医療管理秘書士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.09.05

医療管理秘書士は、一般社団法人医療教育協会が運営する資格です。仕事としては、医療の総括的責任を担う医師の業務の一部補助と情報連絡の円滑化ですので、責任感がある人や対人スキルやコミュニケーション能力が高い人に向いています。


医療管理秘書士は幅広い年齢層の男女が目指せる、医療の総合的な責任を担う医師の機能の一部を担い、情報の円滑化を図るなど、広く業務を補佐する資格です。
医療管理秘書士資格取得者は他にも医療管理秘書士と呼ばれております。
医療管理秘書士の資格は「民間資格」です。

資格広場は、医療管理秘書士になるには?医療管理秘書士なるためには?医療管理秘書士になりたいを応援しております。

医療管理秘書士になるために必要な知識・受験資格

医療管理秘書士に必要な知識は、試験科目にもあるように、医療管理学概論(医事・医療・精神保健各法を含む)、医療秘書実務、医事業務に関する医学一般、医事業務に関する薬の知識(医療管理学に含む)、医療事務演習(医療事務総論(医療保険制度)・医療保険請求事務演習)、情報処理・実技になります。ですが、この6つの知識については、一般社団法人医療教育協会が指定する大学・短期大学・専門学校に通い医療管理秘書に必要な知識を養うことで得ることができます。

医療管理秘書士の資格は「一般社団法人医療教育協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人医療教育協会とは:
質の高い医療管理および医療秘書教育を行い、優秀な医療職員を病院をはじめとする医療福祉現場に排出しています。

医療管理秘書士

医療管理秘書士ってどんな仕事?(仕事内容など)

医療管理秘書士は、一般社団法人医療教育協会が行う資格です。資格の特徴としては、「医療秘書は医療の総括的な責任を持つ医師の機能の一部を担い、情報の円滑化に資するなど、広くその業務を補佐するものである。」と日本医師会にあるように、病院内における管理者・院長・副院長・診療部長・診療各科医局長・診療補助部門医局長などが、本来の通常業務などに専念できるように秘書業務を行い、補助する上級の事務職員資格です。この資格を取得するには、一般社団法人医療教育協会が指定した全国各地の大学・短期大学・専門学校に通い、医療管理秘書に必要な専門的な知識を養い、年に2回行われる全国統一試験に合格することにより取得できます。

医療管理秘書士資格取得の為の勉強法

一般社団法人医療教育協会が指定した全国各地の大学・短期大学・専門学校に通学し、医療管理秘書に必要な専門的な知識を養います。資格認定規定必修科目には医療管理学概論(医事・医療・精神保健各法を含む)、医療秘書実務、医事業務に関する医学一般、医事業務に関する薬の知識(医療管理学に含む)、医療事務演習(医療事務総論(医療保険制度)、医療保険請求事務演習)、情報処理・実技の6つがあります。

医療管理秘書士の専門学校や通信講座について

準備中です。


医療管理秘書士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

医療管理秘書士の資格試験料

医療管理秘書士の受験料は7,000円になり、合格後の認定料が10,000円になります。

医療管理秘書士試験・検定の年間試験回数

医療管理秘書士の全国統一試験は年に2回あり、1月と10月にあります。試験の受付は試験日の2か月前~試験日の2週間前までを受付期間とし、所定の申込書に、認定委員会が定める教育ガイドラインを履修(一般社団法人医療教育協会が指定する大学・短期大学・専門学校を卒業)したことを証明のうえ、申込みを行います。受験地は、青森、山形、宮城、石川、栃木、群馬、埼玉、東京、愛知、大阪、奈良、滋賀、兵庫、岡山、広島、愛媛、高知、香川、徳島、福岡、熊本、大分、長崎、沖縄と全国各地で開催しています。

医療管理秘書士試験科目等の内容

試験科目には医療管理学概論(医事・医療・精神保健各法を含む)、医療秘書実務、医事業務に関する医学一般、医事業務に関する薬の知識(医療管理学に含む)、医療事務演習(医療事務総論(医療保険制度)、医療保険請求事務演習)、情報処理・実技の6つにあります。医療管理秘書士の合格率は90%ですので、一般社団法人医療教育協会が指定する大学・短期大学・専門学校に通い、通常に勉強していると取得できます。

医療管理秘書士資格の難易度

医療管理秘書士の合格率が約90%なので、資格の中では、かなり取得しやすい資格です。また、受験資格が一般社団法人医療教育協会が指定する大学・短期大学・専門学校へ通い、医療管理秘書に必要な知識を養ったものですので、よほど、勉強をしていない限り不合格になることはありません。試験方法についても三者択一なので、消去法により解答することもできます。万が一不合格でも医療秘書士という資格を取得することができ、試験の得点率に応じて心療実務士1級~3級の資格の申請手続きが可能になりますので、受験するだけで多くて3種類、少なくとも1種類の資格を取得することができます。

医療管理秘書士資格の合格率

医療管理秘書士の合格率は90%ですので、一般社団法人医療教育協会がしている学校に通うことで、十分な医療管理秘書士に必要な専門的な知識を養うことができますので、よほど勉強が苦手な人でない限り不合格になることはありません。

医療管理秘書士試験の合格発表

医療管理秘書士の合格発表は、全国統一試験受験後1か月になります。他の資格はおおよそ1か月後などですので、特段早く結果が分かるというようなことはありません。

国家資格バナー

PR



医療管理秘書士

医療管理秘書士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

医療管理秘書士所持者の職業例

医療管理秘書士

医療管理秘書士に向いている人

医療管理秘書士に向いている人は、「医療秘書は医療の総括的責任を持つ医師の機能の一部を担い、情報の円滑化に資するなど、広くその業務を補佐するものである。」とあるように、まずは、責任感がないといけません。医療の現場は人の生命に係る場所なので、自身の行為などに責任を持つことができなければ勤めりません。次に、情報の円滑化など業務の補佐をしますので、対人関係が得意な人でないと、情報交換が円滑に行われないことがあります。

医療管理秘書士と同じ分野の他の資格

医療秘書士、心療実務士など

医療管理秘書士の年収・給料相場

医療管理秘書士の給料は正社員の場合と非正規に場合で異なり、正社員の場合では、月給は15万円~25万円ほどで賞与も年2回ありますでの、年収300万円以上はもらえます。また、病院の福利厚生の面でも充実しています。非正規の場合では、月給15万円以下というよなことも珍しくありません。パートやアルバイトの場合では時給800円~1,000円ほどになります。

医療管理秘書士の現状

医療管理秘書士の現状は、病院に勤める人の中では、あまり給料は高くありません。また、1回の試験で受験を希望する人は1,000人程度であり、あまり多くありません。

医療管理秘書士の将来性

医療管理秘書士は病院に勤める人であり、出世などがあまりありませんので、将来性については低いです。ですが、病院ですので、廃業になることはほとんどありませんので、安定性はあります。

医療管理秘書士の独立について

医療管理秘書士として独立することはできません。

医療管理秘書士資格を所有している主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*