強ではないため、勉強方法等に迷うことはないです。

プレゼンテーション実務士の専門学校や通信講座について

準備中です。

プレゼンテーション実務士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

プレゼンテーション実務士の資格試験料

プレゼンテーション実務士は、国家資格ではありますが、JAUCBに加盟する大学や短期大学で規定の教育課程を履修することでしか取得することができない資格ですので、特別試験料というものはありません。なので、プレゼンテーション実務士を取得するために必要なお金は、JAUCBに加盟する大学や短期大学で勉強するための授業料になります。また、この授業料については、学校により異なりますので、学校の公式サイト等で確認が必要です。

プレゼンテーション実務士試験・検定の年間試験回数

プレゼンテーション実務士の年間の試験回数は、各大学や短期大学によりさまざまであり、入学の方法についてもいくつかあるため、一概には言えず、自身が入学を希望する大学や短期大学の公式サイトを確認する必要があります。

プレゼンテーション実務士試験科目等の内容

プレゼンテーション実務士の試験内容は特になく、しいて挙げるならば、大学や短期大学へ入学する際の進学試験と入学後の学校が規定する教育課程を履修することになります。学校が規定する教育課程には、必修科目として「プレゼンテーション概論」、「プレゼンテーション演習」の2科目4単位、選択必修科目として「応用プレゼンテーション演習」、「情報機器利用プレゼンテーション演習」、「文章表現」、「社会調査」、「大学の学びのための基礎演習」、「プロジェクト演習」の中から3科目6単位以上、選択科目としてプレゼンテーション能力の向上に資すると大学が判断する家屋および単位数として10単位以上、合計で20単位以上を履修する必要があります。

プレゼンテーション実務士資格の難易度

プレゼンテーション実務士の難易度については、大学や短期大学が規定する教育課程を履修することで取得できますので、ありません。

プレゼンテーション実務士資格の合格率

プレゼンテーション実務士の合格率については、大学や短期大学が規定する教育課程を履修することで取得できますので、ありません。

プレゼンテーション実務士試験の合格発表

プレゼンテーション実務士における合格発表は、各受験大学や短期大学の合格発表や規定の教育課程を履修し学校を卒業することが合格発表になります。

プレゼンテーション実務士

プレゼンテーション実務士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

プレゼンテーション実務士所持者の職業例

営業、販売、通信販売業務、車掌業務、一般事務、教育事務、行政事務などさまざま

プレゼンテーション実務士に向いている人

プレゼンテーション実務士は、自身の伝えたいことを相手に興味を持たせ、説得力のある資料作りや内容構成をすることや大勢の人の前でプレゼンテーションを行う必要があるので、資料作成や内容構成が上手な人や、物事の分析能力が高い人、人前で話すことが苦にならない、または、好きである人が向いています。

プレゼンテーション実務士と同じ分野の他の資格

DCプランナー認定試験、経営アカデミーマスター、経営士

プレゼンテーション実務士の年収・給料相場

プレゼンテーション実務士の給料についてですが、プレゼンテーション実務士を取得後は、営業、販売、通信販売業務、車掌業務、一般事務、教育事務、行政事務などさまざまな職業に就いています。ですが、この職業で共通して言えることは、業界は別としても括りとしてはサラリーマンであることです。サラリーマンの平均年収は2017年実績で418万円であり、プレゼンテーション実務士を取得していることで、営業成績などへ影響し、多少増額することはあるかもしれませんが、このサラリーマンの年収と大きな差はありません。

プレゼンテーション実務士の現状

プレゼンテーション実務士は、取得していることで、一定のプレゼンテーション能力があるということが保証されます。ですが、この資格を取得していることが就職に有利になるというようなことは少ないため、現状は厳しいです。

プレゼンテーション実務士の将来性

プレゼンテーション能力は会社で仕事をするにおいて重要な能力にはなりますが、この能力は仕事をしながらでも培うことができるものであるため、プレゼンテーション実務士を取得していることでの将来性は薄いと言えます。

プレゼンテーション実務士の独立について

プレゼンテーション実務士は取得することで、プレゼンテーションについて一定の知識や能力があることが保証される資格です。この資格を用いて独立するには、販売や営業を事業として行う必要があります。ですが、販売や営業は、この資格がなくても行える、かつ自身の性格や経験によるものが大きいため、経験を重ねていくほど、資格の重要性がなくなります。また、販売や営業の事業は個人で行えるものではないので、独立はせず、会社へ所属し、そこで多くの結果を残すことをオススメします。

プレゼンテーション実務士資格を所有している主な著名人

不明

コメント・口コミ・体験談

  1. MAA より:

    就職する際に事務作業メインの仕事を探していたため、絶対使用するかとおもうマイクロソフトの資格が必要じゃないかとおもい、勉強しました。勉強方法は本屋で売っている本やインターネットでまとめてあるサイトを見ながら独学で取得しました。実際、事務作業メインの仕事に就いたので、会議の資料やちょっとした掲示物を作成することが多いため、パワーポイントをよく使用します。その際、作り方を工夫をすることで見やすく、わかりやすく伝えれるようにすぐに資料を作成することが出来るため、資格を取得してよかったと思います。また、複雑な部分もおおいので、他のスタッフに教えたりする上でコミュニケーションもとれてとてもいいです。ほかのエクセル、ワードの資格も今後取得していこうと思っております。
    (MAA/大阪府在住/20代/女性)

コメントを残す

*

*